2008年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2008'04.28 (Mon)

河鍋暁斎展

京都国立博物館で開催中の河鍋暁斎の没後120年記念の特別展覧会に行ってきた。
かなり盛況のようで、入り口に待ち時間表示の看板があったので焦ったけど、幸い私が行ったときは待ち時間無しで会場内も人は多いけど大混雑ってほどでもなかった。ところどころ渋滞してたけど、隙間をぬって見て回ってました。
暁斎のことを知ったのは去年か一昨年くらいかな。決定的だったのがギメ展。浮世絵の展覧会なのに何故か展示の最後に暁斎の肉筆画が。これがなんともインパクトのある面白い絵でして。それ以来ファンで、浮世絵や漫画っぽい絵を描いていたことを知ってますます好きになっていった。
ところで今の今まで「ぎょうさい」だと思ってました。実は「きょうさい」なのね。チラシに「Kyosai」って書いてあるのを見ても気付かず、会場内の説明パネルを見てようやく気付いたという鈍さ。どこがファンなんだよー。でも言い訳させてもらうとうちのパソコンの漢字変換では「ぎょうさい」で「暁斎」になるんだよー。ためしに「きょうさい」で変換しても「暁斎」は出てこない。
さておき、今回の展示は京都国立博物館が企画した力の入った展覧会で、展示数も多いし内容も盛りだくさん。いやー、これは楽しい。
放屁合戦ってのがあほらしくて大笑いなんだけど、これが春画と同じジャンルに入るというのがちょっと不思議な気分。うーん、どの辺がなんだろう。まあ確かにちょっとお下品な絵だけど。さすがにあからさまな春画はなかったけど、下絵帖の中によく見るとアレな絵はあった。
やたらリアルな鯉のぼりが面白かった。地獄の描写が多かった。けっこうグロいものから笑えるものまでいろいろと。幽霊の絵もすごかったなー。リアルで寒々としている。歌舞伎の舞台の引き幕がでかくてすごかった。あれを即興で数時間で仕上げてしまうってどんな豪快な人なんだよ。これを見るためだけでも行く価値はある。他にも酒の席で描いたらしい骸骨の絵とか面白かったな。知人をモデルにした涅槃図もウィットがきいてて楽しい。一番気に入ったのは化け猫の絵。いや確かに化け猫なんだろうけど、みょーに間が抜けてるというか。
暁斎は豪快な絵も繊細な絵もどっちも上手で、卓越した技術を持っているというだけでも十分凄いんだけど、発想というかセンスというか、面白いこと考えるなーというところが一番の魅力なんじゃないだろうか。幕末から明治にかけての混沌とした時代を生き抜いた人ってだけでも十分惹き付けられるものがあるんだけど、あのユーモアが大好きだ。
同じ時期に京都国際漫画ミュージアムでは、この展覧会とは違う切り口で展開される暁斎漫画展をやってるらしい。という情報は前にどこかで見たはずなのにすっかり忘れてて、グッズ売り場にその図録があって思い出した。せっかく京都へ行ったんだから合わせて行けばよかったのに、色々とタイミングが悪くて行けず。残念だ。京博の暁斎展は肉筆画ばっかりだったので版画好きの自分としてはちょっとだけ物足りないところがあって、それを補完するのが漫画ミュージアムの展示だったのに!会期末までに時間があればもう一度京都に行きたいなあ。戯画とか風刺画とかそういう系統なんだけど、ちょっと前に見に行った宮武外骨がその流れの人なんだよね。風刺画大好きー。ところで暁斎漫画展の図録、内容的には面白いんだけど印刷の質が悪いのが難点だ。
京博の展覧会図録は立派なのはいいんだけど、分厚すぎてちょっと躊躇してしまった。その代わりといっちゃなんだけど、別冊太陽の暁斎特集号が置いてあったので買ってきた。
4582945147河鍋暁斎―奇想の天才絵師 超絶技巧と爆笑戯画の名手 (別冊太陽)
平凡社 2008-04

by G-Tools

今回京博で展示されてた作品が多く収録されてるし、印刷も綺麗。ただ、厚みこそ展覧会図録より薄いものの重量はしっかりあるので、暁斎漫画展の図録も合わせるとかなり重い荷物になっちゃいました。
ところで今回も京博の展示解説が面白かった。こないだ陶磁器の展覧会に行ったときも、これって解説というより書いた人の感想みたいだなという笑える説明文があったけど、今回も楽しかった。
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  23:44 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2008'04.27 (Sun)

微妙な記事

だいぶ前に堺市のミュシャ館が移転するらしいという計画を発見したんだけど、それについてなにやら物申している記事を発見。(MSN産経ニュース
どうもこれがあんまり好意的でないような雰囲気で。
この記者がどういう立場の人かよくわからないんだけど、大阪特派員とあるから大阪の人ではあるんでしょう。堺市に住んでる人なのか?
3ページに分かれている記事で、最初の方は特にどっちとも言えない口調なんだけど(それでもあんまり好意的には見えない)3ページ目、締めの言葉がこれなんだよねえ。正直何が言いたいのかよくわからない。

君雄氏の死から18年、この間、ドイも経営破綻(はたん)した。これは想像だが、ミュシャは堺市には招かれざる客だったのかもしれない。美術館の成功は、故人と遺族の思いの結実だ。世界的な芸術家とその作品に敬意を表すことにもなる。ミュシャと晶子の別居、いや、「同居の発展的な解消」に幸多かれ、と祈らずにいられない。(小林毅)


私もドイコレクションが堺市に寄贈されることになった経緯はあんまりよく知らないんだけど、ミュシャ人気の割にいつ行っても人が少ないのは残念だなーと思ってる。
こんなブログをやってる割に関西在住のくせにミュシャ館へはそれほど頻繁には足を運んでないので偉そうなことは言えないんだけど。
ところで私は最初の頃こそ与謝野晶子に全然興味がなくて、ミュシャ館へ行っても与謝野晶子の展示はスルーしてたことが多かったけど、最近ちょっとその時代の日本に関心を持つようになって与謝野晶子にも興味を持ち始めたところだったので、こういう風に言われるのは寂しいなあ。
堺市の問題はやっぱりPR不足だと思う。私はこんなブログをやってるくらいで日々ネットでミュシャに対する言及記事をチェックしてるんだけど、ミュシャが好きって人は多いよー。あと、「常設展示」ってのが地味に感じられるのかもなあ。私もそうだけど大きな美術館での期間限定の企画展を優先してしまうから。2~3年前に全国を巡回していたミュシャ展なんてとんでもない人出だったじゃん。なんでみんな堺へは行かないんだよ。いつでも見られると思ってると痛い目を見る可能性もあるし、好きならサポートしなくっちゃね。ということで今年も最低でも1回は堺へ行くぞ(志が低すぎる?)。
でも今のミュシャ館はどうも市のやる気のなさから微妙な感じになっちゃってるのが残念だ。企画力って大事だからね。展覧会だけじゃなくて市民が参加できるイベントもやらないとね。市立の小さな美術館だって色んな市民が参加できる企画をやって地域に根ざした運営をがんばっているんだから。最近出来た北野田フェスティバルの方がなんとなくそういう方向性を担ってるのかな?と思うけど、そうなると堺市文化館(ミュシャ館があるところ)の立場が…(北野田のあそこはただの展示室でコレクションがあるわけでもなさそうだけど)
ミュシャ専門美術館ってところも弱いのかもなあ。ミュシャだけをたっぷり見られるのはいいんだけど、どうしても広がりがないというか。そういえばドイコレクションってミュシャだけじゃないはずだけど堺市に寄贈されたのはどこまでなんだろう。前にマイトレ版(ポスターの巨匠たち)でミュシャ以外のが展示されてるのを見たけど。そういうのも利用して、もし可能ならよそからコレクション借りてきて、もっと多面的な見方をできるような展覧会があったらいいのになあ。
単独作家の美術館で成功してるところってどこがあるんだろう。私が割と気に入ってるところというと小磯良平の記念館だけど、あそこも年に1~2回は外部のコレクションを使って特別展をやってるよね。だいたい地元作家をサポートしようという気概で持ってるところが多そうだな。あとは観光地か。

テーマ : 雑記 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  00:50 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(6)   このページの上へ

2008'04.13 (Sun)

バルビエの画集

書店で見かけた気になる本。
4897376041永遠のエレガンスを求めて―ジョルジュ・バルビエ画集
ジョルジュ・バルビエ 鹿島 茂 鹿島 直
六耀社 2008-03

by G-Tools

ちょっと前にNHKのBSでブックレビューとかいう本を紹介する番組に鹿島茂氏が出ていて、新刊著書の紹介をしていた。なんか見たことある顔だなあと思いつつしばらく見てたら鹿島氏だと気付いたわけですが、後でバルビエの本の紹介もしていた。この人って本当に凄い本好きなんだなあ。好きを通り越してる気もするけど。
アールデコといえばバルビエだよね、とか言いつつ、名前と画風が一致したのは2005年のアールデコ展のときなんだけど。あのとき買ったCDのブックレットにバルビエの絵が使われてたので。それ以前から絵は知ってたんだけど、きちんと認識はしてなかったかも。
んで、このバルビエの本は欲しいなーと思ってるんだけどひとつだけ躊躇する理由がある。それは、絵が小さいんだよねー。バルビエの作品はファッションプレートとか版画集とかシリーズ構成されたものが多いのか、そういうのをまとめてみようと思うとどうしても1点辺りに割ける紙面が限られてしまうということなのか。
本屋でざっと眺めたところ、ディアギレフ展で見て気に入ったニジンスキーの版画集も収録されてるみたいだし、ガゼットデュポンドンもたぶんあったような気がするし、ゆっくり眺めたいんだけどね。ガゼット~はバルビエだけじゃなくて色んな作家の可愛いプレートがいっぱいなのでなるべくオリジナルに近いサイズでたっぷり眺めたいよなあ。でもコストがかさむんだろうなあ。とかいろいろぶつくさ言ってみたり。今の時点では買ってないけど、そのうち我慢できずに買ってしまいそうだ。

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  21:07 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2008'04.09 (Wed)

松園と美人画の世界

大丸ミュージアム神戸で開催中の「近代日本画にみる麗しき女性たち 松園と美人画の世界」を見てきた。
30点くらいの松園作品と、40点くらいのその他色々な画家の作品が展示されてた。
美人画といえば「東の清方、西の松園」と呼ばれてたんだっけ?今年の初めに京都で清方の展覧会を見てるので、なんとなく思い出しつつ見ていた。あのときは清方もよかったけど一緒に展示されてた鰭崎英朋がよかったんだよなあ。
京都や神戸の美術館他、色んなところから作品を集めてきていて力が入ってるなーという印象。基本的には「麗しい美女」がほとんどなんだけど、ときどき異色な女性画もあったり。
以前から明治~大正の美人画って好きなんだけど、今回は特に大正時代に興味を持った。以前「大正シック」という展覧会を見に行って大正時代って面白いなと思ったんだけど、今回はまたちょっと違う大正時代の顔を見た。大正デカダンスって言葉が解説の中にあって、その時代の絵をもっとたくさん見たいなあと。明治の浪漫主義とか昭和初期のモダンな雰囲気もいいけど、退廃の香りとかちょっと怪しげな世界がまだまだあるはずだ!
でもそういうのは本格的な画壇じゃなくてもっと庶民よりの挿絵とかの世界の方が色々ありそうだよなあ。やっぱりもっと文学系を攻めないとダメなのかしら。日本文学には疎いからなあ。
展示の後半にあった北野恒富、島成園、甲斐庄楠音、岡本神草がその系統か。寺島紫明にもちょっと怪しげなのがあった。甲斐庄のことは1年位前に西宮大谷で初めて知ったけど今回も周囲から浮いてたなあ。松園作品の中にも少し危険な香りのするものがあるみたいなんだけど、今回展示されてたのは割とおとなしめだったかな。
松園を中心にというから同時期の作品ばかりかと思ったらそうでもなくて、一番新しいもので昭和50年頃のものがあった。昭和も戦後になると松園みたいな雰囲気の美人画じゃなくて、新しい日本画を目指していろいろやってるんだろうなーというのが増えてくる。今回はその中にはあんまり好みの作品はなかったかなあ。時代は忘れたけど守屋多々志はよかった。洋装だったので日本画って感じじゃないけど。
松園の絵の中では綺麗な桜色の着物を着た少女の絵がかわいかったなー。その絵に限らず着物の柄とか色とかほんとにかわいいよねー。あと、額縁に入ってた絵で、生え際とか髪の毛の描き方がすごい!と思ったのがあった。それから、ほとんどそっくりな構図で微妙に違う絵があったり。傘を持ってる女性を中心に3人の女性が描かれている掛軸で、傘が閉じ気味のものと開いているもの。傘の開き具合に合わせるかのように女性の表情が違っていておもしろかった。
この手の展覧会も何度か行くうちに所蔵美術館の名前を憶えてくる。山種とか西宮大谷、京都市美、京都国立近美、福富太郎コレクション、培広庵コレクションなど。多分前にも見てる絵はあったと思う。どことも書いてないのは個人蔵なんだろうか。
展覧会はこの後、茨城に巡回するらしい。図録に載ってて展示されてない作品が幾つかあって残念だったけど、大丸での期間は短いので展示替えはなさそうだし、茨城で展示されるのかな。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  19:29 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2008'04.06 (Sun)

タッチが似てるような

最近見かけたこのCD。
B000V9B7NEBeyond the Permafrost
Skeletonwitch
Prosthetic/Red 2007-10-02

by G-Tools

ちょっと前に紹介したジョン・ベイズリーの絵とタッチが似てない?
またしてもタワレコで見つけた。(タワレコに何しに行ってるんですか)
音楽性はこちら(MySpace)でご確認ください。デスメタルだー。メンバーのフォトがあるけど前髪で顔が見えないよー。
このマイスペースのフレンドのところにジョン・ベイズリーおよびバロネスがいるから、ベイズリーが描いててもおかしくないと思うんだけど。と思いつつ、色々調べてたらやっぱりベイズリーが描いてるっぽいインタビュー記事を発見。
別にデスメタルに興味はないはずなんだけど、たまたま目に付くところに置いてあるおかげで、幾つかのバンドの名前を憶えてしまいそうだ。マイスペースでいろいろ聴けるので少し聴いてみたけど、うーん、どうなんだろう。この手のバンドにミュシャ風のイラストが好まれる理由が知りたい。
このバンドの日本語の解説も見つけたので、せっかくだから載せとく。

テーマ : 雑記 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  00:27 |  ミュシャもどき  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2008'04.05 (Sat)

ようやく始動

ニューキッズ再結成の噂を聞いたのは1月末のこと。それからなかなか情報が出なくて、いい加減情報収集に疲れてきた頃にようやく公式サイトで情報が公開されました。あの時は本当に5人揃うんだろうか?と懐疑的だったけど、どうやら5人での復活とあいなったようで。
公式サイトに5人並んだ写真があるけど、ドニーはやっぱりおっさん化が進んでるわ…。ジョンとダニーが一番変わってない?(もちろん相応に年食ってるけど)ジョーダンがなあ、一時に比べるとすっきりはしてるけど、やっぱりあの頃の魅力が薄れているような…。ジョーイはこの写真だけ見るとちょっと丸く見えるような。
解散後の5人の様子はなんとなくしか知らなくて、たまに思い出してネットでチェックしたら顔写真が出てきたりして、ルックスの変わりように驚いたりしてた。ただ、出てる写真が最新のものとは限らないので今現在どんな風貌なのかまではわからなかったから、こうやってリアルタイムで姿が見られるのは嬉しいなあ。
ジョーイだけはCD買ったりしてその後の様子を多少知っていて、ニューキッズの頃は子供の顔だったのがすっかり大人の骨格になったよなー(顔が長くなった)と感じてたんだけど、このオフィシャルショットでは少し子供っぽく見える。やっぱり最年少キャラ健在なんですかねー。
なんかワールドツアーするとか、アルバム出るとか、色々話はあるみたいだけど、手っ取り早いところで何があるんだろう?本国ではテレビに出たらしいけど、そんなのこっちじゃ見れないし。シングルが出るっぽい話を読んだけど時期は知らない。日本でも買えるのかなあ。以前、公式サイトのトップでチラッと流れてた新曲の全貌が知りたいよー。
ところで、上記公式サイトのNEWSの項目の中に「People Magazine Exclusive」ってのがあってインタビュービデオが見られるんだけど、その会話の中でポーラ・アブドゥルの名前が聞こえるような気がするんだけど…。アメリカンアイドルの話でもしてるのかな?
ポーラといえばようやく新曲が入ったCD買ったよ。日本盤が出るのを待ってたの。
B0012PYFW6ランディ・ジャクソンズ・ミュージック・クラブ
ランディ・ジャクソン キャサリン・マクフィー&エリオット・ヤミン リッチー・サンボラ
ユニバーサル ミュージック クラシック 2008-04-02

by G-Tools

ポーラの曲以外はあんまりちゃんと聞いてないです。いや、届いた頃は忙しくて、ゆっくり聴いてる暇がなかったんだもん…。
新曲は第一印象ではそれほどでもなかったんだけど、繰り返し聴くうちにはまってきた。PVはちょっとどうかなーという映像センスなんだけど。ポーラのダンスは悪くないんだけど、なんであんな古いチアリーダーの映像とか使ってるんだろう。プリクラのフレームみたいな変な枠が出てきたりするあたりが…。
解説になんて書いてあるかなーと思ってたら、あんまり大したことは書いてなかった。当時はマドンナのライバルと言われてたとかあるけど、そうかなあ?当時日本からだけどリアルタイムで見ていた自分にとってポーラのライバルといったらジャネットしかいないんだけど。マドンナも時代は一緒だし、ダンス系ってところはかぶるかもしれないけど、ポーラが活躍してた頃にはマドンナも少しシフトチェンジしてアーティスト志向になってた時期だった気がする。
ポーラのソロアルバムは今年の夏って話だったけどちょっと遅れているようで、秋だとか年末だとかいう話をどこかで聞いた。とにかく出してくれれば嬉しいから待ってるよー。ファーストアルバムに参加してたスタッフも参加するとかいう噂もあるし、楽しみだなあ。気になるのはどこのレーベルから出るのかってこと。ヴァージンとの契約はとっくの昔に切れてるらしいからなあ。ところでこの写真(people.com)かわいい!いつ頃撮ったやつだろ。
アメリカンアイドルといえば、日本でもFOX JAPANで放送中なため、ポーラ見たさに今年も見てます。おかげさまでポーラのPVも見れたしよかったよかった。
そして、コンテスタンツの一人にはまってしまいました。デビッド・クックかっこいいなー。
(日本での放送は本国アメリカより3週間遅れなので、日本版しか見てない人は上記リンクを見ないように。超ネタバレです)

テーマ : お気に入りアーティスト - ジャンル : 音楽

Edit |  18:02 |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ
 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。