2004年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2004'10.31 (Sun)

万国博覧会の美術

大阪市立美術館に「万国博覧会の美術」を見に行ってきました。
100年前に世界のあちこちで開催された万国博覧会で西洋に紹介された日本の美術工芸品の展示がメインで、西洋から日本に紹介された美術品も少しあって、展示のラストにミュシャの作品が飾ってありました。お皿と胸像と壁画の下絵の3点しかないと思ってたら1900年万国博覧会オーストリア館のためのポスターもあってびっくり。
ミュシャ目当てだったのでそれ以外の展示物には全く興味がなかったんですが意外と面白かったです。特に日本の蒔絵を使った作品が素敵でした。あと浅井忠もよかった。
面白かったので重い図録も買ってしまいました。
展示会場も雰囲気があってよかったです。

で、この写真は帰り道に見かけた伊藤園の自販機。
サロン・ド・カフェ大集合です。
珍しく全種類揃っていたのでつい撮影してしまいました。
20050105231427.jpg


スポンサーサイト
Edit |  23:21 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2004'10.30 (Sat)

はじめてのおとながい

あんまり乗り気じゃないって言ってたくせに。
何故か箱買いしてしまいました。
というのは、ある情報を得たためです。
どんな情報かというと見ての通り、一箱買うときっちり10種類揃うんです。
食玩は中身がわからないところが苦手なんだけど、そういうことなら話は違うわ。
大阪の海洋堂まで行って箱で売ってるのを見つけて買ってきちゃいました。
といっても開封するまではドキドキでしたけどね~。
さすがにダイヤ付きは当たりませんでした。
ダイヤ付きが当たる抽選券が10枚あるけどどうしよう。

フィギュアは前に試作品を見たときから改良されたのかな?
彩色版の目の印象が優しくなってていい感じ。
「花」だけはちょっと顔が可愛すぎてイメージが違うなあ。
色合いもはっきりしすぎだし。
でも残りの「4つの花」の4体は彩色版も結構気に入っちゃいました。
あんなに文句つけてたくせに…
あとはどうやって飾るかだな。今は箱の中に入れたままです。
20050105231412.jpg


Edit |  23:21 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2004'10.17 (Sun)

新装版・ミュシャ作品集

出ました。
いつのまにか絶版になっていたらしい三省堂の「ミュシャ作品集」(緑のハードカバーで中身は没後50周年展のカタログと同等の画集)ですが、新装版が出てました。これでまた人に勧めやすくなったわ。
新しい表紙は堺で買った没後50周年カタログと同じみたいですね。
持ってる本と中身が同じなので買うかどうか悩みましたが結局買ってしまいました。
お値段は¥3,000。ハードカバーのときよりも安くなってる?
20050105231353.jpg


アルフォンス・ミュシャ作品集

by G-Tools


Edit |  23:19 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2004'10.15 (Fri)

アルフォンス・ミュシャ・コレクション

タカラのフィギュア公式サイトもできてます。
http://www.takaratoys.co.jp/takara_candy_toy/mucha/
あれ、商品名変わったんですね。
アルフォンス・ミュシャ・フィギュア・ミュージアムらしい。(舌噛みそう)
ミュシャ展の情報まで書いてあるけど、連動企画だったりするの?
フィギュアは買うかどうかわからないけど、こういうページができるのは嬉しいなあ。
20050105231329.jpg


Edit |  23:18 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2004'10.14 (Thu)

財団秘蔵

ミュシャ展の公式サイトができてました。
http://www.ntv.co.jp/mucha/
巡回展の詳細や展示作品リストなど耳寄り情報がいっぱい。
内容はとっても興味深いんだけど、某所から出た画集のタイトルといい今回の展覧会のタイトルといい、何かが微妙にずれてるんだよなあ、私のツボとは。
(あの画集と今回の展覧会に関わってる人が同じかどうかは知らないけど)

えーと、まあ、些細なことは置いといて。
楽しみだなあ。大阪に来るのが一年後とわかったからには高松には絶対行きます。行くならやっぱり初日かしら。
20050105231315.jpg


Edit |  23:16 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2004'10.10 (Sun)

ガレでミュシャ

サントリーミュージアム天保山のエミール・ガレ展に行ってきました。
コンタクトを買ったばかりで慣れてないのであまり集中して見れませんでした。
(そんなときくらい眼鏡にしとけよと後から思った)
後半にあったポスターコーナーを重点的に見てきました。ミュシャもあったけど、他の同時代のポスターと比較しながら見るのが面白かったです。リブモンとかボナールとか。
次回のロートレック展のちらしを貰ってきて見たら面白そうなイベントが。
リトグラフ印刷機の実演をやってくれるそうで。これは見に行きたいなあ。
なんとなくミュシャは期待できなさそうな予感がしました。
んで、写真はミュージアムショップで買ったマグネット。
最後の1枚を買いました(完全に在庫切れなのか売り場に置いてあった分がなくなっただけなのかは不明)。他にモナコモンテカルロとビスケットルフェーブルユティルの2種類がありましたがそれは既に持っていたので買わず。
20050105231300.jpg


Edit |  23:15 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2004'10.03 (Sun)

白鷺城

姫路市立美術館まで「ヨーロッパ幻想の系譜」展を見に行ってきました。
実際に行くまであんなに近くに姫路城があるなんて知らなかったので駅を降りた途端目の前に広がる光景に驚きました。(大げさ)
この写真は姫路城の手前、大手門前で撮りました。看板の向こうに見えてるのはお城のお堀で、巨大鯉がうじゃうじゃしてました。よーく見るとこの写真の右端上に姫路城が写ってます。言われてもわかんないと思うけど。時代劇でよく使われてるらしいですね。

展覧会の方は、ミュシャは1枚、ファムファタールというテーマの中にサロメが展示されていました。町田の版画美術館の所蔵品でした。確かにサロメってファムファタールの象徴みたいに扱われてるけどミュシャのサロメはあんまりそういう感じしないよなあ、などと思いつつ見てました。
お土産はあまりめぼしいものがなかったです。図録も買わず。美術館の外観が素敵だったなあ。
20050105231239.jpg


Edit |  23:14 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ
 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。