2012年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2012'10.28 (Sun)

近代洋画の開拓者 高橋由一

京都国立近代美術館で開催していた高橋由一展に行ってきた。(また感想仕上げるのに時間がかかった。)
チケットをもぎってもらうと正面に花魁がどーん。そういえば、この人と初めて出会ったのもこの会場だったっけなあ。あのときは濃いなーと思ったけど、久々に見たら、案外可愛かった。あの衣装がどうなってるのかが気になる。刺繍入りの豪華な打掛?
由一といえば写実を目指した油彩画なわけですが、それ以前の絵も色々と。その中では博物画的なものが面白かったな。魚の絵。猫も可愛い。
年期の不明なものもあるし、自分の中でまだ時系列が頭に入ってないせいもあるし、そもそも由一がどういう立場でどういう人に向けて絵を制作していたかを理解してないせいもあって、どう見たらいいのかよくわからない部分があった。
頭の中で年表が出来てないのであれなんだけど、フォンタネージに学んだり、浅井忠辺りとも接点があったり、洋画排斥の時代も経験してたり、その世代の人だったのか、と今更思ったり。ヒポクラテス像の模写があって、石川大浪に繋がってたり、司馬江漢の影響やら、広重の影響やら、写真を元に描いていたとか、そういう背景を改めて確認できたのがよかった。
油彩画の中でも、静物画以外のもの(肖像画とか風景画とか)は、割と普通というか、ふーんという感じで終わってしまう。
やっぱり由一といえばこれでしょ!なこんぴらさんコレクションは巡回地ごとに展示替えらしく、京都会場に展示されないものがパネル展示されてた。ちょっと残念だけど、しょうがないか。このコレクションは、由一がこんぴらさんに寄贈したとか書いてあったっけな。
鮭3匹もどーん。それぞれサイズが違うんだなあ。
終盤にスケッチ的な作品群がたくさん展示されていた。由一も洋画受難の時代に生きていたようで、その時期に洋画の利点をアピールするために請けた仕事だとか何とか解説にあったような…(うろ覚え)
明治初期の洋画を見ていると、静物に対する写実と、風景に対する写実の距離感みたいなものを感じる。当時の人にとってはどちらも新鮮な表現だったんだろうけど、遠近法や陰影法?に慣れきった自分には、風景画とか肖像画はあんまり面白くないというか。でも、何故か静物画は面白い。これは一体何なのか。
で、この展覧会とは直接関係ないんだけど、ここのところ興味を持っている、秋田蘭画の本(至文堂「日本の美術」シリーズ)を読んでいて、平賀源内から小野田直武、佐竹曙山との繋がりがあって、司馬江漢は佐竹曙山と合作していて、由一は司馬江漢を尊敬していて、と繋がっていくことを知って、面白いなあと感じている。
江戸時代には、いわゆる洋風画とは違うところで写実的な技法というのが入ってきていて、沈南蘋とか蘇州木版画あたりが影響源らしい。そっちは日本画の系列で、丸山応挙とかに繋がっていくらしい。こっちの系列で宋紫石という人の絵を神戸市の博物館で見たことがあって、秋田蘭画あたりと並んで展示されてたから、ちょっと気になっている。

そして、コレクション展も。
写真特集では、エドワード・ウェストンを中心に、って感じで、いつものアンセル・アダムスとかあって、いいよねーと思いつつ見てたら、ウィン・バロックが!その昔、大丸で見て以来ファンなんだけど、写真集も出てないし(むかーし出たらしい洋書は検索で引っかかったけど、今気軽に手に入るものはない)、そもそもオリジナルプリントでないと出ない部分もあるだろうし、こうやって実物を見る機会はとっても嬉しい。
田村宗立の特集コーナーが楽しかった。リーフレットが4つ折で、開くとA2サイズになる。そこにどーんと洋童図が。裏面にもしっかりとした解説つき。力が入ってるなー。ここは国立の美術館だけど、「京都」ならではのプライドというか、アピールというか、そういうのを感じる。京都って良くも悪くもそういうところがあるよね。
由一に因んで、魚と肖像特集、とあったけど、大正時代のちょっと濃い目の女性画が揃ってた。魚の屏風絵も面白かった。
三尾公三のミニ特集もあった。こないだ岐阜で見たけど、京都とも縁のある人だったのねー。名古屋出身らしい。岐阜で見たときにたぶんFocusの表紙の人かな?と、思ってたらやっぱりそうだった。
そして、この日、帰り道に書店で「版画芸術」を見て、田中恭吉展のことを知るのでした。
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  22:13 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2012'10.10 (Wed)

ミュシャの質問箱と宇崎スミカズ

堺市文化館のアルフォンス・ミュシャ館で開催中の「ミュシャの質問箱」展と、与謝野晶子文芸館の宇崎スミカズ展(後者は既に終わってる。9/9までだった。)へ行ってきた。両者は同じ建物内にある。

宇崎スミカズ(純一)という人のことは全然知らなかったんだけど、ふとこの展覧会の情報を見かけたときに、面白そうだなあと思って、久々にミュシャ館にも行きたいし、ということで見てみることに。
ぱっと見は夢二っぽい女性や子供の絵。ほぼ同時代に活躍した人らしい。大阪を拠点に、弟が書店経営をしていて、そこから本を出したりもしていたらしい。
スミカズカードってのが可愛かったなあ。絵葉書と考えていいんだろうか。ガラスケース内の壁いっぱいに貼ってあった。
「花と花言葉」って本だったかな、中身がコピーだけど展示されていて、内容が可愛かった。絵手本もおもしろかった。
夢二との比較ってほどでもないけど、たまたま同じ雑誌に同時に掲載されたこともあったとかで、そんな展示もあったり。夢二のことを語れるほど詳しくもないんだけど、まあ、方向性が違うってことで。
その他、常設展示的に、与謝野晶子ゆかりの品々も展示。そこに藤島武二がデザインした株券があって、反応してしまった。晶子の本の装丁もコピーだけどパネル展示されてて、たぶん全作品かな?その中にも武二の装丁が幾つかあって、いいよねーと思いつつ眺めてた。いつか武二を中心とした展示やってくれないかなー。

ミュシャ館は「ミュシャの質問箱」という企画。
面白かったのが、蛇のブレスレットの分解写真。裏側はこうなってる!みたいな。フーケのサインが入ってるとか、留め金はこんな風になってるとか、いろいろ興味深かった。
あと、ミュシャはジスモンダでデビューした後、数年間はポスターの仕事で忙しく、数年の間に何百枚(正確な数は忘れた)というデザインをしてるわけですが、それってほぼ週1くらいで1作仕上げてたのかなあ?私の計算が合ってるかどうかは怪しいけど。ともかく相当なスピードでこなしてたっぽい。
そんな中、まったく油彩画を制作することもなかったのに、ある日突然、大作「クオ・ヴァディス」を制作したそうな。その心境はいかに、というところが気になった。あの絵は見る限りは特に破綻もないけど、ブランクに対してどう対処したのかな。
百合の中の聖母の下絵は、ベルト・ド・ラランドに贈ったものらしい。「親愛なる~」みたいなメッセージ入りで。でもその頃には既にマルシュカと結婚しようとしてたんだよね。ベルトさんとの関係ってどんなだったんだろう…。
椿姫の舞台デザイン見てみたいなー。
「サラ・ベルナールの日」のメニューを見るとカステラを思い出してしまう。
ここで新たな事実を発見。あの映画のポスターってミュシャじゃなかったんだ!昔買ったミュシャの洋書に載ってたのに。たしかに言われてみればおかしいところはあるけどさ。ドイコレクションに入ってるのもびっくりだけど。
見終わったところで、通路にアンケートを書いたりするコーナーがあった。塗り絵とかも置いてある。そこに、アルフォンス・ミュシャ・ミュージアム・ニュースなるパンフレットみたいなのが置いてあった。過去1年の企画展の振り返りや、学芸員コラムなどで、全6ページ。Vol.1、2012年3月発行、とあった。年に1回発行予定なのかな?次の号も楽しみ。手に入れるためにはまめに通わないとな。
その机の上に、堺市の文化事業の研究発表誌(論文誌?)みたいなのがあって、ミュシャのこと書いてあるかな?と思ってめくってみたら、面白い話が載ってた。
土居さんのミュシャコレクションにまつわる話で、そもそものきっかけって?とか、ここまでのコレクションになった経緯とかが、推測も交えて書かれていた。土居さんは詳しい履歴は残してないのかな?土居さんといえばドイカメラの経営者なわけですが、カメラのコマーシャルに使うためにいい素材はないかという目でいろいろ見ているときに、ミュシャの絵でカメラを持ったものを見かけて気に入ったとかなんとか。たぶんそれが1960年代か70年代くらいの話だっけなあ?うろ覚えなので細かいところは違うかもしれないけど、だいたいそんな感じ。最初はミュシャという名前も知らずに、ただ気に入ったものを仕事で海外に行ったついでに買い集めてて、ある日、奥さんがそれを見てミュシャだと指摘したとか。
その後、ジリ・ミュシャと知り合って、そこから飛躍的にコレクションが充実したとか。その頃から美術館建設構想も出てきて、結果、今の堺のここがあるんだよね。だからさ、堺ももっとしっかりしろよ!(最近がんばってるとは思うけど、まだまだ知名度が…。)
ジリは晩年、病に苦しんでいて、そのための費用に当てて欲しいとの思いもあって、土居さんがジリのコレクションを相場よりも高く購入したといういい話も。そういえば展示室内に、ジリと一緒に写った写真もあったっけな。
土居さんは坂本繁二郎とも親しかったとか、日本の近代洋画も集めてたとか、へーな話がいろいろ。ちなみにミュシャのコレクションに的を絞ってからは手放したものも色々あるらしい。ここで、カメラというキーワードが引っかかってくるんだけど、カメラと美術の関係も深いものがあるので、そういう繋がりで画家との交流もあったのかなあと、そんなところが気になった。
あの冊子、コピーでいいから手元に欲しいわ。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  01:31 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2012'10.09 (Tue)

バーン=ジョーンズ展 英国19世紀末に咲いた華

兵庫県立美術館で開催中の、バーン=ジョーンズ展へ行ってきた。
モリス展やラファエル前派展みたいなのには何度か行ったことがあるので、バーン=ジョーンズも目にする機会はこれまでにもちょこちょこあった。
特に日本への影響(青木繁とか藤島武二あたりの時代)ってことでは、ロセッティと双璧をなしてるんじゃないかな?と勝手に思ってるんだけど、それがまとめて見られる機会があるならば、是非にということで行ったわけです。
一番見てみたい絵は階段の絵(正式タイトル忘れた)なんだけど、あれはよっぽどのことがないと来てくれないだろうなあ。
過去に見たラファエル前派展で、絵の中や絵のまわり(額縁の中)に文字が書かれていることが多いなあと感じていて、今回もそんなところに注目していた。英語だけど古い英語だからなのかすんなりとは読めないんだけど、雰囲気だけでも感じたくてがんばって読んでみたりしてた。
「鍛冶場のクピド」という絵があったんだけど、クピドはどこ?鍛冶場にしては薄着すぎる女子が鉄を扱ってたりするし。そういう突っ込みは無粋?
魔術師マーリンと女の人の絵が面白かった。背景を読んでから見ると、マーリン外道!と思っちゃう。そもそもマーリンってどういう扱いのキャラなんだろ?アーサー王伝説は断片的にしか知らないけど、ランスロットとグネヴィアだっけ?の道ならぬ恋と言えば聞こえはいいが…なエピソードとか、よくわからんお話だよなあ。
他にもいろいろ物語の一場面的な絵がいろいろあった。
クピドとプシュケの連作も面白かったな。この人の特徴として、1枚の絵の中に次元を超えて複数の場面を描くというのがあるらしく、たとえば移動前、移動中、移動後、みたいな3つの情景を1枚の絵に描いてる。これが私にはわかりにくかった。これがいいのかなあ…。
メデューサとペルセウスの絵でも、追いかけるメデューサの姉妹とペルセウスが近すぎて意味がわからなかったり。解説ではそのように描くことでより迫力が…とあったけど。
宣伝ポスターに使われてた「運命の車輪」は、トリミングされてたせいでいったいどういう絵なんだ?足蹴にされてる?と不思議だったんだけど、実物を見たら「運命の輪」ということでなるほど。こういう感覚はその昔ちょい不思議方面好きだった過去を持つ(笑)人間としてはすぐ入っていけた。
ピグマリオンは、英語タイトルがかっこよかった。日本語では、「恋心、心抑えて、女神のはからい、成就」となってるのが、英語は「The Heart Desires、The Hand Refrains、The Godhead Fires、The Soul Attains」となっていた。女神の足元に鳩が何羽かいたんだけど、一部踏みつけてるように見える。
ところでこれって、ほぼ同じ構図で2組存在するのね。今回展示されていたのは第2シリーズ。第1シリーズはもっと暗いトーンだったらしい。
http://en.wikipedia.org/wiki/Pygmalion_and_the_Image_series
ピグマリオンといえば、何故かバーナード・ショーの戯曲のペーパーバックを持ってたりする。買った理由?表紙目当てですよ、表紙。
0141439505Pygmalion (Penguin Classics)
George Bernard Shaw Dan H. Laurence
Penguin Classics 2003-02-04

by G-Tools

これは読んでないけど、大筋は知っている。映画のマイフェアレディも昔見たけど、結末は全然違うんだよね。バーン=ジョーンズのピグマリオンの結末は如何に…。
そして、梅田で巨大広告が出ていた、いばら姫の連作、やっぱりこれはいいねー。メインの油彩画もよかったけど、習作とされている「王宮の中庭」の一連の絵がよかった。
バーン=ジョーンズとウィリアム・モリスとは学生時代に知り合って仲良しだったそうで、学生時代に一緒に作った本(同人誌みたいなものか?)があった。もうひとつ、ご本人的には黒歴史なのか、自身の著作リストには載せていなかったという、学生時代に手がけた挿絵の仕事もあったり。ちょっとテニエルとかドレっぽいような…。その本が、会場を出たあとのグッズ売り場にあったのは笑ったけど。当時のものが売られてました(もしかすると初版ではなく再版かも)。値段は忘れたけどそれなりにしたと思う。
ケルムスコット・プレスでモリスと作った本はやっぱりいいよなー。ちょっと濃すぎるという気がしないでもないが。1ページ目に簡単なあらすじが書かれているみたいで、ちょっと読んだりしてた。
モリス関連でいうと、タピストリーもあった。でっかい。
ラファエル前派というべきかよくわからないけど、その辺の繋がりで、バーン=ジョーンズの仕事をウォルター・クレインが引き継いだという話があった。でも結局その出来が気に入らなくてバーン=ジョーンズが手直ししたとか書いてあった気がする。
今回はバーン=ジョーンズ中心の展覧会だったから、ラファエル前派とかアーツアンドクラフツ(モリス商会)のネタは控えめだったかな?
グッズ売り場では、アンティーク版画も売っていた。アンティークでもない感じのプリントもあったような。関連してロセッティもあったり。ビアズリーもあったけど、それはちょっと強引じゃ…。
グッズは買わなかったけど、ラファエル前派の本を買ってみた。お手軽ハンドブック的なものは既に1冊持ってるんだけど、なんとなく。
4897375681ロセッティとラファエル前派 (Coffee Table Books)
松下 由里
六耀社 2006-11

by G-Tools

でも買ってから、ちょっとロセッティ率が高すぎたかな、と思った。まだ全部は読んでないんだけど、載ってる図版がロセッティが多い。既に持ってるのは以下の本。これはコンパクトさに対して内容が充実してると思う。
4422211544ラファエル前派―ヴィクトリア時代の幻視者たち (「知の再発見」双書)
ローランス デ・カール 高階 秀爾
創元社 2001-03

by G-Tools

今回買った本を拾い読みしつつ、ラスキン~モリスの思想と近代ってのを考えるのも面白いなあと感じたり。ピサロ展で知った印象派の考え方と共通点があるような気がしたり。しかし、今回のバーン=ジョーンズ展の感想とは全然関係ないような…。バーン=ジョーンズのそっち系の思想的なものまでは、まだよくわかってないです。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  01:39 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2012'10.01 (Mon)

マックス・エルンスト フィギュア×スケープ

本日もひと月以上前のネタ。
ヤマザキマザック美術館を見に行った後、愛知県美術館で開催していたマックス・エルンスト展に寄ってみた。ヤマザキマザック美術館に時間を使いすぎたせいで、1時間くらいしか余裕がなかったんだけど、一応ざっと見て回った。
展覧会タイトルの説明からしてちょっと難しかったけど、フロッタージュいいよねー。あの辺が一番好きかも。コラージュも謎な雰囲気で面白い。百頭女とか、一応ストーリーがあるんだ?文庫本が出てた。
4309461476百頭女 (河出文庫)
マックス エルンスト Max Ernst
河出書房新社 1996-03

by G-Tools

謎文字とかもあったっけな。あとは、森を描いた作品。
時間が経ちすぎてうろ覚えなんだけど、エルンストの生い立ちと、森や鳥というのが密接に関わっているらしい。

時間がないと言いつつ常設展示もしっかり見てきた。だって好みの作品が多いんだもん。特に版画系。
マックス・エルンストに因んで、鳥に関する作品がいろいろ。熊谷守一とか柳原義達とか南桂子とか長谷川潔とか。
木村定三コレクションとして、浜田知明の版画が幾つか出てた。
他にも色々あったけど駆け足だったのであまりよくおぼえていない。
美術館を出た後、階下の書店で、シュルレアリスムに因んでこんな本を買ってみたり。
4480086781シュルレアリスムとは何か (ちくま学芸文庫)
巖谷 國士
筑摩書房 2002-03

by G-Tools

アート・ショップなので、アート系の本が盛りだくさんで、目移りして困った。読みたい本たくさんあるんだよなー。積読も多いけど。

おまけ。
その後、寄り道した高島屋で、深堀隆介という人の金魚アートが展示されているのを発見。休憩スペースみたいなところで数は少ないけど、掛け軸とかアクリルの作品とか、兜みたいなのとか、いろいろあった。ちょうどそれを見る少し前に、ネットでこういう人がいるって話を見かけたところだったのでタイムリー。なるほど、実物はこういう感じなのね…と眺めて帰ってきました。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  23:10 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ
 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。