2009年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2009'11.24 (Tue)

ロートレック・コネクション

東急Bunkamuraで開催中のロートレック・コネクション展に行ってきた。
Bunkamuraへ行くのは初めて。名前はずっと前から知ってるんだけどね。昔ミュシャ展をここでやってなかったっけ?アールヌーヴォー系の展示が多いような印象がある。
金曜と土曜は夜間開館ということで、金曜の夜6時ごろに到着。9時まで開いてるから時間はたっぷり。
この展覧会は「ロートレック展」というにはロートレック率は低い。テーマは「コネクション」であって、ロートレックの生涯を辿りながらそれぞれの時代に接点のあった人たちを紹介して、結果的にロートレックの芸術性みたいなものを知るというような感じの展覧会です。
私はロートレックのファンというわけでもないんだけど、昔から日本では人気あるよね?ミュシャと同じ時代に同じ分野で活躍してるけど、ミュシャとは全然違うなーというのが私のロートレック観。ファンじゃないと言いつつ伝記映画を見てたりするんだけど…。「赤い風車」は面白いよ。「ムーランルージュ」にもロートレックもどきが出てくるよ。他に何かあったっけ…
展覧会はまず少年時代に先生について絵を習ってた頃から始まります。師匠の絵と、それに影響を受けているだろうロートレックの絵が並んでてなかなか面白い。画塾で知り合った画家たちの絵も並んでた。ここにあったアンクタンという人の描いた女性の肖像画がかわいかった。ゴーギャンやエミール・ベルナールとか、ナビ派の面々と仲良かったんだなあ。
また会ったわね、という感じで以前見たことある絵と再会したり。岐阜県立美術館とか島根県立美術館とかひろしま美術館の所蔵品があって、ひろしまは行ったことないけどここの所蔵品を中心とした印象派系の展覧会に行ったことあるし、岐阜と島根は行ったことあるし、なるほど美術館のカラーにぴったりな絵だなーと、なんでそれを所蔵してるのか納得できる作品で面白いなあと思った。ポスターになるとおなじみ川崎市民ミュージアムも出てくる。聖徳大学ってとこも目に付いた。「カフェ・コンセール」の連作版画は兵庫県立美術館なのか。京都工芸繊維大学もあったし町田の美術館もあったしサントリーミュージアム天保山もあったし、版画系の展覧会ではおなじみの面々だわ、なんてところを見る楽しみもある。
サントリーミュージアム天保山は来年休館だけどコレクションはどうなるんだろうなあ。サントリー美術館に吸収されてしまうんだろうか。でもサントリー美術館は日本美術が得意な美術館だよね?天保山とは全然カラーが違うのに、いったいどうするつもりなんだろ。今後も天保山コレクションを見る機会が減らなければいいんだけど。なんてことも考えてみたり。
そんなローカルネタを脳内で展開しつつ、話を展覧会の内容に戻すと、ロートレックはナビ派だとか象徴主義だとかの先鋭と親しくしつつも結局その世界に深入りすることなくわが道を進むわけです。ってことで、舞台はモンマルトルへ。
ここからはポスターや挿絵がてんこ盛り。ロートレックの絵は見飽きるほど見てるわけですが、他の人が同じ題材で描いた絵と並んでたり、文脈が紹介されていたりして、改めてロートレックが辿ってきた道を確認しながら見ると、なるほどねーという感じでなかなか楽しかった。
ロートレックにとっては人物を描くことが一番重要だったのかなあ。それもドガみたいに無機質な対象としてではなく、その人の個性だとか本質的な部分を描き出すことに長けていたのかなと。ポスターでは大胆な構図が取り沙汰されるけど、それはもちろん大事だけど、それよりもそこに描かれている人物に注目すると今まで見えなかった何かが見えるような気がした。こういうことって過去の展覧会等の解説なんかにも書いてあったかもしれないけど、今回は特にその部分が自分の中で納得できた感じがする。ロートレックが人物に向ける視線みたいなのは晩年までずっと一貫してるんだなと思ったり。
会場内に図録が置いてあったので読んできた。図録で読んだこととキャプションで読んだこととどれがどれだったか記憶がごっちゃになってるけど…。今回は図録を買う余裕がなくて(無駄に荷物を増やしたくなかったし、それを度外視するほど欲しいと思わなかったので)手元にないのが残念。ボナールとは仲良かったんだよね。リトグラフに手を染めるきっかけもボナールみたいだし。最初の方に出てきたアンクタンとはその後もずっと付き合いがあったみたい。ヴュイヤールとミシアの話が興味深かった。
なんだか感想が散漫だけど、楽しかったことは確かです。
ミュシャの絵も展示されてたけど、ミュシャとロートレックはどんな付き合いだったんだろうなあ。狭い世界で同時代に生きていたら接点はあったんだろうけど具体的な交流ってよく知らない。ミュシャは3点あったけど、ジスモンダはあんまりキレイなのって残ってないのかな。地の色が黄ばんでるような感じ。でも状態はいい方かな。ジョブとサロンデサンはキレイだった。金色インクに照明を反射させて見るために身をかがめて鑑賞するのはお約束です。
展示されていた作品は今まで見たことある作品が多かったんだけど、「ロートレックと他者との関わり」という観点で見るとまた違った見え方がしたりして、似たような展覧会をリピートして見るうちにわかってくることもあるんだなあと思ったり。ときどき飽きることもあるけどたまにこういう面白い視点の展覧会があるからやめられない。他の時代やジャンルにも手を広げたい気持ちはあるんだけど、なかなかそこまで手が回らない。そして懲りずにまた似たような展覧会に行くのであった。
売店ではカレンダーを購入。ロートレック以外の絵も入ってるコネクションなカレンダーです。ロートレック展グッズ以外にいろんなミュージアムグッズが置いてあるショップもあって、関連書籍で面白そうなのないかなーと思ったけど、今ここで買わなくちゃ!というのがなくて何も買わず。ミュシャのチェコ製カレンダーでポスターつきというのが売ってて買いかけたけどやっぱりやめた。何も買わなかったけど見てるのが楽しいショップでした。
ここで既に時間は夜の8時半。9時まで開いてるからまだ余裕はあったけど随分長居しちゃったなーと思いつつ会場を出ると同じフロアにレストランを挟んで本屋さんらしきものが見えた。せっかくだから覗いていくか…と思ったら、このお店がすごくてですねー。アート系の本専門店なのかな?面積は狭いけどマニアックな本がびっしり。あと30分か…と思いつつざっと棚を眺めていったらミュシャ発見。でも持ってるやつだなー。あ、ラリックの本が面白そう、これ買おうかな、と思いながら次の棚に進んだら、先日紹介したウィーンのミュシャ展の図録が表紙を見せる形で棚に置いてあったわけです。これは!!!と一気にテンションが上がって手に取ってみたらスラブ叙事詩のクローズアップ図版とかが目に入って、それ以外ろくすっぽ確認せずに自分の中で購入決定。まだ見てない店内をざっとチェックした後おもむろにレジへ持って行きましたとさ。
レジでこれくださいーと言いながら頭の中で今後のスケジュールが駆け巡って、これを持って帰るのは厳しいよなあ…そうだ、送ってもらえるかな?と思いついて、店員さんに確認して宅配便で送ってもらうことに。手続きを済ませてホテルへ向かいました。
ってことで、この時点でその本がウィーンの展覧会の図録ってことはわかってなかったりして。フランス語で書かれてることすら見てなかった。どんな衝動買いだ。ただ、英語じゃないっぽいことだけは認識してたかな。帰宅後に届いた本を読んでほくほくしてます。
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  22:07 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2009'11.22 (Sun)

東京の戦利品(ウィーンとスペインのミュシャ展)

野暮用で東京へ行ってまして、そのついでにちょっと遊んできました。Bunkamuraと世田谷美術館に行ってきたんだけどその感想は後ほど。ひとまず先に私のミュシャ中毒っぷりを披露しておきます。
本を探しに行ったわけじゃないのに、たまたま立ち寄った書店でミュシャの本を見つけてしまった。それも2発2中。すごい打率だ。
091122_222736.jpg
右はBunkamura内のアート系ブックショップで見つけたもの。どうやらウィーンでのミュシャ展の図録らしい。フランス語で書かれてるのでよくわからないけどたぶんそう。(なぜウィーンなのにフランス語なのかと思ったら巡回先にフランスも入ってるからっぽい。モンペリエって読めるけどこれがフランス?あとはミュンヘンにも巡回するみたい。とりあえず先頭がウィーンなので「ウィーンのミュシャ展」ってことにしておく)
どちらかといえばマニア向けの内容かも。チェコ時代の仕事とかパリ時代でもちょっと精神系寄りの作品が多い。華やかなポスターや装飾パネルはそれほど多くない。スラブ叙事詩とか教会のステンドグラスの下絵とかがクローズアップでどーんと収録されてるのが素敵。フランス語だから解説が読めないのが残念。せめてキャプションくらいは解読したいんだけど。一応展覧会図録ってことなんだけど、どこまでが実際に展示されたものなのか判別が難しいところがあって、その辺が読めばわかるんであれば読みたいんだけどな。
この写真ではわかりにくいけど大きくて分厚くて重い本です。A4より少し大きいかな?厚みは3cm以上ある。出先だし体力消耗してたし翌日も歩き回る予定だし、こんなの持ち歩くのは無理!と思ったので宅配で送ってもらいました。体力温存しないとね。
(この本については、後日談あり→関連記事
ここのショップには他にもマニアックなミュシャの本がありまして、私が昔ネットで買った「主の祈り」研究本(?)が置いてあったよ。他にも幾つか洋書があったよ。おそるべし東京。おそるべしBunkamura。
おまけでこんな本も買っちゃいました。
4422214519ルネ・ラリック (「知の再発見」双書・ヴィジュアルプラス)
遠藤ゆかり
創元社 2009-07-18

by G-Tools

ボリュームの割に高いんだけど、特殊な造本というところが面白かったのと、サラ・ベルナール関連の資料が少しだけ載ってたのが気に入った。
話をミュシャに戻すと、写真左の本は丸の内オアゾの丸善にて発見。これも展覧会の図録みたい。今度はスペインです。バルセロナだのパルマだの書いてあった。スペイン語かよ…と思ったら巻末に英文もついてた。ありがたいことだ。英語なら単語の拾い読みくらいはできる。実際に読むかどうかはさておき。
内容は割とまんべなくって感じかな。ミュシャが撮った写真が面白い。最後の方にスペインに与えた影響ってことかな?スペインで作られたらしいミュシャもどきなポスターが少しあった。参考図版として同時代の関連作家なんかも載ってて楽しい。文章を読めば意図がわかるんだろうけど、そこまではまだ…
これはウィーンのやつよりは薄いです。2cmくらい。買うかどうか迷ったけどあまり時間がなくて勢いで決めた。後悔はしてない。帰りの新幹線に乗る直前に買ったからこちらは宅配ではなくお持ち帰りで。先の本を宅配にしておいて大正解。
ミュシャの本はさんざん探し尽くしたつもりだったけど、こうやってどんどん新しいのが出てくるんだなあ。書籍として流通してればアマゾンみたいなところ経由で買えるけど大概は英語の本だし、こんな風にウィーンだのスペインだのの展覧会の図録が簡単に手に入るとは、おそるべし東京。
ちなみにどっちも1万もしない程度の価格でした。特に前者はこれでこのお値段は安い!(この手の本に関する私の金銭感覚は麻痺しつつあるので反論は受け付けません・笑)
関西にも美術書が得意な本屋ってあることはあるけど、そんなに数は知らないし、規模が大きいところってあるんだろうか?知ってたら誰か教えて!丸善も関西は撤退しちゃったからなあ。大阪や京都のお店に何度か行ったものだけど、今は…
丸善の洋書売り場にはレア本コーナーなんてのがあって、ざっと眺めてみたらミュシャを幾つか発見。レナート&ヴェイユのミュシャレゾネが!でもたっかーい。以前どこぞで10万超えで売ってたのよりはマシだけど、そんなにするのか…。Complete Graphic Worksもあったけど、それは1万超えくらい。ふーん。
そうそう、丸善ではカレンダーフェア開催中で、なんか面白いのあるかなーと(もう既に購入済みなのに)見てたら大型でいいのがあった。アールヌーヴォーのポスターを集めたやつで縦長だったんだけど、とにかくでかいので持って帰るの大変だし…と諦めた。
おまけ。夜の渋谷で見たものは…

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  23:29 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2009'11.17 (Tue)

手で見る造形

兵庫県立美術館のコレクション展(常設展示)を見てきた。今やってるのは新収蔵品紹介と小企画。いつもの小磯良平、金山平三もあるよ。
現在企画展示はやってなくて(神戸ビエンナーレはやってるけど)常設展示だけを見てきた。ここは常設展示室がかなり広いので、企画展示と一緒に見るとなかなか大変。企画展示とは別料金なので昔は敬遠してたんだけど興味の幅が広がってきてからは積極的に見るようにしてる。だって楽しいんだもん。
今回は毎年恒例の「手で見る造形」をやってた。私はこれで3回目かな?一昨年が初めての体験で楽しくて、去年もやってたから面白がって参加して、毎年やってるんだーということを知って、今年も行くぞーと思ってた。前回ここに来たのは日本の表現主義のときだったけどそのときはまだ始まってなくて、次の機会に…と思ってたら終了間近になってしまった。だまし絵展と一緒に…とも思ってたけど混雑してるという噂を聞いて結局行かなかったからなあ。(既に名古屋で見てるし)
たまたま行った日が関西美術の日とかで無料開放日になっててラッキー。神戸ビエンナーレは会場が幾つかに分かれててチケットは共通で、兵庫県美以外の会場まで行く気力がなかったから断念。おもしろそうかなーとは思ったんだけど、この会場のだけ見て他に行けないともったいないかなーと思って(貧乏性)。
とりあえずは新収蔵品を中心とした展示をつらつらと眺めた。横尾忠則のポスターが10枚くらい並んでたのが楽しかった。粟津潔のポスターも面白かった。
「コレイガイノスベテ」というのは空間ありきの作品だろうなー。一回こっきりのネタだとは思うけど(繰り返しは使えない)なるほどねーという感じ。
県立美術館だから県ゆかりの作家が多くて、関西圏の美術館にちょくちょく足を運んでるとだんだんこの人知ってる!って感じで愛着がわいてくるね。
各コーナーごとにテーマはあるんだけど、今回は時代別に並んでたのかな?現代に近くなるとなんだかよくわからない作品も出てくるわけですが…。こういうのってある程度その作家とか周辺事情に馴染んでくると楽しめたりするんだけど、まったく事情がわからなくて突然ぽんと目の前に出されてもよくわかんないことが多い。わかったら楽しめることもあるし今はただそういうものがあると認識するだけで今後のためになるかもしれないと思っておく。
2階の展示室は1階よりも少し古い時代が集めてあった?小磯と金山の部屋はいつもの通りで、もうひとつの展示室には藤島武二の絵があったけどちっこい。日本画で須磨とか明石のあたりの海の風景があって、私がこの辺で生まれ育ってたらもっと親近感を抱けるんだろうなあと思いつつ見てた。
絵画作品は毎回色んなものが見れて楽しいんだけど彫刻はそれほど数がないのかな。いつも置いてあるものが同じような…。展示替えするのが大変なのかもしれないけど。いつ見てもプランクーシのアレはどうやって静止しているのか謎だ…。支柱でも入ってんのかな。立体作品は好きだけど、普通の彫刻(人物彫刻の典型的なイメージのものとでも言ったらいいのか)ってまだよくわからない部分が多い。少女の像とか、どの辺をどう楽しめばいいのか…。糸を張ったやつとか抽象的なやつとかオブジェっぽいのは面白いと思うこともあるんだけどな。
さて、今回のお目当て小企画「美術の中のかたち-手で見る造形-」藤本由紀夫 shadow -exhibition obscura-コーナーは分けて感想を書いてみよう。
入り口のところに書いてあった文章を見てダイアログインザダークを思い出した。あのアトラクションは実際に体験したことはないんだけど面白そうだよなあ。
ちょっと暗めの空間に展示物がぽつぽつと。ひとつはガラス(アクリル?)板にオルゴールがたくさん貼り付けてある作品。ねじを回して楽しみます。オルゴールの中身がむき出し状態なので音は小さいんだけど(箱がないと共鳴しない)それは意図してのことなのかな?それぞれ違う曲が鳴るようになってるみたいで、耳を近づけて何の曲が鳴るのかな~と確かめてみたり、同時にたくさんの曲を鳴らすと何の曲が鳴ってるかわかんないなーと思ったり、その状態で特定の1曲に意識を向けてみたり、単純にねじを回すのが楽しかったり。透明な板にオルゴールがはめこまれてて、ねじと音が出る部分は板のむこうとこっちに分かれてて、ねじを回してもそのオルゴールの音が出る方向はガラスの向こう側にあるからよく聞こえなかったり、目の前のオルゴールの音を聴いてみたくても自分ではねじを回せなかったり。これひとつで色んなことに気づけるんだなーと思いながら遊んでました。
その次は彫刻が3つほど。ロダンだよね?手の形と人の形。よく彫刻はマッスがどうのって聞くけど実際に触ってみるとなんとなく実感できる気がする。小企画コーナーは照明が薄暗いこともあって細部がよく見えないんだけど、その分を触覚で補うという意図もあるのかな?べたべた触りまくってきました。
それから、部屋の隅っこに謎のオブジェが。ひとつはローラーみたいななにか。白い筒状のもので表面はゴムかビニールっぽい?これは触れないようになってたんだけどたぶん回転してたような…。もうひとつLED(7セグ)で文字が表示されたものもあった。あれは一体なんだったんだろう…。
あと、版画に裏からライトを当てて展示してた。ちゃんとそういう展示に合うような絵を選んでいるようで面白かった。行灯みたいできれいだったなー。
このコーナーの出口付近の角にはながーい筒が2本と椅子が。これ、たしか東京の現代美術館かどこかで見たような…。耳に当てると不思議な音がするんだよねー。あれって周囲の音を拾ってるんだろうか?共鳴してるんだと思うけど、場所が違うと聞こえ方も違うのか。今回は比較的静かだったかな。以前のほうが開けた空間で音が響きそうな周囲環境だった。
そして、次の展示コーナーへ向かう通路の両脇には時計のようなものがずらりと。時刻表示はないんだけど針がちくたく動いてる。それぞれの音は小さいんだけどたくさんあると結構な迫力だ。
そういえば小企画コーナーの手前に肖像画みたいなのがあって、なんだろ?と思ってたら、後でパンフを見たらデュシャンの作品だった。影絵みたいなやつ。これもやっぱり意味があったのかな?

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  23:25 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2009'11.10 (Tue)

Michael FeinsteinとCheyenne Jackson

11/3に発売されたMichael FeinsteinとCheyenne Jacksonのデュエットアルバム「The Power Of Two」がいい!ってことで勝手にプロモーションしちゃう。たぶん日本で注目してる人なんて少数だろうけど…
B002RFX9TKThe Power of Two
Harbinger 2009-11-03

by G-Tools

このアルバムはインディーズレーベルからのリリースとなっています。MichaelはConcordレーベルと契約してるはずなんだけど変則的なアルバムだから別レーベルになったのかな?Cheyenneは基本は俳優さんでミュージカルのサントラ以外にリリース歴はないみたい。
Michaelのアルバムは近作2つはコンコードから日本盤が出ているんだけど、今回のレーベル(Harbinger Records)の作品を日本盤としてリリースする会社はないんだろうか…。ジャンル的に日本じゃマイナーだし難しいかな?
ディア・シナトラディア・シナトラ
マイケル・ファインスタイン

by G-Tools

ホープレス・ロマンティックスホープレス・ロマンティックス
ジョージ・シアリング

by G-Tools

「ディア・シナトラ」の感想はこちら。
http://ira.blog2.fc2.com/blog-entry-609.html

テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

Edit |  01:28 |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2009'11.04 (Wed)

ザ・モダニズム ―個人コレクションによる美人画名品展―

11/1~3の3日間限定で京都美術倶楽部で開催されていたモダニズムな美人画展に行ってきた。
主催者(思文閣)公式サイトのトップに出ていた絵がかわいくて、是非行きたいわ!と思ったんだけど、今はもうデザイン変わっちゃってる…。
思文閣ってのは美術館をやっていたり本の出版もしてたり古美術販売もしてるらしいけど、関連イベントに行ったのは初めて。時間があったら古書市とか美術館にも行きたかったなあ。でも家を出るのが遅くて会場にたどり着いたのが4時半過ぎくらいだったので無理だろうと思って諦めた。結局古書市って何時までやってたんだろ?
さて、本題の展覧会ですが、大正から昭和初期の美人画を中心に約50点展示。個人蔵の作品を中心に、培広庵コレクションとか中右瑛コレクションとか大関(酒造)の所蔵品とかがあった。見たことあるなと思ったのが幾つかあってキャプションを見たらほとんどは培広庵コレクションだった。そういえば前に培広庵コレクションをもとにした美人画展を見に行ったっけ。
展示室は3つに分かれていて、最初の展示室は大型の屏風絵が並んでた。源氏物語とか伊勢物語とかを題材にした伝統的なイメージに近い屏風絵もあって綺麗だったけど、いちばんすげーと思ったのが女性ダンサー(女優)をモデルにした踊りの図。蝶々と蜻蛉の扮装で踊ってるんだけど、モダニズム~って感じ?これが会場にたどり着く前に道端で見たポスターに使われてて楽しみにしてたんだけど、実物を見ると変な感じ。正統派?の作品では着物の絵柄が素敵なのがたくさんあった。着物は美人画の楽しみのひとつでもあるよね。
個人蔵だからなのか、ここが正式な美術館じゃないからなのか、制作年代がはっきりしないものが多かったんだけど(キャプションにもほとんど書いてなかった)画題とか作風からだいたいの時期はわかるのかな?最後の方に寺島紫明が数枚並んでて、昭和30年とか40年ごろの新しめの作品が幾つかあって、やっぱり筆致とかがなんとなく他とは違うなーと感じた。
美人画でも色んなタイプがあって、大正時代のちょっとダークな雰囲気の絵も好きなんだけど、今回も幾つかあって喜んでた。中村大三郎の大正時代に書かれたらしいおどろおどろしい系の美人画があってびっくり。この人の絵というとピアノってのが確か京都市美にあったような気がするんだけどああいうイメージだったので。寺島紫明の爪切り中の女の人もいいよねー(これは前にどこかで見た)。甲斐庄楠音もあるということで楽しみにしてたんだけど思ったより薄味だったかな。岡本神草もあった。でも1枚はダーク系だったけどもう1枚はさわやか系で、こういう絵も描くんだー。増原宗一という人の刺青をした女の人がお風呂に入ってる絵?もなかなか。
きれい系では木谷千種がいいよね!この人好きだわー。あと、池田蕉園も好き。今回初めて名前を知った浅見松江もよかった。これはどっち系に入るのかわからないけど、鏑木清方がお気に入りだったという寺島紫明のナイフ投げの人の絵もよかったな。木谷千種の浅間嶽の構図を見てふとミュシャを思い出してしまった。女の人の視線とその先にあるなにか(炭?灰?)という見る人の視線移動を促す構図というのか。
ちょっと異色系?では高畠華宵と竹久夢二。夢二はイマイチ好みじゃないんだけど(ファンの人すいません)華宵は好き。華宵の日本画は今まで見たことあったっけ?今まで見てきたイラストに比べると目力が足りない気がする…。きれいだったし華宵らしい顔つきはしてたんだけど。制作時期がよくわからないんだけどイラストレーターとして活躍してた時期と重なってるんだろうか?
そんな感じでなかなか楽しい展覧会でした。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  23:55 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2009'11.03 (Tue)

ミュシャ柄レギンス

先日お買い物に行ったお店で派手柄ソックスコーナーを発見。
なんだかすごいことになってるなーと思いつつなんとなく近づいてみたら、エルビスのイラストが入ってるのがあった。へー、ちょっと面白いかもと他の柄もチェック。アメリカの第1次だか第2次世界大戦中のポスターの柄もあった。I Want You!みたいなやつ。ここまで来るとミュシャはないのかと心の片隅で思い始めちゃうのがミュシャ中毒の悲しいサガ。
そして発見しちゃいましたよ。ミュシャ柄レギンスを!
091102_004253.jpg
こんな感じでミュシャの四芸術「絵画」がプリントされてます。こんな写真を撮ってるってことは……そりゃあもう、こんなん見つけちゃったら買わないわけにはいかないってことですよ。
でもこんなのはけるかな…。服装次第?一歩間違うとただの悪趣味だし。これに合うような服ってなんだろう…

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  00:03 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(2)   このページの上へ
 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。