2005年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2005'03.27 (Sun)

オスカー・ワイルド繋がりで

ギャラリーフェイクから幸福の王子の話題になったので、オスカー・ワイルド繋がりで色々と書いてみます。(でも最後はミュシャに戻る)

こんな本を買ってしまったこともあります。
サロメと名言集
オスカー ワイルド

by G-Tools

これは大阪の古書店街をうろうろしてたときに見つけた本。5年くらい前かな?
アマゾンにデータがあったのでリンクしてみましたが情報が少ないですね。
本の半分強がサロメ、残りのページがワイルドの名言集になっています。表紙がビアズリーなのでぱっと目に付いて、面白そうなので買ってしまいました。サロメは前から好きだったしね。
名言集はワイルドの談話から著作の中の言葉まで出典はいろいろです。特に恋愛や結婚にまつわる言葉が面白かったです。男と女の違いとか。こういうことって今でもどこかでエッセイストとかが語ってそうだなーなんて。
サロメといえば、こんな本も持ってます。
Salome: A Tragedy in One Act
Oscar Wilde

by G-Tools

今気付いたんだけど、これって英訳したのアルフレッド・ダグラスなんだ。知らなかったよ。
DOVERという出版社はアート・デザイン関係で面白い本を出しているのでよくチェックするんですが、どこかの本屋さんで本棚を物色していて見つけました。
ワイルドは主にイギリスで活躍した人だけど、このサロメはフランス語で発表されたそうです。だからこの英語版はオリジナルじゃない。でもいいの。英語で読んでみたかったんだから(フランス語が読めないという噂も…大学で習った筈なんだけどね~)。その理由が以下の映画。
ケン・ラッセルのサロメ
グレンダ・ジャクソン イモジェン・ミライス=スコット ケン・ラッセル オスカー・ワイルド

by G-Tools

10年くらい前かな?深夜にTVでやってたのを観ました。
サロメのことをどの程度知ってて見たのかよく憶えてないのですが、この映画はなかなかショッキングでした。かなり妖しいし悪趣味なところもあるし。でも私は結構楽しんで観ました。最初のうちはあんまり状況がわかってなくて、劇中劇が終わってからようやくそれが劇中劇だったことに気付きました。ヨカナーンの生首とか、サロメのダンスとか、ヘロデ王のキモさとか、色々見所はありますが、最後の"Kill that woman!"がびっくりしたなー。てゆーか、あれって本当に…だったんだろうか?その辺はっきりとわからなかったので、もう一度観てみたいなー。でもDVD買うほどでもないしなあ。
この映画では劇中劇としてサロメが上演されるのですが、その台詞が多分当時の英語の発音になっていました(100年位前の英語は今と微妙に違う)。その発音が気に入っていて読んでみたかったというのが英語の本を買った理由だったりします。ストーリーは既に知っているし短い話だからそれほど苦にならないしね。
もちろんビアズリーの挿絵も目的の一つ。日本語では岩波文庫でビアズリーの挿絵を収録したのが出てるけど小さいんだもん。この本はA4サイズなので大きな絵が楽しめます。印刷はそんなによくないけどね。冒頭に紹介した本はもう絶版ぽいし、他に挿絵付きで出版されてるものがあるのかは知りません。

ミュシャとビアズリーは週刊美術館という雑誌で同時に取り上げられてましたが(こないだ買ったゴスロリ・パンクな雑誌でも)、二人はかなり方向性が違う人だよなあと思います。ミュシャは大衆受けする絵を描き、ビアズリーは体制に挑戦するかのような絵を描いていたという印象。イギリスとフランスという違いもあります。ワイルドもビアズリーに近いところがありますよね。でもビアズリーとワイルドはあまり仲が良くなかったらしいです。
ワイルドは晩年フランスに移住したらしいですが、1900年に不遇な最期を遂げたらしいので、ミュシャとはあまり繋がりがないかもしれないなあ。そもそも気が合わなさそうな気がするわ。ビアズリーとミュシャも関連は薄そう。ビアズリーも1898年に若くして亡くなっています。

ミュシャとビアズリー、どちらも好きですが絵を見て受ける印象は全然違います。ミュシャは曲線の美しさとか女性の優美さとかに惹かれるけど、ビアズリーは絵の中に隠された意図を読み解くとかグロテスクな中にある美学を感じて楽しんでる感じ。癒し系とトンガリ系?(とんがってるって表現は今でも通用するんだろうか…)うまい言葉が見つからないわ。ミュシャの絵にも意図があるかもしれないけど、少なくともパリでの広告ポスターにはそこまで深刻に考えさせるものってないかと。どっちが上というのはないと思うけど。現に私はミュシャの方が好きだし。
そういえばサロメってミュシャも描いてるんですよね。でもビアズリーのとは似ても似つかないです。健康的な異国風の少女、オリエンタルな踊り子って感じであまりエロスを感じない。今でこそサロメはワイルド&ビアズリーのイメージが広まってるけど、もっと古い時代から色んな解釈でサロメは描かれてきていたみたいで、ミュシャのサロメもそのひとつと考えれば間違ってるわけじゃないのよね。でもビアズリーに洗脳されてる私はあれがサロメといわれてもピンとこないです。自称熱狂的ミュシャファンなのに。

これを書くのに色々調べてたら、ワイルドのサロメってサラ・ベルナールのために書かれた戯曲だったんですね。リハーサル中に上演禁止になったという記述を見かけたので正式には公開されなかったのかもしれませんが。こんなところでも出てくるサラって本当に大物だったんだなあ。少し前に紹介したシラノ・ド・ベルジュラックのロクサーヌも演じてたらしいし。今ではオペラで有名なトスカだって元はサラのために書かれた戯曲だったんだしね。ほんとに凄いわ。

スポンサーサイト
Edit |  00:56 |  ミュシャ雑談  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2005'03.26 (Sat)

最近買った本

120 Classic Posters From "Les Maitres De L'Affiche" (Dover Full-Color Electronic Design)

by G-Tools

アマゾンで見つけてすぐに注文したのに、配送予定日を過ぎてもいつまで経っても届かず。どうなってるんだー!と思いつつも面倒なので問い合わせもせず。そのうち他に注文したい本が出てきたのでまとめて配送にしてしばらくしたら一緒に送られてきました。なんだったんだろう。
中身はなかなか。画像が思ったよりでっかく入ってます。だって1ファイルあたり数MBもあるんだもん。大きさは大小2サイズ。レタッチ機能もついた画像ビューワも入ってました。CD-ROMがメインかなと思ったけど冊子もちゃんとしてます。1ページに2枚収録なので絵は小さめだけどフルカラーでした。
ちなみにミュシャはジスモンダ、サロンデサン(裸)、ロレンザッチオ、椿姫、サマリアの女、JOB(金髪)が収録されてました。
ミュシャ目当てにするには少ないけど、当時のポスターに興味がある人にはお勧めです。
でも縦長画像ってPCでは閲覧しにくいわー。そのままでは部分的にしか見えないし、モニタのサイズに合わせて全体像を見ようとするとちっちゃくなっちゃうしね。
The Complete Masters of the Poster: All 256 Color Plates from Les Maitred De L'Affiche (Dover Pictorial Archive Series)
Stanley Appelbaum

by G-Tools

そういう意味ではこっちの方がお勧めかもなあ。前述のCD-ROM&BOOKはこの書籍の抜粋版ですから。
1ページに1枚ずつ載ってるのでかなりのボリュームです。全部で256枚もあるからね。256という数字に反応してしまうのは職業病でしょうか。(分からない人すいません)
ちなみにこの本を購入したのは最近ではなく、少し前になります。アールヌーヴォーな雰囲気に浸る…というより、当時のポスターって楽しい!って感じで眺めてます。ミュシャは前述のものに加えてムーズ河ビールが入ってます。表紙はミュシャじゃなくてポール・ベルトンという人です。この人の作風も好きだな。

ギャラリーフェイク (28)
細野 不二彦

by G-Tools

近所の本屋を何件か回っても肝心の巻だけ見つからず。大阪に出たついでにコミック専門店に寄ってようやくゲット。例の話の内容は色んな人のアニメの感想から受けた印象とあまり変わらないかな。そんなにエロくはなかったけど(笑)
作中でその腕輪は素晴らしいものだという扱いなんだけど、美術品としての扱いが低いような…ミュシャのミの字も出ないし、メディアなのにクレオパトラにされてるし、サラ・ベルナールの似顔絵は怖いし、ミュシャファン的には微妙な内容です。
でも、1冊を通して読んだ感じでは結構面白かったです。おおまかな舞台背景や人間関係などはネット等で予習済みだったしね。一話完結形式というのもいいです。かなりの長期連載だったのが最近完結したみたいですね。機会があれば他の巻も読んでみたいものです。

幸福な王子―ワイルド童話全集
ワイルド

by G-Tools

これは近所の本屋にありました。ちょっと日焼けしてたけどまあいいか~と購入。ワイルドといえば思い浮かぶキーワードは、サロメ、耽美、ビアズリー。童話を書いていたと知ったときは意外でした。しかも幸福な王子は小さい頃に好きだった話だし。
しかし今回子供向けでない訳を読んでみて納得。違和感なし。さすがワイルドって感じ。
ツバメが王子と出会う前のエピソードが子供に聞かせて大丈夫?というか理解できるんだろうかという感じ。エロくはないんだけど、なんと言うのかなあ、大人な内容なんです。王子とツバメの交流は過去のイメージを覆すようなものじゃなかったけど、社会批判というか皮肉というか、かなりスパイス効いてます。こうなってくるとオチも素直に解釈していいものか迷います。うーん。
短編集なのですが他の話は未読。そのうち読もう。

Edit |  17:45 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2005'03.23 (Wed)

20万人突破@ミュシャ展

15万人突破の時点で多分あるだろうなと思ってたんですが、やっぱりきました。20万人突破キャンペーンです。
http://www.ntv.co.jp/mucha/03/12.html
貰えるのは10万人突破のときと同じノートみたいですね。てゆーか、在庫まだあったんかい!
24(木)、25(金)の2日限りで先着300名らしいです。
ノートの評判は「イマイチ」というのが多いみたいなので、タダで貰えればラッキーくらいの期待度でいた方がいいかも。

それにしてもハイペースですねえ。人が多すぎてえらいことになってるらしいです。素直に20万人って凄い!と感嘆してる場合じゃないです。
ある程度繁盛してくれるのはファンとしても嬉しいけど、人の頭しか見えなかったとか、体調が悪くなったとか、よろしくない思い出が残ってしまったら悲しいなあと思うのです(余計なお世話?)。入場制限もしてるらしいけど、閉館間際に並んで入って、係員に急き立てられながら見たとかいう話も聞きました。派手な宣伝も考え物だなあと思ったり。

Edit |  23:09 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(2)   このページの上へ

2005'03.20 (Sun)

またまた新聞にミュシャ

またまた会社で購読している新聞にミュシャの記事が。2月初頭のものです。(いつも回ってくるのが遅い)
記者のコラムと、内容紹介記事の2箇所。コラムの方は、記者さんが実際に見に行った感想になってます。紹介記事にはモナコ・モンテカルロの写真付きでした。
著作権とかの問題もあるので念のため文章の部分はぼかしてあります。(ミュシャの絵については著作権が切れているので大丈夫)
うーん、この新聞って読売新聞と何か関係があるんだろうか。
20050320172300.jpg


Edit |  17:30 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2005'03.20 (Sun)

ミュシャ棚

20050320164600.jpg

引越し後、約1ヶ月経ちましたが、未だにダンボールが残ってます。
この連休で少しでも箱を減らそうと、組み立て途中だった棚を完成させて、ミュシャ関連のものをまとめて突っ込みました。本類だけで2段使ってます。グッズは適当に上のほうに積み上げてます。箱詰め段階ではすごい量のように思ったけど、棚に入れてみると思ったより少なかったかな(本は十分多いけど。グッズが意外と少なかったような)。
ちなみに本の中には直接ミュシャとは関係ないものとか、部分的にミュシャと関係あるだけのものなんかも含まれてます。
しかし、汚い部屋だ…こんなの公開していいのかしら(笑)

これからやりたいこと。
・ポスターを貼る
・イーゼルを組み立ててリトグラフを飾る

Edit |  16:57 |  ミュシャ雑談  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2005'03.17 (Thu)

ゴスロリとミュシャ

今日はミュシャ展にゴスロリな人が結構来ているらしいというネタを拾いました。
その原因が、この雑誌なんだとか。
KERAマニアックス vol.4
http://www.indexmag.co.jp/kera/mook_02.html
で、さっそく近所の本屋に行ってみたらありました。
とりあえず目次を見てそれらしいページをチェック。
おおー、でっかくミュシャが載ってる~。
ビアズリーとかヴィクトリアンスタイルも取り上げられてました。
あと、先日紹介したワイルドの本も片隅に載ってました。
他のページは目が滑って読めません…
なるほど。お嬢さん方はこういうのがお好みなのね。
どう考えても自分はこの本の対象読者じゃないんだけど、
ネタとして買ってしまいました。

ゴスロリ&パンク・ファッションの本らしいのですが、
表紙を見る限りは若い子向けの普通のファッション誌にしか見えないです。
(その世代の子たちには違いがわかるのかもしれませんが…)
ちなみにゴスロリに対する私のイメージはこんな感じ。
ゴスロリ―手作りのゴシック&ロリータファッション (Vol.1)
ブティック社 2003-11

by G-Tools

ついでに「幸福な王子」もあるかなあともう1件近くの本屋を覗いてみたら発見。
ちょっと日焼けしてたけど買って、帰り道にささっと読んでしまいました。
う…これはどう見ても子供向けじゃないだろ。
いろいろと大人な表現が散りばめられてました。

ギャラリーフェイクもないかな~と探したけど置いてありませんでした。残念。

Edit |  23:48 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2005'03.15 (Tue)

もう15万人かよ

ってなわけで、キャンペーン第2弾。
http://www.ntv.co.jp/mucha/03/12-8.html
今度はミュシャ展開催告知ポスター(H28×W52㎝・非売品)が貰えるらしいですよ。
3月15日(火)~20日(日)で、先着100名ということなので、今なら十分告知が行き渡ってるとは思えないので今日が狙い目?(今更知っても遅いっちゅーの)
今回は上記ページのプリントアウトは不要らしい。
ということは知らずにふらっと行った人でも貰えるってことかな。
しかし、3/1に10万人で、3/13に15万人ってどんなペースやねん。おそろしい…

Edit |  06:56 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2005'03.14 (Mon)

深夜アニメでミュシャ

現在「ギャラリーフェイク」というアニメがTV東京系列で放映中なのですが、先日の放送でミュシャのブレスレットが出てきてたらしいです。メディアの蛇ブレスが。調べてみると、原作の単行本28巻に収録されている「幸福の王子」というお話のようで。
ギャラリーフェイク (28)
細野 不二彦

by G-Tools

この漫画は読んだことがなく、アニメはたまたま深夜起きてたときに見たことがある程度。美術品を扱った話で、割と真面目な内容のときもあるみたいだけどこの回はそうでもないような。だって、だって、ネットで見かけた感想が、おばさんとかエロとかヒモとかそんなキーワード多数。
でもって、そのエロな画像がアップされてるブログを見つけてしまいました。説明の通りちょっとアレな画像なので、見る前に心の準備と周囲の目に注意が必要です。なので直リンクはやめときました。興味のある方はこぴぺで見に行ってください。(記事中に画像へのリンクがあります)
http://blog3.fc2.com/ganki/blog-entry-88.html
えーと、紹介したのはそこに注目して欲しいんじゃなくて、下から2枚目の画像に目が行ったからです。そう、これこそまさにメディアのブレスレットです(本作ではクレオパトラになってるみたいですが)。こんな風に登場してたのですね。でもそんな場面で着けてたら色々と問題がありそうな気がするのですが。腕に刺さりそうだし。
このブレスレットはミュシャがサラ・ベルナールのために制作したポスターに描かれていた小道具で、そのデザインをいたく気に入ったサラがフーケという宝飾家に作らせたものです。今は大阪府堺市のミュシャ館の所蔵品となっていますので、堺へ行けば実物が見られる可能性があります(常に展示されているとは限りませんが)。
で、作中でのミュシャの扱いですが、色々な感想を読む限り、なんだかなーという感じです。アニメではミュシャのミの字も出なかったみたいだし。幸福の王子とミュシャを組み合わせた理由も気になります。
断片的な情報しかないと気になるのでやはり原作を見てみる必要があるかしら?今度本屋で探してみようかな。
ついでにワイルドの本も紹介しておきます。これは大人向けの訳本みたい。う、これ読んでみたいかも。
幸福な王子―ワイルド童話全集
ワイルド

by G-Tools

同類の美術系漫画「ゼロ」でも同じブレスを使った話がありましたが(単行本20巻)あれも微妙な話だったなあ。(ミュシャ目当てでその巻だけ買って読みました)
ゼロ 20 (20)
里見 桂 愛 英史

by G-Tools

どちらも超常現象入ってるのは何故。メディアがいっちゃってる絵だからなのかなあ。「蛇=呪」ってイメージ?
どちらの漫画でも登場人物がこのブレスレットを身に着けているのですが、私もつけてみたい!似合うかどうかはさておき。
おもちゃみたいなレプリカでいいから誰か作ってくれないかな。

Edit |  22:52 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2005'03.13 (Sun)

ミュシャとクラシック音楽CD

街で見かけたミュシャグッズ♪ということで、こんなのありました~というメールを頂いたのでご紹介します。ジャケットにミュシャのイラストが使われたCDです。
20050313151400.jpg

だいぶ前に買われたものだということで、既に廃盤らしいのですが、ときどきCDショップでこのようなCDを見かけますよね。私も昔はいちいち反応して買っちゃったりしたこともありましたが、きりがないので最近はよっぽどツボにはまらない限りは買いません(怪しいミュシャもどきジャケットには飛びつくくせに)。
でもこういうCDっていいですよね~。中身が好きで買ってついでにミュシャに興味持ってくれたら嬉しいし、ジャケ買いして中身が気に入るというパターンも楽しいですし。お店でこういうのを見つけると嬉しくなってしまいます。そして目立つ場所に移動させたくなります。

そんな私が買ってしまったCDはこちら。オルゴール曲集です。箱入りの豪華(?)装丁で綺麗だったので即買いでした。中身は…あんまり聞いてないです。
La SOIREE ソワレ
オムニバス

by G-Tools

La MATINEE マチネ
オムニバス

by G-Tools


Edit |  15:26 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2005'03.11 (Fri)

フランス国立図書館所蔵ロートレックとモンマルトル展

展覧会情報でも調べようかな~とGoogle検索してたら、先日まで名古屋で開催していた「ロートレックとモンマルトル」展が大阪でも開催されることを発見。もしや他の地域にも巡回してるんじゃ?とさらに調べてみたら、あったあった。
http://www.braintrust-art.com/ja/exh/2005.html
名古屋の後、東京で短期間やった後、大阪でも短めに開催、あとは北海道で2箇所、結構長い期間かけて開催されるようです。
名古屋展でミュシャが2点あったという噂を聞きつけたので、大阪へ来た暁にはチェックしに行ってきます。心斎橋ならしょっちゅう行ってるからね~。
んで、ロートレックの後はエッシャーやるのね。
http://www.daimaru.co.jp/museum/schedule/shinsaibashi/index.html
エッシャー展はいつだったかサントリーミュージアム天保山に大規模なのを見に行きました。昼下がりに行ったら、混んでるから少し時間を置いてから入った方がいいですよ~と受付のお姉さんにアドバイスされて、どうせ時間もあったので近所のマーケットプレイスで時間をつぶしてから入ったらそんなに混まずに見れたといういい思い出があります。ここはさすが私立の美術館だけあって(?)夜も割と遅くまでやってるのでありがたいです。公立のところは5時までとかって早すぎ!
天保山では今ヴィクトル・ユゴー展をやってるみたいですがこれって面白いのかなあ。
http://www.suntory.co.jp/culture/smt/gallery/gall_yugo.html
時代的にミュシャよりちょっと前って感じだから、微妙なところです。

Edit |  01:28 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2005'03.03 (Thu)

ミュシャ展@高松の入場者数

会期半ばにして10万人を突破した東京展ですが、一足先に開催された高松展は最終日前日に1万人突破だったそうです。
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kyouiku/bunkabu/bijyutu/diary20041220.htm
高松は35日間の会期でした。東京展はちょうど今30日目くらい?ということは高松の10倍のペースですか。やっぱり都会は違うなあ~。
東京と高松とじゃ人口の差もあるし、交通の便だって違うし、宣伝への力の入れ具合も違うような気がするのでしょうがないとは思うけど(高松の初日に行ったけど駅前でポスターを全然見かけなかった…美術館の近くの商店街ではちらほら貼ってあるのを見たけど。あ、帰りの電車の中でも見たな。行きは…気付かなかっただけ?)。それに東京展は混みすぎって評判なので、ほどほどが一番なんでしょうね。
大阪や名古屋はどうなるかしら。東京ほどではなくてもそれなりに混雑するんだろうなあ。浜松は微妙かな。ある意味中途半端な位置だから結構穴場かもしれない(東海地方の人は名古屋に押し寄せそうなので浜松には県外から来る人って少なそうかなあと。悪い意味ではありませんので浜松の方はお気を悪くされませんように…)。松江(島根)は全然予想もつかない。行ったことないし周辺事情がよくわかんない。九州方面の人は行くならここなのかなあ?というか、なんで九州(福岡)でやらないんだろ。東京以北にも行かないし、全国6箇所巡回する割にはバランスが悪いような気がするなあ。

ところで大阪府堺市にはアルフォンス・ミュシャ館(堺市文化館)というのがあってミュシャの作品が常時100点以上展示されているのですがいつも人が少ないです。常設展示の性なんでしょうかねえ。そういう私もご無沙汰です。年に何回かテーマを決めて展示作品を入れ替えているのでリピーターになる価値も大いにありなのですが。入場料も安いしね。でもつい「いつでも行けるからそのうちに」と後回しにしてしまいます。今年はきっと一回は行くぞ。
東京のミュシャ展で人ごみに辟易した人は堺へ行こう!日によっては貸し切り状態で見れるかも?
http://www.sakai-bunshin.com/bunka/b03.html

Edit |  23:06 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(2)   このページの上へ

2005'03.02 (Wed)

ミュシャ展:10万人突破記念キャンペーン

こんなキャンペーンがあるらしい。
http://www.ntv.co.jp/mucha/03/12-6.html
3月8日(火)~11日(金)に先着50名限定でミュシャ展オリジナルリングノート(限定生産非売品)が貰えるんだって。該当ページのプリントアウトを持ってかないと駄目らしいので貰いに行こうと思う方はご注意を~。
どう考えても私が行くことは無理なので(涙)、もし行ってノートをゲットした方がここを見て下さっていたら是非どんなのだったか教えてください~。実は11日は有休取ってるんだけど、免許更新やら役所・郵便局まわりのためだし、それをブッチしてまでは行けないよなあ。

しかしこれ、そのうちヤフオクとかに流れてたりしてね。限定品!非売品!とかの煽り文句付きで。
私はこんなブログやサイト作っちゃうくらいミュシャ好きだけどミュシャグッズだったら何でも欲しいと思うわけではなくて趣味に合わなければ「けっ」と思ってしまうこともあったりします(たとえば某高級複製版画とかね)。このノートにしても手に入れば嬉しいけどオークションとかで競ってまでは欲しくないかなあ。どんなのか見てみたいという興味は大いにあるけど。

ちなみに10万人目の人はこんなのを貰ったそうです。しかしこのCGみたいってコメントは褒め言葉なんだろうか…
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/mar/o20050301_120.htm
Edit |  23:08 |  ミュシャ一般  |  TB(2)  |  CM(2)   このページの上へ
 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。