2009年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2009'03.22 (Sun)

Pen 4/1号はアールヌーヴォー(建築)特集

書店でこの表紙が目に入ってぱらぱらっとめくってみたらなかなか面白そうだったので購入。
B001U52N1IPen (ペン) 2009年 4/1号 [雑誌]
阪急コミュニケーションズ 2009-03-16

by G-Tools

アールヌーヴォーの建築についてはあんまり突っ込んで勉強してないので代表的な建築家の名前を少し知ってるくらいなんだけど、ざっと概略を眺めるのにはこういう雑誌の特集がとっつきやすくていいかも。雑誌の特集といっても50ページ弱のボリュームなので、十分楽しめる。
ヨーロッパ各国で起こったアールヌーヴォー(に相当するムーヴメント)を簡単にまとめてるので、初心者にはわかりやすくていいわ。その中にプラハもあって、ミュシャが手がけた市民会館の写真がでっかく載ってます。
ところでこの雑誌は初めて買ったんだけど、紳士向け?以前から存在は知ってて、アート系の特集が面白そうかなあとは思ってたんだけど、そこまで購買意欲を刺激されなかったので買ったことがなかった。
スポンサーサイト

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  23:00 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2009'03.15 (Sun)

邪悪なミュシャはまだいるらしい

KylesaというバンドのCDのカバーアート。
09-03-08_19-38.jpg
これをミュシャもどきと言ったら怒られるだろうか…
ミュシャはミュシャでもチェコ時代のミュシャだね。ソコルとかスラヴ叙事詩とか描いてた頃の。
BaronessのJohn Baizleyという人のことをだーいぶ前に取り上げたことがあるんだけど憶えてる人がどれだけいることか。ともかくひと目でその人だ!と思った。本当にそうなのかははっきりしないけど、このバンドのオフィシャルサイトらしきものを発見してMERCH(物販)ページを見たらやっぱりいるじゃーん。その人がデザインしたTシャツが売ってる。
タワレコで撮った写真はあんまり綺麗じゃないので、もう少し鮮明な画像が見たい人はこちらへどうぞ。でもグロ注意!(いまさら遅い?)
CD売ってるところ
またはMySpace。音楽も聴けるよ。
http://www.myspace.com/kylesa

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  22:36 |  ミュシャもどき  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2009'03.08 (Sun)

アヴァンギャルド・チャイナと具体詩

国立国際美術館で開催中のアヴァンギャルド・チャイナに行ってきた。メインの企画展はこれなんだけど、もとはといえば収蔵品展「新国誠一の《具体詩》詩と美術のあいだに」の方が面白そうだったから行くことにしたわけで。友達に招待券を貰ったので、それなら企画展の方も覗きますかねと。
中国の歴史ってなんとなくしか知らないけど、現代中国の美術ってここ20~30年くらいが前衛の時代なのね。文化大革命とか天安門とか、聞いたことはあるけどはっきりと把握してるわけじゃないないからなあ。こういう社会的な活動に繋がるようなものって背景を知らないとどう捉えていいのか難しい。という難しいことはさておき、展示作品の中にはグロいものもあったけど、まあまあ面白かったかな。アレはねえ、あんなモロでいいんだろうかと思ったり…。映像作品が幾つかあったんだけど、ちょっと行く時間が遅くてゆっくり見てる暇がなかったのが残念かも。
新国誠一の方は、期待通りで楽しかった。漢字を画面上に散らしたみたいなのが面白かった。オチみたいなのがあるのを見つけるとニヤっとしたり。あれって時代的にパソコン使ってレイアウトしてとかできないだろうから、活字使ってやってたのかなあ。タイポグラフィ楽しい。構想メモみたいなのもあって、ちょっとしか読めなかったけど面白かった。
思潮社から出ている作品集があったので買ってみた。CD付き。
4783730997新国誠一works 1952‐1977
国立国際美術館
思潮社 2008-12

by G-Tools

これを見ると普通の詩っぽいのもあるのね。楽しいけど誤植だらけなのが残念。正誤表が付いてるんだけど、何箇所間違えてるんだよ!って感じ。
この美術館の次回展は杉本博司なんだけど、どんなのかわかんないけどこの人の写真作品は幾つか知ってて好きなので行こうかなーと思ってる。
少し前に出たBRUTUSという雑誌が杉本博司特集で、前に京都に行ったときに見かけて買おうと思ってて忘れてたので、ここで見つけて今度こそ買っといた。
4838785453BRUTUS特別編集 杉本博司を知っていますか? (マガジンハウスムック)
マガジンハウス
マガジンハウス 2008-11-21

by G-Tools

去年の11月に出たやつだったのか。バックナンバーを置いてる書店だと普通に置いてあるみたいだけど(これを買った後に別の店でも見たから)こういうのは思い立ったときに買わないとね。
そして積読は増えてゆく…

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  23:37 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ
 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。