2012年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2012'03.31 (Sat)

ビジュアル雑誌の明治・大正・昭和

国立国会図書館(関西)で開催していた「ビジュアル雑誌の明治・大正・昭和」展に行ってきた。
この企画展のことを知ったのは、印刷博物館のブログ経由でした。展示会場に、協力者として大きな字で印刷博物館の名前があって、そういうことだったのか!と納得。あと一人、個人名がトップに記載してあった。この2者が特に深く関わってるってことかな?
国立国会図書館って東京にあるのは知ってたけど、関西にもあったのね。いったいどこに?と思って調べたら、学研都市の辺りらしい。住所は京都府になってるけど、奈良との境目。
今回は展示のみを見て図書館はスルー。機会があればまた、図書館目当てに来てみたい気がするけど、どうだろう。どういう資料があるんだろうな?ぜひ見てみたい本とかがここにあるってわかったら、行きたくなるかも。
さて、お目当ての展示ですが、3部構成になっていて、さらに第2部は8章構成になっていて、雑誌の始まりから現在までを追う内容。転機となる出来事とか、ポイントポイントで説明パネルもあって、わかりやすい展示だった。会場面積はそれほど広くなかったんだけど、解説を全部読んで細部まで確認してると結構な時間を使う。結局2時間くらいいたんじゃないかなー。
入場無料でミニパンフレットももらえて、図書館月報や関連解説資料のコピーも貰えたので、交通費をかけて行った価値はある(といっても国立の施設だから金の出所は税金ってことになるんだろうけど)。資料はすべてウェブにpdfがアップされているので、読むだけならもともとタダなんだけど、紙の方が読みやすいから嬉しい。
私が行った日には展示担当職員さんによるフロアレクチャーがあって、開始時間には間に合わなかったけど、途中から聞いた。細かく色々説明してくれて楽しかった。レクチャー終了後、あらためて最初から見ていきました。
第1部は印刷技術の解説。今までにも色んなところで見てきてるのでなんとなくは知ってるんだけど、今回、実物をペン型ルーペ(あれ欲しい。家にある印刷物を眺め倒したい。どこで売ってるんだろ?)で見ることが出来て面白かった。オフセット印刷はすごくわかりやすいね。この企画展示のフライヤーがサンプルとして置いてあって、覗いてみたら点々がいっぱい!単色塗りつぶしに見えるところもドットになってる。
でも、グラビアと網目と三色版・原色版、オフセットの違いがわからない。網点で表現してるのはどれも一緒?ドットの大小で表現するのと、インキの量で表現するのとの違いが、サンプルを見ただけではぴんとこなかった。説明から判断するに、色の濃さは同じでドットの大きさが違うか、ドットの大きさは同じで色の濃さが違うか、なんだと思うけど。あと、オフセット印刷って、「オフセット」する以外は、三色版と同じような原理なのかな?
コロタイプも原理はわかったけど、実物を見てもいまひとつわからなかった。普通の距離で見たときに「連続階調を表現できる」という特徴は感じられるんだけど、拡大して見たときの特徴がわかりにくかった。自分の見方が悪かったのかなあ?ところで写真系の展覧会でときどき見かけるゼラチンシルバープリントってコロタイプと同系統の技法なんだろうか?
美術系でおなじみ、石版、銅版、木版あたりはわかりやすいんだけどな。
というか、それぞれの技術って視点が違うというか、グラビア印刷と網目写真とコロタイプは図像を版にどう写し取るかの技術だし、三色版はカラー印刷の技術だし、オフセットは印刷工程の技術だし、並べて語るのはちょっと違うのかも?と、今になって感じた。
第2部で本格的に雑誌の歴史が紹介される。と、続けて書こうとしたけど、展示数以上に情報が膨大だったので、細かく感想を書いているときりがないのでメモがてらに散漫に書いてみる。
とりあえずこれを読めばだいたいのことはわかる。
http://www.ndl.go.jp/jp/event/exhibitions/visual_kaisetsu.pdf
絵がないので、見てない人にはわかりにくいかもしれないけど、見た後で思い出すには最適。(むしろ思い出しすぎて書きたいことが増えて大変かも…)

この展覧会は美術館でもなく、博物館でもなく、図書館の企画展示なので、美術系の雑誌は一応取り上げられてはいるけど、ほんの一部。
その中で、これは!と思ったのは、橋口五葉の有名なポスター画が表紙の三越の宣伝誌。このくらいのサイズだったら手元に欲しいかも…。ってそう簡単に手に入るものなのか知らないけど。石版30度刷りって!手間かけてるなー。あの頃の美人画への熱意はすごいと思う。たしか北野恒富のポスターから色版を再現(推測)したものを昔見たけど、あれも20~30色くらいあった気がする。
展示の主旨とはたぶん関係ないところで、藤島武二を見つけてにんまり。明星の表紙と、濃尾地震のレポがあった。濃尾地震のやつは前にもどっかで見たような気がするけど、武二の絵ってことは認識してなかったかも。単に忘れてるだけかも。
杉浦非水のデザインもちらっと登場。
猪熊源一郎が構成を担当した写真が表紙の雑誌があった。昔は画家が構成を担当することが多かったとか?
浅井忠の水彩が載った雑誌もあったな。
絵葉書もちょこっと紹介されてた。
方寸って貴重な雑誌だったんだ。
会場を出たら「こぼれ話」コーナーがあって、恩地孝四郎デザインの表紙の雑誌があった。
同じコーナーにあった紙型も面白かったな。これもある種のオフセットだよなー。
以下、思いつくままに感想を。
災害や戦争が雑誌を発展させた、というけれど、印刷技術の場合、美人画も大きな役割を果たしていたはずだよね?雑誌の表紙だってきれいなおねーさんが多いし。たぶん写真だってそう。もっと言っちゃえば下ネタ系なんかもあると思うのよねー。戦後の写真雑誌にヌードネタがちょっとあったけど、もう少し前の時代で、外骨とかあってもいいのになーと思いながら見ていた。風刺系の雑誌は少しだけあった。美人画は雑誌というよりポスターとかそっち方面だから扱いが違うのかな?
下世話系大衆雑誌も多少は紹介されてたけど、下世話すぎるのは避けたのかな?なつかしのFOCUSがあった。あの表紙は結構かっこよかった気がする。
時折、見せたいページの反対のページに笑える広告が載ってて、ついそっちをじっくり見てしまったり。
もくじが面白かった。
昔は印刷の種類が書いてあるのが普通だった?
横書き文で、右からと左からが混在している雑誌があったり。
デザイン史と戦争の関係。昔はタブーっぽい雰囲気があったと聞いたことがあるけど、今はそうでもないのかな。
図版と文字の共存は、日本画の伝統では当たり前だったと思うんだけど、雑誌としては技術的に難しかった?導入されたのはだいぶ後になってからだったみたい。
グラフ誌の衰退。テレビの興隆と映画の衰退。ファッション誌の流れを見て、今の朝ドラを思い出したり。
同じ雑誌でも創刊当事と今とでは全然違うものもあれば、全然変わらないものもあったり。特に趣味系の雑誌は変わらない。そして鉄オタはオタクの元祖?
印刷技術と大衆文化がテーマだったけど、ここにさらに「写真」というキーワードも加わっていた印象。
絵が写真に取って代わられたように、紙メディアも今、デジタルメディアに取って代わられようとしている。
「複製」の概念が、大きく変わっているのが現在なのかな?
情報伝達の形も変わりつつある。
ファッション誌として、an・anが画期的だった、というのは知らなかったなー。non-noはその後追いだったとか。自分自身がその2誌とあまり縁がなかったというのもあるけど、(non-noは昔、親が買ってた気がするけどあんまり読んだ記憶がない。Elleは読んでたなー。自分自身で定期購入したファッション誌はない。単発で買うことはたまにあるけど。)
解説で、ファッション誌に星占いを載せたのはan・anが初めてだったとか。そこでふと疑問に思ったのは、「占い」っていつからポピュラーだったんだろ?ってこと。同会場にan・anよりも古い「なかよし」やら「マーガレット」やらの少女マンガ誌も展示されてて、その表紙を見たら星占いじゃなかったと思うけど「○○占い」というのがあったから、少女向けに占いってのは昔からポピュラーだったのかなと。
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  23:42 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2012'03.19 (Mon)

感じる服 考える服:東京ファッションの現在形

神戸ファッション美術館で開催中の「感じる服 考える服」展に行ってきた。
東京でも開催された展覧会の巡回なんだけど、展示内容は少し異なるらしいと聞いていて、東京のは見てないけど、多分この辺は独自の構成なんだろうなーと思う部分は確かにあった。
体験型の展覧会なので、もし万が一、ネタを先に知って面白みが半減するとよろしくないので、これから行くつもりの人は、続きを読むかどうか、考えてから次に進んでください。
(フライヤーに載ってる写真は東京会場のものか、イメージ写真のようで、実際の神戸の展示とは多少異なる。公式ブログではチラ見せ写真やこんなのあるよ!的な紹介をしてたりするけど、流し読みしていた私は新鮮な気持ちで見れた。)

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  00:48 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2012'03.18 (Sun)

アンリ・ル・シダネル展~薔薇と静寂な風景~

美術館えきKYOTOで開催中の「アンリ・ル・シダネル展」に行ってきた。
シダネルを知ったのは、もう2年も前になるのか、「ベルギー近代絵画のあゆみ」という展覧会を見に行ったとき。(それ以前にもどこかで目にしている可能性はある。意識していないだけで。たぶんそんな作家や作品は多い。)たまたま帰省中に近くでやってたからという理由で寄ってみた展覧会で、当時の感想は微妙だったけど、今思うと面白い展覧会だったなと思う。
そこで見た「黄昏の白い庭」という作品が印象に残って、それ以来シダネルの名前を見ると反応するようになった。1年くらい前になるのかな?ひろしま美術館に行ったときにシダネルの絵を見つけて喜んでたっけ。
今回はシダネルの絵をまとめれ見られるチャンスということで、いそいそと出かけていったわけですが、シダネルについてはほとんど知らない状態で行って、結局何がわかったのかは微妙なところ。
初期から晩年まで、シダネルの人生を追った展覧会にはなってたんだけど、あまり踏み込んだ解説じゃなかったような。シダネルの絵も自己主張が激しいタイプじゃないし、穏やかで、控えめで、ふわっとしたイメージだけを抱いて終わってしまった感じ。展示の順序のせいもあるのかな?だいたい時代順だけど、ときどきテーマでまとめてたり、という構成で、時代の流れが断絶してしまってた部分もあって、章ごとの解説はそれなりに詳しかったけど、ちょっとぼやけてしまった気がする。(あくまで個人的な感想)
シダネルは印象派っぽくもあるけどちょっと違うのは、昼間の光ではなく、昼と夜の間、夜と昼の間の光を追求していたところだとか。昼と夜の間というのは黄昏時ってことかな。夜と昼の間というのはどういう意味?明け方の絵ってあったっけなあ。月明かりの下の絵がいくつかあったから、そのあたりを指すのだろうか。そんなところが世紀末的?私が惹かれたのはそういうところかも。昼の光、夜の闇、といったはっきりした区分じゃなくて、中間的なところに幻想を感じる(光と闇の対比も好きだけどね)。晩年になると筆致が粗くなる(点描の細かさが大きい)と書かれてて、確かにそうだったなあ。
今回は、ひろしま美術館の絵は来てたけど、ベルギーのあの絵はなかった。もう一度見れたらうれしかったんだけどな。
象徴主義系の絵がもっとあるなら見てみたかった、人物画も見たかった。女性が数人、輪になって踊ってる絵を見て、青木繁を思い出した。
気に入ったのは「階段」という絵。パステルと、リトグラフ(ドローイング?)の2種類。ベルギーのあの絵を思い出した。「月明かりの庭」という絵も綺麗だった。バラがいっぱい。
参考:http://twilog.org/muchaholic/date-120310
「薔薇」がキーワードなのか、京都展のメインビジュアルはひろしま美術館所蔵の薔薇の絵で、会場入り口にもベンチに薔薇(造花)がセッティングされてたりした。シダネルとは全然関係ない薔薇グッズもいっぱい売ってた。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  15:26 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2012'03.04 (Sun)

ミュシャ関連図書が次々と(東京美術 他)

(3/18 追記あり)
最近ミュシャに関係する本が立て続けに出ております。こないだART BOXを紹介したばかりなのに…。
ちゃんと読んでから個別に紹介しようと思ってたけど、時間がかかりそうなので、とりあえずざっと概略紹介だけ。
まずは「ミュシャ作品集―パリから祖国モラヴィアへ」。
4808709465ミュシャ作品集―パリから祖国モラヴィアへ
千足 伸行
東京美術 2012-02

by G-Tools

東京美術といえば「すぐわかる」シリーズや「もっと知りたい」シリーズを出しているところ、といえばなじみのある人が多いかも。
ミュシャ本の執筆者としては島田紀夫さんに続いてよく見る名前の千足伸行さんが書いております。少し前に出たART BOXがミュシャ財団の本だったのに対して、今回のはドイ文化事業室が協力している。ここも2大勢力ですね(笑)。って、そんな大層なものじゃないんだけど、日本で開催されるミュシャ展はだいたいどっちかが深く関わってることが多いのでちょっと気にしてみました。
サブタイトルにあるように、ミュシャの生涯を追った内容。といっても文章量はそれほど多くなく、メインは絵かな?……なんだけど、肝心の画質がなー。セレクトはいいんだけど、画質があんまりよくない。妙にコントラストがきつくなってたり、階調が粗かったり。それでも、絵のサイズは大きめだし、数も多いし、スラヴ叙事詩もたくさん載ってるし、いいところもある。初期の絵も少しだけ載ってるしね。
一般に流通してる本の中では三省堂の「ミュシャ作品集」が自分の中では一番だけど、あれの難点は画質はいいけど絵が小さいことなので、それに対する補完的な意味合いでは、この本はいいのかも、と思う。絵のサイズや画質的には講談社の「レンドルコレクション」に近いかな。あれはポスター、装飾パネル中心だったのに対して、扱う範囲を広げたもの、みたいな。
まだ解説文をあまり読めてないので、そこに対してコメントはできないけど、読んだら感想を書くかも。
*追記*解説読みました。なかなか面白かった。ジスモンダは突然変異なのだろうか?その謎を解き明かしてくれる人は果たして現れるのだろうか。去年、堺で聞いた講演以来、「偶然」というキーワードには懐疑的になってしまう私なので、ミュシャ御本人が語る内容は話半分に聞いておいたほうがいいんじゃないかな。(3/18)

次は「画集」ではなく、文芸書。プラハにまつわるエッセイ?
4409510665複数形のプラハ
阿部 賢一
人文書院 2012-01-21

by G-Tools
これもまだ読んでないので感想どころか解説すら書けないんだけど、全7章あるうちの1章がミュシャに割かれている。目次を見て「読みたい!」と思ったのは、「同胞のスラヴ」について書かれていること。斜め読みしただけでも、ミュシャが晩年、チェコに戻ってからの受け止められ方とか、ミュシャの言葉の引用とか、興味深い内容がちらほら見えて、早く読まなきゃ!と思わされる。その章だけならそんなに長くないのでさっさと読んでしまいましょう。
*追記*この本のミュシャの章は、ユリイカおよびミュシャ生誕150年記念展覧会の図録に寄稿した文章を加筆修正したものだそうな。確かによく考えたら見たことある内容じゃないか(気づくの遅すぎ)。ただし、大幅に加筆修正されているので、上記2冊を持ってるなら読まなくていい、ということはないです(見比べました)。それに、1冊の本としてきちんと向き合うためにはミュシャ以外の章も読まなきゃ意味がないと思うし。(3/18)

上の2冊は既に購入済みであとは読むだけなんだけど、次のはまだ買ってない。
489013669X芸術家の家: 作品の生まれる場所
ジェラール=ジョルジュ ルメール ジャン=クロード アミエル G´erard‐Georges Lemaire
西村書店 2012-02-04

by G-Tools

ミュシャのお家も紹介されてます。本屋で手に取って見てみたんだけど、内容は面白そうだったけど、なにせハードカバーでちょっと大き目の本だったのでひるんでしまって…。そのうち物欲に襲われたら買うかもしれない。ということで、手元にないのであまり書くこともなく、存在だけ紹介して終わります。

テーマ : アート・デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  16:49 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ
 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。