2012年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2012'05.26 (Sat)

熊谷守一展 小さな画面に無限の世界

伊丹市立美術館で5/27まで開催の熊谷守一展に行ってきた。
熊谷守一は同郷のよしみもあるし、画風も好きなので、普段から気にしている画家です。
日本の近代美術に興味を持って色々見てると、その中で色んな流派というか、団体として活動してるしてないに関わらず、こんな運動、世間の流れ、潮流があって、こんな人たちが関わってて、みたいな繋がりが見えてきたりするんだけど、熊谷守一という人は、そういう中に名前が出てくるにもかかわらず、不思議とその中の一員という印象を抱くことがなくて、自分の中の位置づけもよくわからなかったりする。
その風貌からなのか、富岡鉄斎とダブって見えることがある。
去年だっけ、青木繁展があったときに、青木が一目置いてたり、手紙のやりとりをしてた相手として熊谷の名前が出てきて、青木と同時代人というのがすごく意外で、なんでそんな風に感じるのかな、という辺りが、今回の展覧会で少しわかった気がする。
ひとつは長生きしたことだろうね。若い頃は藤島武二に師事し、青木と同じ教室で学び、いかにも「明治の洋画」な絵も描いてたりする。その路線で進んでたら、たぶん違和感なく「その時代の人」と感じられただろうな。でも、熊谷自身にあまり「売る絵を描く」という欲がなくて、家の事情であまり絵に携わっていなかった時期もあったりして、本格的に独自の画風に目覚めるのが、50代も後半になってから、という辺りが、明治の画家という印象があまりない一因なのかな。
スタイルが固まった頃というのは、世間では前衛芸術なんかも盛んな時代だったと思うけど、それに近いところもあるとは思うけど、極端にアバンギャルドでもないし、かといってアカデミックとも遠いところにいるし、世間の動向とは一線を画してる、時代性がないことはないんだろうけど希薄?な印象がある。
描く対象が、静物画、風景画、人物画、どれにおいてもある程度抽象化されてて、あまりモデルの個性を出していないから、あまり時代を感じないことになるのかも。でもちゃんと特徴は掴んでるんだよなあ。猫好きとしてはポスターにもなってた猫の絵が可愛すぎて困る。
日本画や書に関しては、油彩画とはまったく異なるスタイルなので、上に書いたことがそのまま当てはまるわけではないかな。スタイルは違っても、対象を見る目というのは同じなので、絵から受ける印象は大きくは変わらない、かな。たぶん。(語れるほど得意分野じゃないので偉そうなことは言わないが吉)
ふと、その前の週に行った村山知義の生没年を見たら、ほとんど被ってるんだ。村山の方が20歳若いけど、没年は同じ。

会場は伊丹市立美術館と伊丹市立工芸センターの2会場ぶち抜きでした。展示作品数は約150点、一気に見るのは大変な気がするけど、明快な作品が多いからか、疲れることなく見れました。
実際に大量の作品をじっくり見てみて発見だったのが、平面的なんだけど、ただの平面じゃないってところかな。たとえば一色で塗りこめている部分も、筆の跡が残っていて、そこにリズムを感じたり。それと、輪郭線が、ただ輪郭を線で描いているわけじゃなくて塗り残しによるものだったり。キャンバス(画布)ではなく板に描いたものが多くて、板目が見えてたりするのが面白かった。
スタイルが定まってからも、少しずつ変化はしてるのね、という辺りがたくさんの作品を見ることで理解できた。それが大規模展覧会のいいところ。
熊谷の生涯というのも、今までそれほど詳しく調べたこともなかったのでよく知らなかったんだけど、複雑な生まれ育ちだったり、大人になってからもいろいろあったりしたんだなあと。
ヤキバノカエリという作品は、岐阜県美術館の所蔵品で、前に見たことがあったんだけど、あの絵の背景にそんなことがあったとは…。
数は少ないけど下図も展示されてて、作品はシンプルだけどあんなふうに構成を練ってから描いてるんだなと、当たり前かもしれないけど忘れがちなことを気づかせてくれた。
今まではなんとなく知ってる程度だった熊谷について、より深く知ることができて、いい展覧会でした。

グッズ売り場には何故か猫グッズがいっぱいあった(笑)いや、まあ、関係ないことはないけどさ。そういえば去年のシャノワール展でも似たような状況だったような。
リトグラフだかシルクスクリーンだかの複製画もあった。油彩画を版画にしてもなーと思いつつよく見ると意外と(失礼)いい出来だった。お値段はそれなりだし、買うつもりはないけど。
図録は迷ったけど、最近本を買いすぎて置く場所なくなりそうなので、今回はパス。でも別のハードカバーを買っちゃったんだけどね。図録よりは容積が小さいから…と言い訳しつつ、熊谷の評伝を。熊谷と周辺人物との関係なんかも書かれてるっぽかったので、熊谷の生きた時代に興味がある私にとっては面白そうな本かなと思って。しかし、いつ読めることやら。
4763009389無欲越え―熊谷守一評伝 (「美」の人物伝)
大川 公一
求龍堂 2009-11

by G-Tools

スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  15:47 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2012'05.26 (Sat)

すべての僕が沸騰する 村山知義の宇宙

もう終わって2週間経つけど、京都国立近代美術館で開催していた村山知義展に行ってきた。
村山知義のことはそれほど詳しいわけじゃないんだけど、去年だっけな?同じ京近美で竹久夢二(川西英コレクション)展を見に行ったのとちょっと関連があって、あの美術館が力を入れてるっぽいマヴォ周辺にも興味があるし、というようなはっきりしない動機で見に行った。
最終日の閉館間際という、やる気あるんかいなという状況で、駆け足で見たので、村山知義という人そのものについての理解が深まるには至らず。色んな活動をしてる人だから、その中ではグラフィックアートの世界が楽しいなあ、という感じ。マヴォ(雑誌?)をコピーしたファイルが置いてあって、見てて楽しかった。フリーダム過ぎるレイアウトだった。
映画だか舞台だかのポスターも面白かったし、本の装丁もあったかな?挿絵もあったような…。ご本人の書いた本もあれば、他の人の本もあったり、ともかくいろいろあったなあ。
序盤の表現主義というのかキュビズムっぽい構成とか青騎士とかその流れを汲むような辺りは、ご本人の作品があまり残っていないというのもあって、周辺作家の作品が多かったけど、それだけで小さな展覧会ができそうとか思ってしまった。誰のなんて絵だったか忘れちゃったけど、動物の絵だった気がするけどひとついいなと思った絵があった。(そういえば今回は作品リストが置いてなかった。最終日で切らしてたのか最初からなかったのか…)
女装と言うべきか、中性的な扮装と言うべきか…な格好で踊ってる写真は謎だったなあ。舞台芸術や建築あたりももう少し深く見てみたかったかなあ。
終盤に子供向けの絵本とかアニメーションとかの展示があったり、最後に岸田隆盛的リアル描写な肖像画とかもあったけど、時間的な問題もあってさらっと流し見。

この美術館に来たら、コレクション展も見なきゃ損!ってことで、企画展の時間を削ってでも見てきました。行って正解。
企画展がらみで同時代の前衛作家の作品コーナーがあった。ここがよくてですねー。前田藤四郎はいつかこの人をメインにした展覧会見たいなあ。恩地孝四郎もあったし、三岸好太郎もあったし、他にもいろいろ楽しかった。
いつもの季節もの作品の展示もよかった。近代洋画の名品も並んでて、藤島武二が見れてほくほく。
でも何より嬉しかったのは菅野聖子が見れたことかな。この人の作品は、確か大阪市立近代美術館(仮称)準備室(だっけ?正式名称をすぐ忘れる)だったか、国立国際美術館だったか、その辺りで知って、幾何学的な線が見ていて気持ちいいから好きなんだけど、今回もそんな線の作品が見られて楽しかった。
ってな感じで、毎度のことながら、もう少し余裕を持って見に行こうよ…という鑑賞でございました。でも楽しかった!

企画展の図録は迷ったけど、積読が溜まりすぎてるので控えた。とか言いつつ、別の本は買っちゃったんだけど。
4434002147境界の美術史―「美術」形成史ノート
北沢 憲昭
ブリュッケ 2000-06

by G-Tools


そして帰り道は古書店をうろうろして、幾つか気になってた本をゲット。最近の関心は、美術って何?ってところと、初期洋風画とかその周辺事情でございます。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  14:10 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ
 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。