2005年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2005'04.23 (Sat)

ついに来ました!ミュシャ・フィギュア第2弾

噂では聞いてたんですが、第2弾の情報、ついに出ました!
ラインナップは、四季+ラ・ナチュールのようです。
どの四季なんでしょう。第1弾がミュシャ展とタイアップしてたことを考えると、ミュシャ展公式サイトにもあるあの四季なんでしょうか(1896年だっけ?)。でも、あれを立体化するのは難しそうだぞ。特に髪の毛で竪琴作ってる春なんて。1900年の四季も装飾が細かいから難しそうだなあ。そもそもあれは枠があってこそだから、人物だけ取り出しても格好つかなさそうだよなあ。もうひとつの四季は他のに比べると地味だしなあ。
それより何より、一番楽しみなのは、ラ・ナチュールですよ。私の大好きなブロンズ像。あれはもともと立体だからそのまま縮小すればいいんだけど、前回のフィギュアの大きさを考えると、かなり緻密に作らないと駄目だよね。
ところでこれ、またフルカラー彩色版と象牙版の2種類になるっぽいんだけど、ラ・ナチュールってもともとブロンズ一色なので、カラーの方がブロンズ色で、象牙版は白ってことなのかな。白いナチュールも面白そうだなあ。早く画像が見てみたいです。
さっそく予約受付をしているところを見つけたんですが、発売予定日が今年の8月ですか。うーん、まだまだ先だなあ。第1弾は発売日が延びまくってたので今回はどうなることやら。
今度も1箱買って全種類集まるようになってるといいあなあ。

アルフォンス・ミュシャ フィギュアミュージアム 第2弾 BOX(予約)

ちなみに第1弾もまだ売ってるとこあるみたいです。ちょっと高いけど…(定価なら¥2500)
アルフォンス・ミュシャ フィギュアミュージアム(10種)
アルフォンス・ミュシャ フィギュアミュージアム(10種)

Edit |  22:21 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2005'04.23 (Sat)

パリの空のポスター描き レイモン・サヴィニャック展

2005/4/29~7/3
サントリーミュージアム天保山(大阪)
http://www.suntory.co.jp/culture/smt/gallery/gall_savi.html

サヴィニャックは、パリのポスター作家。
ほんの2,3年前まで生きてた、割と最近の人です。
今までは名前を聞いたことがある程度で特に興味もなかったんですが、たまたまLU(Lefevre-Utile)のことを調べてたらこの人の名前が出てきまして。先日サントリーミュージアム天保山に行ったときに次回展がサヴィニャック展って書いてあったよなあと思い出して、ちょっと興味を持ったので行ってみようかなと思ってます。
少し検索してみたら、なんか見たことある絵があるわ…たぶん天保山行ったときに見てるんだろうなあ。いかに今まで意識してなかったかってことですね。特別好みの絵柄ってわけじゃないけど、可愛いなあ。
カッサンドル(アールデコ時代のポスターの大家)の弟子だったのかー。カッサンドルとは全然雰囲気違うけど。
ところで開催概要を見てみたら川崎市民ミュージアムも協力してるんですね。
http://www.suntory.co.jp/news/s_museum2005/sm0052.html
おおー、ここも私の中では要注目な美術館だよ。遠いから行ったことはないんだけどね。1月に東京に行ったときにここのコレクションを使ったプチ展覧会が川崎駅の近くでやっていて、寄ってみたけどなかなかよかったです。サントリーとの共通点はポスターに強いってとこでしょうか。

今年はサントリーミュージアム天保山の当たり年だなあ。
去年もベルエポックとガレとロートレックと見に行ったけど、今年はユゴーでしょ、このサヴィニャックでしょ、秋以降もアールデコとミュシャに行きたいし、つくづくここにはツボ押されまくりだなーと思います。
ちなみにアールデコはアールヌーヴォーほど関心はないけれど、ラリックは好きです。V&Aも好きです。5年くらい前にあったアールヌーヴォー展もV&Aだったよね。あれ面白かったよなあ。
このアールデコ展は現在東京で開催中らしいですが、主催が読売新聞なんですね。
http://event.yomiuri.co.jp/artdeco/
ミュシャ展の主催(日テレ)と同じ系列だなあと思いながら特設サイトを見たら…また怪しげなタイアップが。(邪魔くさいFLASHもミュシャ展と一緒かも)
タイアップといえばミュシャ展のタイアップでテーマ曲ってあったけど、どんな曲なのかいまだに知らないわ。会場で流れてたのかもしれないけど、全然記憶に残ってない。

Edit |  00:28 |  アート  |  TB(1)  |  CM(0)   このページの上へ

2005'04.17 (Sun)

ヴィクトル・ユゴーとロマン派展

サントリーミュージアム天保山でやってるユゴー展に行ってきました。(今日が最終日)
閉館が8時半のところを7時過ぎに入場しましたが、人は多かったです。親子連れが多かったような気がするんだけど、なんでだろう。海遊館帰りとか?
面白かったのは、レ・ミゼラブル(邦題:ああ無情)が中国に行くと「悲惨世界」になるということ。そういえば私、ユゴーの本って全く読んだことないかも。この話もそうだし、ノートルダムの鐘(だっけ?)も昔アニメで見たことがあるような気がするけどよく憶えてないし。
なのに見に行った動機は不純。サラ・ベルナール目当てでした。何があるかまではよくわかってなかったけど、ユゴーと交流があった人として取り上げられてるらしいので、どんなもんかなあと思って。
あったのは写真が2,3枚と、自筆のメッセージ(ユゴーの誕生日祝いだっけな?)。サラの肉筆だ~!と興奮してしまいました。でも全然読めない…。達筆っていうのかな、一文字一文字きっちり書くタイプじゃなかったようで、さらさらっと流れるような文字でした。しかもフランス語だもんね、読めるわけない(簡単な単語くらいなら知ってるんだけど)。同様のメッセージが複数の人から寄せられていて、その中にはカチュール・マンデスとかユディット・ゴーティエとか、ミュシャとも関わりのあった人の名前も出ていて、そんなところで喜んでました。でもミュシャがサラのポスターを描くころにはユゴーは亡くなってたので、ユゴーとミュシャとの交流は多分ないんですよね。
サラとユゴーの関係は、やっぱり舞台関係で。ユゴーの作品の舞台をやってサラは名をあげたそうです。「リュイ・ブラース」ってやつ。よく見かけるサラの写真がその舞台の写真だったみたい。
その他の展示の感想。
ところどころにユゴーの名言集らしき言葉が書かれた垂れ幕がぶら下げてあったりしたけど、ユゴーに思い入れがないのであんまり見てません。途中、フランス人らしき人がいてユゴーの最期の言葉だっけ?「愛するとは行動すること」をフランス語で口に出していて、おおっ、と思いました。デスマスクが展示されてたけど、あれって何の意味があるんだろう…。あと、何だったかの集まりに親交が深かったはずのロダンが呼ばれなくてがっかりしてたとかいう逸話も面白かった。そういえばロダンもミュシャと関係ある人ですよね。あとは昔の女性の衣装とか楽器が展示されてたのが面白かったかなあ。そうそう、お土産ショップでユゴー展グッズとしてクッキーが売ってたのには笑った。
なんだかユゴーファンに怒られそうな感想だな…

Edit |  19:57 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2005'04.17 (Sun)

ミュシャのブロンズ像のレプリカ

ラ・ナチュール(自然)というブロンズ像のレプリカが売っているのを発見!
といってもUK(イギリス)なんですが。
The Wishing Well
http://www.ukgiftsonline.co.uk/

ここのShopのページでSearchの欄に「mucha」と入れると3つほどミュシャ関連の商品が出てきます。
でも、ひとつはあんまりミュシャっぽくないんだよなあ。
なんでこんなページを見つけたかというと、同じ物が某オークションに出てたから。こんなのあるんだ!と思いつつも入札する気にはなれなくて、よく見ると商品画像にこのUKサイトのurlが載ってたから、もしかしてネットで探したら見つかるかも、と思ってurl打ち込んだらあっさり見つかってしまいました。(その出品については色々と突っ込みたいこともあるけど控えておきます)
で、このブロンズ像、高さがだいたい30cmくらいだそうです。もう少し小さかったら欲しいところなんだけどなあ。ブロンズで30cmあると結構重いよねえ。
40ポンドって日本円だと幾らくらい?1~2万円くらいかなあ。レートの記憶があやふや。
日本からも購入できなくはなさそうだけど、海外通販する根性はないです。

Edit |  19:03 |  ミュシャ雑談  |  TB(0)  |  CM(4)   このページの上へ

2005'04.14 (Thu)

ミュシャもどきなギター

こんなギターを見つけました。
http://www.larrivee.com/data/products/inlays/mucha.htm
Larrivee(ラリビー)ってギター好きな人には有名なメーカーなのかな?
このギターはシリーズものになっていて、その他のラインナップはこんな感じ。
http://www.larrivee.com/data/products/inlays/olderinlays.htm

Mucha Style Womanとあるようにミュシャ風の美女ではありますが、特定の作品の模写ではないようです。幾つかの作品が混ざってる感じ。ポーズはあれかなあ、髪型はあれかなあ、服装はあれかなあ、といろいろ勘繰ってみるのも楽しいです。私の想像では、宝石シリーズと芸術シリーズあたりが混ぜこぜになってるのかなーって感じです。
作ってる人はアメリカの人なのかな?なんとなくそれっぽいアレンジだよなあと思いました。

アメリカといえば、昔見たアメコミ調ミュシャもどき絵は強烈だったなあ。
そのときの絵は見つからなかったので、別のを紹介します。
http://www.elaleph.com/foros/viewtopic.php?p=293741
http://www.adamhughesart.com/cvrsvd.asp
ミュシャテイストは感じるけど、アメリカ人の目を通すとこうなるんだなっていうか、見えてるものが違うのかなあと感じます。日本人が描くミュシャ風イラストも他の国の人から見ると何か違うって感じるのかも。

Edit |  00:16 |  ミュシャもどき  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2005'04.10 (Sun)

ミュシャ・ニュース@金沢

金沢にある竹久夢二の美術館でミュシャ展やってます。6/12まで。
それに関する中日新聞の記事を見つけました。

ミュシャの世界“凝縮” 夢二に大きな影響 ポスターなど60点展示
http://www.hokuriku.chunichi.co.jp/00/ikw/20050410/lcl_____ikw_____002.shtml

堺のミュシャ館から作品を借りてるそうです。
日テレのミュシャ展に行けずに悲しい思いをした金沢周辺の方、是非これでその気分を晴らしてやってください。堺の所蔵品だって財団秘蔵作品に負けず劣らず充実してるんですよ~。
これから開催されるミュシャ展@名古屋巡業とこれと両方行くってのもアリですけどね~。大阪巡業でも可。(どちらも金沢から近くはないけど東京よりは近いでしょう)

金沢湯桶夢二館
http://www.city.kanazawa.ishikawa.jp/bunho/yumeji/
Edit |  20:47 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(2)   このページの上へ

2005'04.10 (Sun)

ジョブジョブ

最近、身近でJOBネタが続いたので取り上げてみます。

20050410172800.jpg


写真・左はフランス製のマグネット。ミュシャじゃないJOBです。
これは誰の絵なのか、よくわかりません。調べたらわかるのかな?と思って軽く調べてみたらこんなページがありました。
http://www.vintagearte.com/store/store_Main.cfm?action=categories&categoryID=182
タバコポスターが揃ってる?スクロールしていくと、ミュシャのJOB、シェレのJOB、そしてこの誰か分からない人のJOBが出てきます。ただし、JOBのロゴが入ってないやつが。あ、オラジのJOBもあるんだ。これ綺麗だなあ…。おっと、独り言モードに入ってしまいました。すいません。
他にも色んなJOBがありました。
猫がかわいい。
http://www.internationalposter.com/wdetail.cfm?ImageName=MTL00167
誰だろう。
http://posters.barnesandnoble.com/search/Product.asp?userid=Xj7tUMGBuE&sourceid=0000426197&WRK=3678547
ここにもカッピエロとか色んなJOBが。
http://www.posterclassics.com/vintage-tobacco-poster.html
かわいらしいチョコレートの広告イラストで有名(たぶん)なBouissetも。
http://perso.wanadoo.fr/pone.lateb/bouisset.htm
で、結局マグネットの人はAtcheという人らしいです。

写真・右はギャラリーフェイクのひとこま。
単行本18巻にミュシャが出てくるって話は随分前に人に教えてもらって知ってたんですが、背景にちらっと出てくるだけとのことだったので確認することもなく時が過ぎていきました。最近メディア絡みで28巻を読んだところ結構面白かったので、じゃあ18巻も読んでみようと思い近所の古本屋でゲット。
ミュシャが出てくるのは「アスパラガスの皿」というお話。西洋アンティーク好きな登場人物の部屋の壁に架けられていました。このコマ以外にも登場してて、全部で4回出てきました。でも本編で具体的な名前が挙がるのはドームとバルボティーヌだけで、ミュシャのミの字も出てきませんでした(訂正:バルボティーヌってのは人名ではなくて焼き物の総称みたいです。○○焼きみたいなもん?軽く調べただけなので間違ってたらごめんなさい)。蛇腕輪のときと同じだわ。今回は背景に飾ってあるだけでストーリーとは殆ど関係なかったです。
本物のJOBは縦150cmなので、ソファのサイズとの比較からしてもこれは本物じゃなさそうです。
ギャラリーフェイク (18)
細野 不二彦

by G-Tools


Edit |  18:48 |  ミュシャ雑談  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2005'04.09 (Sat)

ミュシャ・ニュース@北海道

よく利用するブログ検索で見つけたニュースです。

ロートレックとモンマルトル展を契機に 話題呼ぶ「ミュシャ館」 上磯
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20050408&j=0041&k=200504081116

ミュシャ館って堺の?と思ったら違ったようで。
北海道の上磯町というところにあるファストフード店らしいです。店内はミュシャだらけらしいです。いいなー、行ってみたいなー。ファストフードなんて最近すっかり行かなくなってしまいましたが、こんなお店なら通い詰めちゃうよ。
それにしても、ロートレック展の話題なのに、ロートレックを取り上げてやれよーとも思ってしまう。だってミュシャはおまけで展示されてるだけだよ?

*追記*
そのお店の公式ページを見つけました。
ラッキーピエロ
http://www.luckypierrot.jp/
Edit |  00:12 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2005'04.03 (Sun)

楽天で見つけた気になる商品

これ着て歩いたらかなり怪しいです。
ミュシャ・ベルベット・フリンジ・オーバーコートF
ミュシャ・ベルベット・フリンジ・オーバーコートF

これも着るのには勇気がいるかも。
ミュシャ展で売ってたのと似てるなあ。(でも何でリクリ?)
【アート長袖】アルフォンスミュシャ ブルーネット(リクリエーション)
【アート長袖】アルフォンスミュシャ ブルーネット(リクリエーション)

半袖もあります。
【アート半袖】アルフォンスミュシャ ブルーネット
【アート半袖】アルフォンスミュシャ ブルーネット

なんとメンズまで。ペアルックはいかが?(ネタで誰かやってくれないかなー)
【メンズTシャツ】アルフォンスミュシャ ブルーネット
【メンズTシャツ】アルフォンスミュシャ ブルーネット

おまけ。ムシャ…
ムシャ 「薔薇 (連作(四つの花)より)」アート額装
ムシャ 「薔薇 (連作(四つの花)より)」アート額装

紹介しておきながら、在庫がないものばっかりですいません。
一番上のだけは在庫あるみたいです。
でもこんなのどこに着てくんだろうなあ。

Edit |  01:45 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2005'04.02 (Sat)

クロス・ステッチでミュシャ

楽天でこんなのを見つけてしまいました。
*上級者向キットカタログ*Lanarte_34842・ミュッシャ人物画・オレンジ *上級者向キットカタログ*Lanarte_34843・ミュシャ人物画
気が付いたら購入ボタンを押していました。
さっそく届きました。
20050401210300.jpg

さて、これからどうしよう。
クロス・ステッチなんてやったことないよ~。
とりあえず初心者向けの本を買ってきました。
基礎からお勉強です。

Edit |  22:26 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2005'04.02 (Sat)

ロートレックとモンマルトル@心斎橋

土曜の夕方に行って、会場内はほどほどの混み具合でした。
ロートレック展なのにお目当てはミュシャ。椿姫とサロン・デ・サン(第20回展)がありました。いやー、すごく綺麗でした。折れ目があったり端の方が汚れたりはしてましたが、全体的な色の状態が良かったです。金銀の彩色はつい色々と角度を変えて眺めてしまいます。
メインのロートレックも面白かったです。試し刷りとか、刷り工程がわかるようなものが並べてあったり、似たような構図の浮世絵と並べてみたり。ロートレックの描いたサラ・ベルナールもありました。ロートレックが描くとこうなるのねと思いつつも、イヴェット・ギルベールほどのインパクトはないかなって感じです。ロートレックはロイ・フラーも描いてたんですね。ちょっと抽象的な感じで面白かったです。ロイ・フラーご本人はお気に召さなかったそうですが、結構かわいいんじゃないかしら。シェレのロイ・フラーもあったけど、これも可愛かったなあ。ロイ・フラーのポスターで一番有名なのはたぶんマニュエル・オラジのものだと思うけど、それは幻想的で綺麗な感じですが、描く人によって随分イメージが違うなあと思いました。
お土産ショップでは、なんか見たことあるようなグッズが…と思ったらミュシャ展のときと同じなんだ。ミラーとかストラップとかブックマークとか、絵を入れ替えただけで素材は同じものでした。ポストカードはロートレックの絵では欲しいのがなかったのでミュシャだけ買ってきました。椿姫の減り具合が激しかったです。展示とはあんまり関係なさそうな書籍類もいろいろ置いてありました。
20050401210400.jpg

会場を出るとすぐ目の前でビーズ関係の催事が!そのままふらふらと足を踏み入れてしまいました。ビーズ・アーティストの方々の作品の展示もやってたんですが、入場料を取られるということで却下。販売コーナーだけぐるっと見て回ってきました。でも思ったほど惹かれるものがなくて何も買わずに帰ってきました。

Edit |  22:13 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ
 | HOME | 
アクセス解析