2009年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2009'10.18 (Sun)

未知へのまなざし-シュルレアリスムとその波紋-

大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室で開催中の「未知へのまなざし」展を見に行った。
最近すっかり出不精になってる私ですが、この展示室は夜遅くまで開いてるので比較的行きやすい。市街地でしかも夜7時まで開いてるってのはありがたい。最近不況で美術館もいろいろ難しそうだけど頑張ってほしいなあ。(サントリーミュージアム天保山休館のニュースはいまだにショック…)
この美術館(と呼んでいいのか謎だけど一応)は何度か行ってるということもあって、ここのコレクション展となると見たことある絵が多いなーという感想になってしまうんだけど、見たことある絵でも好きな絵があれば楽しめるからいいんです。
今回はマックス・エルンストの博物誌がずらーっと並んでて壮観。ジョゼフ・コーネルのコラージュ作品もたくさんあった。ああいうのって組み合わせてなんぼだからセンスが問われるよなー。ちゃんと解説読んでこなかったけどシュルレアリスムって直感とか偶発性を重視するところもあるみたいだから、どこまで考えて配置したのかとかはよくわかんないけど、最終的には出来上がったものが楽しかったらいいよねと思う。そういう意味ではデュシャンの大ガラスはよくわかんないんだけど…。解説読んでもちんぷんかんぷんだ。ぱっと見ただけでは楽しめなくても説明を読んだり解釈を聞いてなるほどねーと思えればいいんだけど、それすらも楽しめないと困る。あの辺りはもう少しその時代の流れとか作家の変遷とかを知らないといけないのかなあ。
展示の前半が海外作家の作品、中盤あたりから日本人作家が出てくる。吉原治良と前田藤四郎がたくさんあった。治良さんは今回のテーマ的に割と初期の作品が多かったような。前田藤四郎は木版画がおもしろかった。
マグリットの「レディメイドの花束」を見てて、もしかしてこの絵ってそういうこと?と気づいたことがあったんだけど、うまく表現できない。あの女性の位置は実はもっと奥の方にあるべきなのかなあ。
ちょっと体調が悪かったせいもあるのか、この展覧会のポイントが掴みづらかった。特に後半の日本のシュルレアリスムには興味はあるのに結局なんだったのかよくわからずじまい。もう少し背景を調べてから見ないとダメなのかなあ。後期展示で作品の入れ替えもあるみたいだし、ミュージアムトークの時間を狙ってもう一度行ってもいいかも。でも時間と気力があるかどうか…
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  20:39 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2009'10.12 (Mon)

ボジョレーヌーヴォーとアールヌーヴォー

毎年恒例になりつつある、ワイン漫画「神の雫」とのコラボなボジョレーヌーヴォーが今年も出るらしい。
近所のスーパーでも扱ってるらしくチラシがあった。でもそこには1種類しか載ってなかったのでネットで調べました。よく知らないんだけどボジョレーヌーヴォーにも種類があるらしいね。
画像を載せたいがために楽天のリンクを用意したけど、あまり大きい画像じゃないからわかりにくいな。

イメージとしては一方が少女でもう一方が熟女?一応販売元の説明へのリンクも載せておく。拡大画像が個別紹介ページにあります。
http://www.mercian.co.jp/wine/nouveau2009/ab.html
アールヌーヴォーっぽいラベルデザインだから、初めて見たときはミュシャっぽい?とか思ってたけど、だんだんそういう思いもなくなってきたな。もう何年目になるんだろう?3~4年くらい?せっかくなので紹介しておく。
そもそもボジョレーヌーヴォーとアールヌーヴォーって何の関連もないしな。ただヌーヴォーが一緒なだけじゃないか。

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  02:04 |  ミュシャもどき  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2009'10.11 (Sun)

ミュシャのラメ手帳

紀伊国屋書店で発見。

去年も同じような手帳を見つけて購入したけど、ラメがはがれまくってとてもじゃないけど持ち歩けそうになくて、使用を断念。だけど今年はラメは控えめ。これなら持ち歩けるわ!ということで買ってみました。光ってる部分がわかりやすいように撮ったつもりなんだけど、わかるかな?
中身はこんな感じ。
091011_014428.jpg
2~3ページおきにミュシャの絵がどーんと出てくるのでかなりお得な気分。ただしほとんどはトリミングされてるので、絵全体を楽しみたい人にはイマイチかも。
ラメ度がもっと高いカレンダーもあった。現時点ではミニサイズのウォールカレンダーのみ。去年は大きいのもあったけど今年はないのかな。これから増えたりするのかなあ。
梅田の紀伊国屋書店の輸入カレンダーコーナーは面白いカレンダーがいっぱいあるので見てるとあれもこれも欲しくなって困ります。そんなにたくさん買っても使い切れんっちゅーの。
今年は何にしようかな。アールヌーヴォーカレンダーがいいかなと思ったけど売り場に置いてあったのは内容的にこれっていうのがなかったんだよなあ。他の店もチェックしたりして、いいのが見つかったら買おう。ウォールカレンダーはひとつくらい欲しい。
ミュシャのカレンダーは輸入コーナーじゃなくて、普通のカレンダー特設コーナーに置いてあった。少し前に特集ページを作ったけど、その中にある、TeNeuesのウォールサイズとポスターサイズ、あとは日本産のやつがあった。ポスターサイズはいつ見てもでかい。あれは持って帰るの大変だよ。

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  02:02 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ
 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。