2010年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2010'11.23 (Tue)

ポスター天国

サントリーミュージアム天保山で開催中の「ポスター天国」展へ行ってきた。楽しくも切ない展覧会でした。
サントリーミュージアム天保山休館のニュースが出てからカウントダウンの日々だったわけですが、遂に最後の展覧会になっちゃいましたよ。ああ、寂しい…。一応建物は大阪市に譲渡、コレクションも寄贈(貸与?)するらしいけど、運営がどうなるかわからないから、実質これが最後と思った方がいいよな。コレクションを生かすも殺すも学芸員次第、ちゃんといい企画を立ててやっていってくれたらいいけど、どうなることやら…。いい意味で期待を裏切ってくれることを願います。
一時は東京のサントリー美術館にコレクション全部持ってかれちゃうんだろうかと考えたけど、そうなってもあっちは日本美術中心の美術館だし毛色が違いすぎるよなあと思ってたので、天保山のコレクションとして天保山に残ってくれるのは嬉しいかな。あとはコレクションを引き継ぐ大阪市次第だ!がんばってくれ!
さて、まずはミュージアムの入り口から。建物に入るところは自動ドアが二段階(こういうのなんていうんだろ?)になってて、ひとつめの自動ドアを抜けたところに壁一面に過去の展覧会のフライヤーが!
101121_163129.jpg
ちょっとぼけちゃった。この中からミュシャを探せ!
本物のフライヤーが貼り付けてあるわけじゃなくて大きなボードに印刷してあるんだけど、これがまた涙を誘う…。この展覧会行ったなあ、これは行き損ねたなあ、こんなのやってたんだ!とか色々。
そしてエントランスホール。展覧会の街宣ポスターとか、たぶん企画展で展示するために作られたポスターとかが天井からいっぱいぶら下げてあった。他にも壁にいっぱいポスターがあったり、日本の古いポスターがあったり。気持ちは逸る一方だけど、とりあえず先に展示室の方を見ようとチケットを買ってエレベーターに向かった。そのとき売店の横を通りかかったらなんだかミュシャグッズが目に入るんですけど…これも後でいいやと先へ進む。
チケットをもぎってもらって中に入ると早速ロートレックがどーん。まずはアールヌーヴォーの時代から始まってた。フランスの色々が並んでるところにオリエンタルニッポンなポスターが並んでた。日本人から見ると突っ込みどころ満載なんだけど、こういう認識って今でも大して変わってないんだろうなあ。ここに地下鉄で来ると駅から美術館までの道すがら、謎のニッポン土産店があるんだけど、ありえなさすぎる着物のようなものとかよくわからないグッズが売っている。そういう間違った日本のイメージ。でもその中に一枚わりと綺麗なポスターがあって和風にちょっと洋風も折衷したような雰囲気だったかな。フランスだけでなくイギリス、アメリカ、オーストリアなど色んな国も紹介。今頃気づいた事実。ヤン・トーロップのあの絵って「デルフトサラダオイル」って言うんだ。サラダだよ…。
その後アールヌーヴォーでもちょっとモダンな香りがする作風から、ドイツのザッハプラカートとかになって、アメリカのI Want Youな兵士募集広告のような第一次世界大戦の時期の広告に。映画のポスターなどを挟みつつ、アールデコの時代になり、シュルレアリスムなんかも出てきたりしつつ、5階の展示は終わり。
ここでその昔ドイツポスター展で見たポスターと再会。目がどーんとデザインされたやつ。展覧会をたくさん見ているとこういう再会があって楽しい。ちょっとした復習にもなるし。
ここで展示見どころトークの時間になったのでギャラリー入り口に戻る。ここの小部屋にも少しだけポスターが。サヴィニャックのサントリーポスターがあったよ。トークの内容は展示室内のキャプションを読んでるだけっぽい内容だったけど一応それを気に留めつつ見るとなるほどという感じ。来週はギャラリーツアーがあるんだよなー。行きたい気もするけど、どうせ行くなら来月にしたい気も。
さて、後半戦です。第二次世界大戦の頃の戦争ポスターは戦意高揚だけでなく、戦争犯罪批判的なものも。戦後は平和ポスターも出てくる。そしてちょっと気持ちも軽くサヴィニャックの登場です。モンサヴォンでなごむ。そして60年代サイケなポスターが派手に並ぶ。フォントが奇怪過ぎて読めない(笑)でも楽しい。ポップアートがそれに続いて、ポーランドでちょっと不気味な気分になって、90年代のポスターでこれからのことを思う。雑誌Penに載ってたIBMの広告は、縮小サイズだとわからないけど下の隅の方に簡単な説明があって、Eyeはこういう意味、Beeはこういう意味、Mはこういう意味、みたいなことが小さく英語で書いてあった。なるほどねーと思ったけど正確に思い出せないのでここには書けない。
時代順の展示はこんな感じ。たぶんほぼ時代どおりに並んでたと思うけど、自分の記憶がちょっと曖昧なところもあるなあ。
ひととおり時代をなめた後、視点を変えた展示が。文字、絵、写真のそれぞれの要素に注目しての展示。
タイポグラフィいいよねえ。昔のお手製レタリングもいいし、あえて手書き文字を使っているものも展示されてたり。ここだったかな?1960年代ではないんだけどサイケな色使いのポスターがあった。じっと見てると目がちかちかする…。目くらまし攻撃されてるみたい。
絵がメインの作品はさすがに可愛いものがいっぱい。デザイン畑の人じゃない画家のポスターもあったり。先週堺で見たデュパがあった。前の方の展示に出てきたテーマがここにも当てはまるなあという内容もあったり。ふと気になったのはミスタンゲットというタイトルで似たようなタッチのポスターがここと前の方と2枚あったけど、作者が違う人だったこと。これってなんなんだろ?
写真はかっこいいものが多いかな。比較的新しいもので、シャネルのポスターは実際にどこかで見たことがあるような…
名残惜しくも展示室を出た後はエントランスホールの展示をじっくり。どこから見たらいいかわかんなかったので、まずは小部屋(昔はここも売店だった)から。日本のポスターが展示されてた。戦前戦後もあるし、もっと古いところでは引札の時代まで。ポスターの定番といえば美女なんだけど、何でその商品の宣伝に美女が必要なんだか…というのもあるね。杉浦非水の三越のポスターもあったよ!いつ見てもかわいい。
お次はエスカレーターの脇の壁。かなーり上の方までポスターが張ってあって、見てるうちに首が痛くなってくる(笑)ここには世界各地の「珍」ポスターが。怪しげなのがいっぱい。文字が読めない上に展示品リストにも「不詳」と書かれると何がなんだか。一応何の宣伝なのかくらいは書いてあるけど。さらには公衆電話コーナーの中にも何かあるし。旧満州国とか。日本の昔の映画のポスターとかも。そういえば昨日テレビを見てたら映画「風と共に去りぬ」をやってたけど、日本の古い映画ってあんまり残ってないよね…。一部の名監督作品くらいかなあ。ハリウッド映画は保存活動に熱心みたいで、「風と~」も1939年だっけ?相当古いのに今でも綺麗に見られるのに(内容が色々アレなこともあってアメリカでは今はほとんど放送されないらしいとどこかで聞いた気がするけど)。
エレベーターとかチケットブースの後ろ側?辺りの壁にもポスターが貼ってあって、中にはリスト未掲載なものまで。日本人作家による国際的なポスターかな?
エントランスホールの天井から吊ってあったのは北斎とかスヌーピーとかドラえもんとかのトリビュートポスターというやつだろうか。この辺の展覧会は見に行ってないのでわかんないんだけど、たぶんそのときに作られたものかと。
そうそう、ギャラリーに向かうエレベータに乗る前に映像コーナーがあって、いつもはIMAXシアターの宣伝ビデオが流れてたりするんだけど、今回はサントリーの昔のCMが流れてた。今展覧会のメインビジュアルを担当した人は昔からサントリーの広告キャラを描いてた人で、その人のポスターが何枚か貼ってあった。原画もあったけど、こういう原画ってあくまで印刷された結果が「完成品」なんだよなあ、と改めて思ったり。ポスターに限らず現代は複製の時代であって、芸術を考えるときにオリジナルってなんなんだろう?ってことが出てくるんだけど、このポスターの原画はとても完成品とは言えないものだなと感じたので(質が悪いという意味じゃなく、未完成品ということ)、なんとなくそのことに思いを馳せてしまった。
IMAXシアターの入り口のところには過去にIMAXシアターで上映した作品のポスターもずらっと。ここはいつも素通りなので普段がどんな風だったか記憶にないけど、昔のポスターをずっと貼ってるってことはたぶんないだろうし、ラストだからだよね?
とにかく建物の隅々まで見逃せない!私もまだどこか見てないところがあるかも…
そうそう、このミュージアムの見所といえばギャラリー内の展望スペースなわけですが、この日はお天気が優れなくて夕方だったけどあまりいい景色とはいかなかったのが残念。
今回は図録がないということは事前に聞いていたけど、なるほどこういう内容だと作りにくいかもなあ。入場料も大人500円と出血大サービスな感じだし(所蔵品のみで構成された展示なので比較的安くできる内容とはいえ)、全部で400点くらい展示してるし、現代の作品とかになると権利問題とかもあるかもしれないしなー。でもやっぱりないのは寂しいわということで、過去の展覧会図録の叩き売りでロートレック展のを購入。これはロートレックを中心として同時代の作家の作品とかロートレックトリビュートな作品とかを展示してた展覧会。
そうそう、こないだ紹介した雑誌「Pen」も売ってた。たぶん売ってるだろうなーとは思ってたけど。
過去の図録で他に気になったのは大阪コレクションのやつかな。大阪市内の3会場で開かれたあの展覧会、全制覇したけど図録は買わなかったんだよなあ。ここで開催されたヤツはモダンデザインがテーマで家具とかインテリア系メインだったし。あと、ガレとジャポニズム展も見に来たけど図録持ってないわ。でもガレの本は既に何冊か持ってるしなー。サントリーコレクション展みたいなのは他にもあって、サントリー夢回廊だっけ?そんなのは持ってる。
記念の小冊子というのが作られると小耳に挟んでたんだけど、それはどうやら現在鋭意作成中みたい?IMAXシアターの入り口付近に看板が立ってて、スタッフがお客さんを取材するかもしれないのでよろしくとあった。今作ってる最中っていつ完成するんだろう?
売店ではさっきも書いたけど過去の図録が叩き売り中。モノによって値段は違うけどたとえば私が買ったロートレックのは500円だった。たぶんもとは2000円くらいで売ってたんじゃないかな?とっくに在庫切れなものもあるので置いてあるのは数が知れてるけど、残り物の中に気になるものがあればこの機会に是非!
ポスター天国特製グッズとしてはポストカードやクリアファイルやノートなどがあった。気に入った絵のポストカードを一枚購入。あと、前にここで亀箱というのを買ったんだけど、今回ウサギの兎段が出てたので買ってしまった。だって亀といえばウサギでしょ!組み立てたら並べよう。
ポスター展にちなんでロートレックやらミュシャやらのグッズが色々とあって、ミュシャの傘とか鞄とかTシャツとか色々…。うーん、あんまり絵がどーんと前面に出てるデザインって大物は使いにくいような…。小物ならいいんだけどね。ブックカバーは迷ったけど、アルミのメモ帳ケース(?)を購入。
帰り際に改めて入り口の壁にあった過去のフライヤーを眺めてきた。私が初めてここに来たときはムーミン展をやっていて、その後はたまにぽつぽつ来る程度だったのが2003年くらいからかな?頻繁に来るようになって、ここ数年は少なくとも年に1回は来てた。あんまり記憶に残ってない展覧会もあれば強く印象に残ってるものもあり、長年お世話になってきたんだなあとしみじみ。
まだ閉館まで1ヶ月くらいあるし、12月に余裕があればあと1回くらい来たいな。展示リストを見るとこれってどんなんだっけ?というのがいくつかあるし、再確認のためにも…。

*会場内の様子は美術館公式サイトにもあります。
http://www.suntory.co.jp/culture/smt/gallery/index.html#scean
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  01:10 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2010'11.19 (Fri)

アール・ヌーヴォーとアール・デコのポスター展

先日まで堺市のアルフォンス・ミュシャ館で開催していた「アール・ヌーヴォーとアール・デコのポスター展」に行ってきた。
現在、堺市のミュシャコレクションは生誕150年記念展のため巡業中、ということで、ドイコレクションからミュシャ以外のポスター類を展示(ミュシャも少しだけあった)。近代ポスターの父、シェレから始まって、アールデコのポスターまで。展示数は約80点と控えめだけどなかなか楽しめた。
私は当然ミュシャが好きなんだけど、同時代のポスター画家もそれなりに好きで、でも個別のプロフィールまではなかなか知ることができなくて、それが少しでもわかるのは嬉しい。
グラッセとかドフールはミュシャに比べるとちょっと人物の造形がごつい。ちょっとラファエル前派に近いところがあるのかなあ。そういう美しさもあるのかなと思ったり。不思議の国のアリスのテニエルもそうだけど、一見怖いんだけど癖になる絵柄だ。
グラッセのカレンダーが12枚揃っていて感激。やっぱりこういうのはセットで見たいもの。しかし服装のどこかに星座マークがちりばめられているというのも可愛いんだか間抜けなんだか(笑)この人の全仕事も知りたいなあ。結構幅広い分野で活躍してたみたいなんだけど。確か日本のアールヌーヴォー展でこの人が作った装飾資料集みたいなのが展示されてたような。藤島武二ってよくミュシャの影響を取沙汰されるけどグラッセにも近いところがあるような。
ドフールは今回展示されてたのは比較的普通の絵だったかな。昔どこかの古書店か図書館で昔の展覧会のカタログを見たことがあるけど象徴主義でサイケな色使いが面白かった。この人は商業ポスターだけじゃなくて室内装飾画とかもやってたんだよね?アールヌーヴォー系の展覧会で見たような気がする。この人の描く人物はかっこいいんだよなあ。
ポールベルトンはミュシャっぽくもあり、もう少し優しい線で微妙な色調の絵を描く人。この人は印刷工程を自分で管理してその微妙な色調を出していたんだとか。実際に今まで見たことがある絵はだいたい色が薄くて褪せてるのか元々そうなのか判断に迷うところがあって、今もよくわからない。ただ色あせていたんだとしても、もともとそれほど濃い色合いは使ってなかったんだろうなとは思う。
スタンランの猫の絵はいつ見てもかわいい。そういえばスタンラン猫の傘を持ってたっけなあ。
最近よく買ってるアールヌーヴォーのカレンダーで見てた名前でルイスジョンリードの絵も展示されてて、彼がイギリス出身でフランスで学んでアメリカで活躍した人ということを知った。彼がアールヌーヴォーをアメリカに広めたということも。そして、この人が60年代サイケのインスピレーション?確かによく見ると色使いはそれっぽいところがあるかも。
同じ並びで雑誌の表紙や宣伝をまとめて展示。英語の文章ならある程度読めるのでぱっと目に付いたのを読んだら面白かった。「内容が盛りだくさんでたったの○円!」とか(貨幣単位は忘れた。1シリングだっけな?)当たり前だけど普通の広告なんだよなあと。
アールデコの三銃士という呼び名は初めて聞いたかも。聞いたことあったとしても記憶に残ってなかった。コラン、ルーポ、カルリュ、カッサンドル、ってカッサンドルしか知らないし。
アールヌーヴォーとアールデコの違いとして、アールヌーヴォーは商品によってもたらされる利便性や幸福感を見せているのに対してアールデコは商品そのものをクローズアップしてるとか、旅行だったらヌーヴォーが旅行先の行楽のイメージをあらわすのに対してデコは乗り物そのものを描くことでその便利さ高速さをあらわしてるというのがなるほどーと面白かった。ヌーヴォーはのんびりで暗示的、デコはスピーディーで即物的。時代を反映してるってことかな。時代のスピード感が増すにつれて広告はインパクト勝負になっていく、みたいな。
ちょっと前にテレビでポスター特集をやってて(新日曜美術館だっけ?忘れた…)そこでも似たようなことを言っていたような。でもそれが具体的に示されてなるほど納得。
(たぶん)デュパという人の絵があって肌の感じが陶器っぽいというところでフジタっぽいなーと思ったら、隣にフジタのポスターがあってびっくり。あらこんなところに…。こちらはもう少しすっとした線で描かれてたけど。
最後の方にはファッションプレートも。軽くファッション解説もあった。バルビエとかルパープとかいいよねえ。
てな感じで、全84点という数以上に楽しめた企画展でした。
さて、次の企画展は…。ミュシャの制作の秘密!これは面白そうだ。これは会期末ぎりぎりじゃなくて早めに行きたいな。
http://www.sakai-bunshin.com/mucha.php
そういえば全国巡業の生誕150年展はひとまず一段落。このあと2月までの間は出張してたコレクションは堺に戻ってくるんだろうか?

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  01:17 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2010'11.08 (Mon)

Penにミュシャ

Pen(ペン)という雑誌の11/15号で「ポスター作家の仕事」という特集が組まれてます。
B00474KLG8Pen (ペン) 2010年 11/15号 [雑誌]
阪急コミュニケーションズ 2010-11-01

by G-Tools

サントリーミュージアム天保山で11/13から開催される最後の展覧会「ポスター天国」と連携した全24ページの特集になってます。
最初にどーんとロートレックとミュシャとカッサンドルが各4ページずつ取り上げられてて、その後、色んな国や時代のポスターの特徴などを取り上げて、ポスターの世紀を振り返る内容。さすがに天保山と連携してるだけあって内容は充実してます。ちょっとシェレ度が低すぎる気もしないでもないけど、ボリュームを考えたらしょうがないのかな。フランスだけでなく他の国ではどうだったか、19世紀末~20世紀初頭だけでなく、20世紀後半にも触れられてたし、ページ数のわりに幅広くて新鮮な内容もあって楽しく読めた。できればそこからさらに突っ込んで個別の国や時代やジャンルに深入りしたいんだけどなー。まあそれは私の個人的な欲求とういことで。
この雑誌は11/15に次の号が発売なので、欲しい人は本屋へ急げ!よっぽど人気の特集じゃない限り、バックナンバーが入手可能なので、少しくらいなら出遅れた人もなんとかなるかも?(あんまり時間が経ちすぎてたらダメだろうけど)

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  22:46 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2010'11.01 (Mon)

高島屋百華展、ブリューゲル展

「京都日本画の誕生」の次は同じ館内で開催中の「高島屋百華展-近代美術の歩みとともに」へ。
展覧会名を目にした段階では気づいてなかったんだけどこれって百華展=ひゃっかてん=百貨店なんだよね?
昔は百貨店(デパート)と美術って密接な繋がりがあったんだよなあ。たとえばポスターだったり、呉服のデザインだったり、インテリアとしての絵画だったり。今でも美術館的なスペースを持ったデパートはあるけど、画廊を持ってたりもするけど、実際にどこまで機能してるのかなあ。
さて、展覧会の方はなかなか楽しかった。
最初に富岡鉄斎がたくさんあった。川端龍子を見るのは久々のような。横山大観と下村観山の競作は面白かったな。他にも大観は幾つかあったっけ。東山魁夷の小品もきれい。
北野恒富、神坂雪佳の高島屋ポスターは素敵。北野恒富のポスターは今までに何度か見てる。かわいいよなー。神坂雪佳のポスターは初めて見るような。ミュシャ風な平安美人だった。
刺繍がすごかった!画家の描いた絵をもとに刺繍や織物に仕立ててたらしい。原画の上に直接刺繍したりもしたとか。贅沢な…。工芸では壷とか皿とかがあったっけ。名前忘れたけど民芸の人のとか。着物(振袖?)のデザインが面白かった。レトロモダンなデザインから比較的最近の洋風柄までいろいろ。
画家の絵を元にした扇子が面白かった。薔薇コレクションが素敵。高島屋と言えばバラだもんねー。
最後の方に高島屋のマスコットキャラみたいなのがいたけど、今までその存在を知らなかったなー。
閉館までの余った30分ほどでプチ所蔵品展、「画家たちのヨーロッパ -浅井忠・太田喜二郎とその系譜」を見た。しかし一週間たってほとんど記憶が…
展示品リストがなかったんだけど、細かく書いててくれる人がいたので勝手にURL置いちゃいます。
http://nekonokuni.seesaa.net/article/166376743.html

そして、えきKYOTOに移動して、「ベルギー王立図書館所蔵 ブリューゲル版画の世界」へ。
版画好きなのでとりあえず行っておこうかと思って突撃。こちら、展示数がかなり多くて、でも時間がなくて(最近そればっか)少々駆け足気味に鑑賞。ブリューゲルだけじゃなくて周辺作家の絵もちらほら。ブリューゲルの追従者みたいな位置づけで紹介されてる人や、同じようなモチーフを違う表現で描いている人が一緒に展示されてて、ブリューゲルの個性を説明するいい材料になってた。
ブリューゲルの原画(と呼ぶのか?手書きの下絵みたいなもん)が何枚か展示されてて、なかなか興味深かった。私は版画の版画らしいタッチが好きなんだけど(今回は主に銅版画だった)、鉛筆みたいなので書かれた絵だとやっぱりちょっと雰囲気が軽くなるなー。それぞれに良さがあるとは思うけど。版画になる過程で色々と手を加えられることもあるらしいけど、誰の意思でそうなったのかな。検閲とか自主規制とか心変わりとか可能性は幾つかあるのかなーと思うんだけど。
ボッシュのことをある程度知ってるのが前提なのかなーという解説がちょっと目に付いた。そういやボッシュって一応なんとなく知ってるけどきちんと見たことはないんじゃないかなー。
ある作品のところで化け物描きたさにその題材を選んだんじゃないかとかいう解説に笑った。
時間がなかったこともあって、解説を読んでじっくり絵を眺めることがあまりできなかったので、図録を買ってきた。読む時間があるのかどうかは謎。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  00:10 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ
 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。