2011年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2011'05.17 (Tue)

カンディンスキーと青騎士展

兵庫県立美術館で開催中の「カンディンスキーと青騎士」展に行ってきた。
電車の中や駅で絶賛宣伝中。車内の吊り広告に「前売り券は4/25まで」とあって、ちょっと残念な気持ちに。関西では前売り券を会期中もずっと売ってるのが普通なのに、なんで?(割引券は会期中にも配布してる。)けちくさいなあ。私は事前に買ったからいいんだけどさ。でも美術館の近くのコンビニでチケット発売中!ってやってたのはなんだったんだろうな。
さて、わたくしカンディンスキーは特に好きというわけでもない。版画好きとして、カンディンスキーの版画作品にちょっと好きなのはあるけど。それでも見に行った理由は「青騎士」というキーワードに惹かれたから。その時代の空気を感じられるかもしれないという期待があったから。私の趣味は世紀末フランス中心で、ドイツにはあまり詳しくないんだけど、その時代の日本はドイツにも結構影響を受けてるはずなので、そういった興味の延長線上にあるかなと。
「青騎士」というのは1911~1914年くらいの短い間の活動で、この展覧会はその少し前の時代から、少し後の時代まで扱っていた。
最初に序章として、レンバッハとシュトゥックの絵が少し。正直なところここが一番楽しかったかも(笑)だってシュトゥック好きなんだもんー。額縁までかわいくて、来てよかったなー。(序章でその感想は気が早い)
そして真打登場。第1章は1901~1907のカンディンスキーとその周辺。ミュンターという人といい仲になってどうたらって話があった。ここに展覧会のポスターにも使われている「花嫁」の絵があった。この辺は点描画とか筆触分割に近いものなのかな。見やすいのはこの辺かも。
第2章は1908~1910ごろ。青騎士の前夜。ヤウレンスキーとヴェレフキン登場。この辺から表現主義が顔を出す。フォービズム?フランツ・マルクとアウグスト・マッケも登場。表現主義の色ってゴーギャンとかあの辺の考え方に近いんだろうかということがちらっと頭を掠めた。
第3章が1911~1913。ここで抽象絵画の誕生となるらしい。「青騎士」の表紙にときめいた。フランツ・マルクの「虎」が!これいいよなー。牛の絵もかわいかった。でもマルクさんはこの後すぐに第1次世界大戦の戦場に赴き戦死してしまうらしい。残念。
その後、カンディンスキーは世間一般のイメージにあるような抽象画の作家になるわけですが、この展覧会はその方向性が見え始めたところで終わり。続きは別のところでどうぞって感じか。
年表を見ていたら、第1次世界大戦の頃に別れてしまうカンディンスキーとミュンターさんですが、その後あっさり若い子と結婚してるカンディンスキーに、なんだかなーな思いを抱いてしまった。どうでもいいっちゃーどうでもいいことなんだけど。ミュンターは戦時下のドイツに残って大事に仲間たちの作品を守り続けたってのにさ。(カンディンスキーがその後苦労したのかどうかは知らないけどね)
そういえばシェーンベルクの名前が出てたけど、シェーンベルクといえばガーシュイン!私はガーシュインの大ファンなんだけど、たしかシェーンベルクはアメリカに亡命したんだっけ?そこでガーシュインと親しくなってテニス仲間だったとかなんとかって話を聞いたことがある。音楽はよく知らないんだけど、面白いのかな。
絵以外に写真や資料もたくさん展示してあって(絵が少ない分、それで間を持たせてたのかも)カンディンスキー周辺の人間関係とかいろいろわかって面白かった。猫を抱くカンディンスキーに萌えた。
夜間開館日の夕方に行ったんだけど、会場はガラ空き。会場内を行ったりきたりすると悪目立ちしそうでなんとなく監視員の人の目が気になってしまう…。グッズ売り場でもあんまりうろうろしすぎるのは気が引けるし(笑)。商品を物色していたら、展覧会特製ポストカード以外に輸入ポストカードもあって、マルクが気に入った私はマルクのを全部買ってしまった。全部といっても5枚くらいしかなかったけど。カンディンスキーは当然のこと、クレーがやたら多かった気が…。複製版画もクレーが並んでたしな。あれ?展示会場にクレーはあるにはあったけど1枚だけだよね?クレーって人気あるよね。そういえば京都のクレー展も行こうか悩んだけど結局行かずに終わってしまった。私はクレーはそれほど熱心に見たい派ではないんだけど、この青騎士との繋がりもあるから興味はあったのに。
図録は買わなかったけど、シュトゥックのページだけ一応確認。お、ちゃんと額縁のことにも言及してる。額縁の雰囲気からして結構古いもので、もしかしたらシュトゥック自身の額装だったりして?と思ったんだけど、そこまでちゃんと読まなかったけど、額縁にも意味を持たせてるっぽいようなことが書いてあったような…。
タッシェンの本で青騎士のが置いてあって、マルクがそこそこ載ってたので図録の代わりに買った。小さめの本だし、かさばらないからいいよね。マルクの絵をもっと見たいなー。
4887834101青騎士 (ニューベーシック)
ハーヨ・デュヒティング
タッシェン・ジャパン 2010-10-14

by G-Tools

さて、青騎士展の方はボリュームはそれほどでもなかったけど、ここの常設展示は毎度の事ながら充実しまくり。時間があるときはなるべく見るようにしてる。今はコレクション展をやっている。
常設なので見たことある絵もたくさんなんだけど、ときどき新しい発見もあるからね。いつもの小磯良平や金山平三に軽く挨拶をしつつ、その奥の展示室へ。常設展示室って1階から見るのが正しい順番なのかな?いつも3階の企画展示を見た後に2階から見てるんだけど、最後に1階に行ってあれ?と思うことが多い。そもそもこの会場はバリアフリーに反しまくって非常に使いにくい。せっかくエレベーターがあっても展示会場入り口までぐるっと回らないと行けないし、コンクリート打ちっぱなしの階段は疲れるし。だから3階→1階→2階という経路で回ろうという気になれない…。
今までに何度も見てる洋画や日本画が並ぶ。何度か見てるとはいえいまだに名前と顔が一致しない人が多くて、最近読んでる日本の近代美術の本に出てきた名前だなーとか思いつつ眺めてた。洋画の方が見覚えがあるのが多いかな?日本画は覚えてないだけなのかもしれないけど新鮮に感じるものが多かった。岡本神草の海のシリーズが楽しい。神戸港ってそういうイメージなのか。今回は丸投三代吉という人が面白かったな。春夏秋冬というタイトルのが1枚あっただけだったけど、どの辺が春夏秋冬なのか謎。とくに四季で分けてるわけじゃなくて四季ごちゃまぜ状態だったんだろうか?猫がいっぱい。他の動物もいっぱい。植物もいっぱい。
1階の展示室に移動すると、こちらは展示室ごとにテーマ展示。現代アートはよくわからんのも多いけど、わからなくてもなんとなく見てて楽しいと感じるものを楽しむ。版画好きとしては最後の版画コーナーが楽しかったな。エッチングからシルクスクリーンまでなんでも好き。理屈抜きで好き。あ、でもジョン・ケージはよくわからんな…。デッサン研究室コーナーも面白かった。小出楢重のスケッチが楽しい。菅井汲のカドミウム・レッド3-4は実物も面白いけど、パンフレットに印刷されたのを見てなんだか凄くポップだなーと思った。逆に吉原治良の作品(筆で書いたみたいなやつ)はパンフレットに小さく印刷されちゃうとぱっとしない。具体のコーナーは楽しいんだけど、作品名が内容と一致しない(わかりにくい)ので展示品リストを見てもどんなんだったかわからなくて困るわ。
コレクション展は前記後期で展示替えがあるらしい。私が見たのは前期。後期にも気になる絵はあるんだけど、会期末までにもう1回これだけのために来るのも億劫だなあ。
コレクションは西洋の作品もありつつも、基本は日本の近現代の作品なので、その辺に興味のある自分にとっては軽く見るだけでも面白いし、少しずつ馴染んでいくのも楽しい。親近感を持つのって作品を楽しむためには重要かなーと思う。それが無理せず楽しみながらできたらいいなと。「勉強」っていうと大げさだけど、そういう形で自分たちの過去を知ったり、歴史に興味を持ったり、というのが美術館へ行く楽しみだなと、自分の場合は思う。
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  00:50 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2011'05.16 (Mon)

陶酔のパリ・モンマルトル

伊丹市立美術館で開催中の「陶酔のパリ・モンマルトル 1880-1910 展 ~シャ・ノワール(黒猫)をめぐるキャバレー文化と芸術家たち~」展に行ってきた。(詳細はプレスリリースのpdfファイルをどうぞ)
19世紀末パリが好きな私にはうってつけの展覧会。大衆文化に焦点を当てた内容で、モンマルトル、シャノワール、キャバレー文化、というキーワードがとっても楽しそう。
印象派とかアールヌーヴォーのパリも楽しいけど、もう少し俗世間に近い目線で見るパリというのもなかなか興味深いです。伊丹市立美術館といえば風刺画コレクションで有名だけど、今回はそういったコレクションは控えめ。
シャノワールといえばスタンランのポスター、あとはアリスティドブリュアンの活躍したカフェ、というくらいの知識しかなかったので、今回初めて知ることがいっぱい。アンコエランとかイドロパットとかフュミスムといった見慣れないカタカナがキャプションに並んでるのを見てるうちに眩暈がしてきた(笑)
ひとまず章立てを大雑把に紹介。
第1章:キャバレー「シャ・ノワール」とアンコエラン派
ここがメイン?というくらいのボリューム。
第2章:サーカス
箸休め的に。
第3章:カフェ、カフェ・コンセール、公演
ここが一番華やかかも。ボリュームもたっぷり。
第4章:前衛演劇とナビ派
20世紀に繋がるあれこれ。
第5章:象徴主義
これはおまけくらいの分量かな?

まずはシャノワールのはじまりから。
シャノワールの売りは風刺とユーモア。カフェだけでなく新聞も出していて、前衛的な芸術・文学の活動拠点になっていたとか。シャノワールには第1期(1881~1885)、第2期(1885~1897)があって、前衛的だったのは第1期なのかな?第2期には商業主義的な傾向が強まって、初期の常連メンバーは離れてしまったとかあった。その第2期に流行ったのが影絵芝居らしい。この影絵芝居は象徴主義とも関連が深く、ナビ派やシュルレアリスムに繋がっていったとか。
メリエスの月世界旅行にシャノワールが影響を与えていた?というエピソードに、へー。
シャノワールにヴィレットが深く関わってたのは初耳かな?店内装飾画とか面白かった。スタンランもかなり深く関わってたんだね。スタンランのシャノワールのポスターは有名だけど、三日月に乗る猫の看板のデザインもしてたとか。スタンランのポスターは幾つか知ってるけど、それ以外の活動にも興味あるんだよな。あちこちの展覧会で断片的に見て、社会派の画家、挿絵やポスターで活躍、という程度の知識しかない。もう一人、深く関わってた人がアンリ・リヴィエール。この人は後でたっぷり出てくる。サティもシャノワールと関連が深いみたい。この時代の音楽方面はまだまだ疎いので、そのうちもう少し親しめたらいいなーと思う(思うだけでなかなか手が出せていない)。ちなみに第2期の看板(太陽を背負った猫)はウジェーヌ・グラッセのデザインだとか。それにもへー。
影絵の亜鉛板が面白かった。影がはっきり見えるような展示のしかたがされてなくて残念だったけど(よくわかるようにしてたのはひとつだけかな?)、スクリーンに投影しないとわかんない部分もあるのかな?
影絵芝居の再現は時間が無くて少ししか見てない。リヴィエールが絵を描いていたんだけど、この人のことを軽く調べてみたら2009年に回顧展があったんだ…。いいなー。なんとなくどこかで見たことある気もするけど、どうなんだろ(この手の展覧会ばっか行ってるからどれがどれやら…)。浮世絵に影響を受けているとかで、そういわれてみるとそんな感じだったかなあ。日本の神々を描いた影絵芝居の1枚はとっても怪しかったけど。日本のイメージって一体…。(影絵芝居についてのサイト。フランス語)
ジャポニズムはあちこちに散見された。これも見慣れてくると無意識にスルーしてしまうんだけど、よく見ると変だよなー。
当時の雑誌か書籍といった資料展示を見ながら、20世紀美術の先駆け的な前衛はこのとき既にあったんだなあと思ったり。(1980年代ごろ)
次のコーナーはシャノワールからちょっと離れて、サーカスにまつわるあれこれ。サーカスを題材にした絵がこの時代に多いけど(20世紀に入ってからもピカソを初めとして取り上げてる人がたくさんいるよね)何故なんだろうなあ。解説読んだら少しは理解できるかな。
イベルスという人の絵がたくさんあった。ナビ派らしいけど、輪郭の捉え方が面白いなと思った。
次がカフェ、カフェ・コンセールのコーナー。踊り子とか芸人の姿を描いた絵が続く。ここでもイベルスが沢山出てきて面白かった。当時はロートレックより有名だったとか。
ルイ・ルグランって人の絵がたくさんあったんだけど、ちょっとルノワールにも似た雰囲気の絵を描く人だった。なかなかよかったんだけどあまり有名ではない人なのだろうか。記憶にない。
さらに華やかなポスターが並ぶ。シェレとかムニエとかいいよねー。カフェとか劇場のカタログ(パンフレットみたいなもん?)が並んでて、作家は不詳(無名の誰か)だけどいかにも誰々風(シェレとかミュシャとか)なイラストで楽しかった。
今回は個人蔵が多いようで、ロートレックとかシェレとかアールヌーヴォーでおなじみの名前もあったけど、いつものね~な感じもありつつも、ちょっと違った雰囲気のもあって楽しかった。特にロートレックは見飽きてる部分もあるんだけど、今回は見たことないロートレックが見れたのはよかった。(そういうのはだいたい個人蔵)
ロートレック関連の展示を見てたら必ず出てくるアリスティド・ブリュアンは今回も当然のごとく出ていて、芸風の説明もあるんだけど具体的にどんなだったのかが気になる。毒舌芸みたいなもんなんだろうか…。
次にナビ派と前衛芸術のコーナーが。ボナールとかヴュイヤールとかセリュジエとか、おなじみの名前なんだけど「前衛」だからなのかいろんな意味で凄い絵で、えーこれをあの人がー?的な感想。ロートレックもあったけどあまり見たことない感じの絵で面白かった。ドニの絵が凄くかわいかった。ドニいいよなー。
最後に象徴主義のコーナーが。ド・フール、ベルナールくらいしかはっきりわかる名前はなかったけど、エリザベート・ソンレルという人の絵が装飾的でよかったし、シャルル・ギユーという人の絵が幻想的で素敵だった。
影絵芝居「象」の再現があったけど、面白いの?なんだかびみょー。これがフュミスムというやつなのか。他に映像資料として影絵芝居2本と、ロイフラーのダンスの再現はちらっと見たけど(時間が足りないので全編は見れなかった)、ジョルジュ・メリエスの「月世界旅行」はどこでやってたんだろ?気づかなかった…。
こうやって19世紀末パリに関する展覧会を色々見ていると、同じ時代、同じ都市であっても、色んな顔を持っているんだなーと感じる。ミュシャやサラベルナールの時代と同じはずなのに全然違う。もちろん多少の共通点はあるけど。ミュシャは象徴主義に傾倒していたという話以外では、今回の展覧会で扱っていた内容と縁があったという話を聞かないんだけど(私が知らないだけ?)、パリやイギリスで生まれ育ったわけではなくモラヴィアの田舎育ちのミュシャにとって、パリの出来事はあくまで自分の領地ではない他所の話で、その都市の政治や社会的な活動に積極的に参加するという気分はあまりなかったのかなあと勝手に想像している。晩年は祖国に戻って愛国的な活動に専念してて、表現主義(用語としては間違ってる)的なところはないよね。その辺がなんとなくその辺の西ヨーロッパの芸術家とは違うところなのかなあと思う。お国のために…というのはチェコのお国柄なのかも?国の歴史的にも苦難の連続だったみたいだし。個人主義より全体主義みたいな。実際のところ、あまりおおっぴらに言われていないだけで、ミュシャにも個人的な表現に対する野心があったのかも知れないけど、その辺はよくわかりません。(うちにある本のどこかに書いてあったりして…灯台下暗しはよくあるパターン)

展覧会特製グッズはどこまでがそうだったのかよくわからなかったけど、猫グッズが色々あった。シャノワールの看板をモチーフにしたグッズを作ってくれてたらなあ。似たような雰囲気のものはあったけど、そのものがなかったのが残念。
図録を買ったら、展示されてなかったものが載ってるような…。忘れてるだけかな?今回は日本全国4箇所を巡回するらしい(伊丹、尾道、函館、八王子)ので、会場によって展示物が違うのかも。
ちなみにカタログはこんな感じ。可愛い♪
展示概要はこちら。
みどころ紹介ブログもあるよ。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  00:33 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ
 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。