2013年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2013'01.20 (Sun)

ミュシャを愛した日本人

堺市文化館アルフォンス・ミュシャ館で開催中の「ミュシャを愛した日本人」展へ行ってきた。見てきたのは前期展示。
アルフォンス・ミュシャ館は、堺市が持つ約500点のミュシャコレクションを展示公開する施設。一度に展示される数は100点くらいかな?年に3回くらい内容を変えて企画展示をやってます。
「カメラのドイ」の創業者、土居君雄氏のコレクションを寄贈されたことから始まったもので、通年でミュシャをそれなりの数まとめて見られる日本唯一の公共施設です。コレクションは初期から晩年まで揃ってるし、素描から油彩、代表的なポスターまでバラエティに富んでます。
ミュシャファンは日本に多いはずなのに、ここの存在を知らない人が多いんだよなあ…。ミュシャ目当てにプラハへ行ってミュシャ美術館だけ見てくるよりはよっぽどここに来た方が充実してるんじゃなかろうか。プラハは行ったことないけど、うわさを聞く限りあまり大きくないらしい。財団コレクションは膨大だけど、それとこれとは別問題らしい。旅行の目的が別にあればそれはそれでいいし、実情をわかってて行くならいいけど、ミュシャが見たい→プラハのミュシャ美術館!となってる人がいれば、勿体無いなあと。余計なお世話だけどね。
今度、財団秘蔵展が日本に来るけど、個人的には、財団コレクション単体で回るんじゃなくて、世界中のミュシャコレクションから厳選した回顧展とかやって欲しいんだけどなあ。日本で最後にその手の展示があったのは、1990年代後半の「生涯と芸術」展くらいじゃなかろうか。財団コレクション抜きでなら、生誕150年展とかあったけど。海外だと、財団コレクションも含めた大規模な回顧展は、数年前にフランス、ドイツ、オーストリアでやってたみたい。色々難しそうなことは予想がつくんだけど、どうにかならないものかなあ。
脱線終わり。

さて、「ミュシャを愛した日本人」展は、ミュシャ率はかなり低いです。ミュシャが見たくて行った人にはちょっと物足りないかも。「ミュシャを見ること」が目的な人は次の企画展まで待ったほうが無難。でも私にとってはものすごく楽しい企画でした。
まずは1900年のパリの世相を見ましょう、ということで、ミュシャの絵とともに、同時代のポスターや雑誌が展示されていた。ミュシャ以外もかわいいよ。ジャポニズムがどうフランスに伝わったかという参考資料もあったり。ビングの「芸術の日本」とか、葛飾北斎の伝記とか。北斎は不勉強でジャポニズムとの絡みもまだよく理解しきれていない。まだ広重の方が理解しやすいんだけど、今後の宿題かしらねー。
次は白馬会。先ほどとは逆に、アールヌーヴォーの日本への伝播について。この辺は得意分野なので楽しく見れました。藤島武二の白馬会ポスター(図案)が後期展示だったので見れなくて残念。パネルは出てたけど。何故か棕櫚の葉を持っている。ああいうのって、あの時代にどこまで意図が伝わってたのか気になるところ。
1900年前後に海外渡航した人々が持ち帰ってきたポスターは一体どんなものだったのか、それがどう日本にいる人々に伝わったのか、そういうことを考えるのも楽しいよねー。名前しかわからなくてひとつに特定できなかったり、その名前も怪しかったり、そもそも名前も不明だったり。当時の人々は何を見て、どう影響を受けたのだろう。現地に行った人よりもむしろ行かなかった人の方に色濃く影響してるようなところも面白い。
今回は堺市の所蔵品以外のものもたくさんあって、京都工芸繊維大学工芸資料館のポスターとか、すっかり顔見知りなポスターたちと再会したり。前期にはグラッセのジャンヌ・ダルク(サラ・ベルナール)のポスターの修正前バージョンが出てたけど、後期に出るやつは修正後のアレだろうか…。
白馬会を起点にして、黒田清輝人脈から広がっていくさまも紹介されてました。
まずは明星の表紙のアレ。ミヤウジヤウのレタリングが可愛い。個人的にあれを「ぱくり」とは呼びたくなくて、今みたいに簡単にオリジナルに触れることができなかった時代に、海外の最新動向を伝えたい気持ちがああいう形になっただけだと思いたいんだよな。私が「もどき」と呼ぶときは愛をこめて言うことが多いです。
しかし、100年以上前から変わらずミュシャの絵には、日本人に対して「真似したい」と思わせる何かがあるのか。明治時代のあれこれを知ってみると、当時から日本人の感性ってあんまり変わってないよね、と思わされることが多いです。ミュシャに限らず。
ラ・プリュム誌に掲載された、「ムッカ氏の肖像」の元絵が紹介されてたけど、あれを描いたのはミュシャの友人なの?名前度忘れしたけど、うちにある資料を漁ったら名前わかるかな。
藤島武二の装丁も幾つか出てた。晶子文芸館で何度か見てるけど。ああ、武二の単独展が見たいぞ!と武二を見ると反応してしまう。二人展なら比較的最近あったやつを見たけどさー。
杉浦非水も出ていた。「三十六年」という雑誌の表紙と裏表紙がかわいかった。なぜかサインに注目してみてた。みだれ髪かるたもいいなー。あれは全部で何枚あるんだろう?完成品ではないんだよね?明星誌上に掲載されたものらしいのが出てた。
方寸とかも出てたり。黒田経由だけじゃない、浅井忠も出てたよー。こっちは京都への流れなんだよね。ビングとの出会いをきっかけにした工房設立の話とか。
橋口五葉も出てました。吾輩は猫であるの装丁とか。かわいい、かわいい、かわいい!
あと、与謝野晶子の書籍の装丁も幾つか並んでた。
最後に、土居君雄氏についての紹介も。前に来たときに資料を読んでたからすんなり入ってきたけど、土居さん=カメラ屋の社長、ということを改めて意識してみると、なるほど(笑)な部分が。写真パネルの展示の中に、ロートレックのカメラのポスターがあった。

今回は資料展示が多く、解説もじっくり読んでるとあっという間に時間が経過する。ガラスケースにへばりついて細かいところまで見ていたので、周囲の人の目には怪しい人と映ったことでしょう(笑) そうそう、いつもミュシャ館は人が少ないんだけど、この日はいつもよりは多かった。あくまで「いつもよりは」。
後期も行くかどうかは悩ましいところだなー。
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  17:31 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2013'01.14 (Mon)

クリムト 黄金の騎士をめぐる物語

愛知県美術館で開催中のクリムト展に、新年早々、1/3に行ってきた。
テーマは「黄金の騎士をめぐる物語」ということで、愛知県美術館のコレクションの目玉作品である「黄金の騎士(人生は戦いなり)」を中心に、クリムト周辺を俯瞰するような展示でした。
クリムト目当てに行った人には、もしかすると物足りないのかも?クリムト率も低めだし。でもウィーン分離派やウィーン工房は大好物なので私は楽しかった。特にヴェル・サクルムがたくさん見れたのが楽しすぎた。
「黄金の騎士をめぐる」展示部分もなかなか面白かった。甲冑とか兜とかデューラーの版画とかヴェル・サクルムの図版とか。兜がポップすぎてびっくり。単体で見るととてもそんなに古いものに見えないんだけど(1500年ごろ)。絵の一部が書き換えられているという話があって、その比較のために当時の写真が展示されてたんだけど、たしかに…。絵のほうもよく見ると確かに消された跡が…。細かいことまで拘ってるのねえ。よく見ると馬の毛並みがふさふさしていて気持ちよさそうだった。
黄金の騎士って以前はそれほどクリムト作品として重要なものでもないのかなと思ってたんだけど、(だって美女じゃないし・笑)こうやっていろんな角度からじっくり見るとなかなか面白い絵なんだなあと感じた。
発想の元になったのがデューラーの版画ということだけど、全然イメージ違うし、単に騎馬像ってだけなら特にデューラーのこの絵だと特定する意味がないような?と思ったり。デューラーである必要があったんだろうか。
これに限らず、クリムトって案外いろんなところから影響を受けてて、それもかなりストレートに表現してるな、と思った。でもちゃんとクリムトの作品としてまとまってるからえらいんだけど。
この展覧会で提示されていたのは、シュトック。横顔の戦いの女神像なんて、もろそのまんま。
この会場には展示されてなかったけど、図録にトーロップからの影響について論じられていて、そういうルートもあるのか…と。
あと、アカデミックな絵画から分離派結成に至るきっかけになったらしいのが、クノップフだったというのが、へー。ベルギーだ!象徴主義だ!

さて、ここからは展示を順番に振り返ってみる。
ウィーン分離派の幕開けとしては、例のポスターがあるわけですが、検閲前と検閲後が並んでたよ。おなじみ京都の工芸繊維大学コレクションが来てました。このポスターはリアルタイムで蒐集・収蔵されたという歴史を知ってるから、見るたびにちょっと心が弾む。(京都工芸繊維大学設立時に、浅井忠か武田吾一だっけ?が資料として現地で蒐集したもの)
このポスターを見ると思い出すのが、京都で見たポスター展。図録の表紙が検閲前バージョンで、主催者に突っ込みを入れたかった。あの展覧会も楽しかったんだよなあ。ウィーン分離派のポスターは今回出てたのと同じのがたくさん出てたし。チェコのポスターについての文章とかもあって、珍しい視点の展覧会だったと思う。ちょっと脱線。
分離派がらみのポスターはクリムト以外にもいろいろ出てた。オルブリヒとかロラーとかいいよねー。「3つの紋章を組み合わせた図案」についての解説が詳しく図録に載ってたので、ほぼそれを目当てに図録を買ってしまった。昔見た展覧会でもこの図案についての解説があったんだけど、ちょっと物足りなかったので、これで満足。
他にもモーザーやらなんやらポスターがいっぱい。たのしー。この辺でふと気づいたんだけど、版上サインのうち、ファーストネームは略称になってることが多くて、コロマン・モーザーの場合、KOLOとなってたり、アドルフだったらADとか、イニシャルじゃなくて最初の何文字かを取り出してるのが妙に気に入ってしまった。
そしてヴェル・サクルムがずらり。会場内に点在する形で置いてあったんだけど、表紙だけでなく中身も開いてあって、いろいろ見れたのが楽しかった。図録を見てたら展示されてたのに載ってないページもあってちょっと残念だったけど、あとで調べたらネット上に公開されてた。これで補完できるかも。しかし頁数が多いから目的のものを探すのは大変だけど。あと、私が行ったときには展示されてなかったけどミュシャが表紙の号もあった。その絵は見たことはあったんだけど、ウィーン分離派と結びつけて頭に入っていなかったので、そうだったのかと新たな発見だった。その号の中身もネットで見れるよ。ドイツ語だけど。解説ないけど。
http://anno.onb.ac.at/cgi-content/anno-plus?apm=0&aid=vsa
http://www.ub.uni-heidelberg.de/helios/fachinfo/www/kunst/digilit/artjournals/ver_sacrum.html
レンツという人の作品で、女性が輪になって踊ってる絵があった。「輪になって踊る女性の図」ってよく出てくるけど、何のイメージなんだろう?
分離派への影響ということで、マッキントッシュの作品もまとめて展示されてた。スコットランド!建築図面なのになんであんなに可愛らしいんだろう。ジョルジュ・ミンヌという彫刻家は始めて知ったんだけど、その影響は言われてみればなるほどねー、でした。
会場内にばらばらに、「哲学」「医学」「法学」の巨大な写真パネルがあった。写真だし、モノクロだし、どうなんだろうと思ったけど、原寸大で体感できるのはなかなかの迫力。
分離派展がらみでカンディンスキーのポスターがあったんだけど、馬といえばカンディンスキーだよなあ。と、この展覧会のテーマである黄金の騎士を思ったり。
で、黄金の騎士コーナーがあって、ウィーン工房が出てくる。家具とか食器とかいろいろ。見覚えのあるものも多い。昔サントリーミュージアム天保山で見たっけなあとか。汐留でも見たっけ。モーザーとかホフマンとか。しかし「総合芸術」ということを考えると単品だけ見ても意味がないんだろうなあ。でも「生活まるごと」を展示するのも難しいしね。
ジャポニズムの影響として、蒔絵とか金屏風とか着物とか型紙とかが並んでた。最近いろんなところで型紙に出会うような…。ブーム?
そういえば図録がなかなか凝っていて、一面金色に見えるところがよく見ると金箔の継ぎ接ぎっぽいのが見えてる。
クリムトの風景画、アッター湖畔があった。制作方法として紙を四角く切り抜いたものをフレームにして絵になる構図を探していたということで(ファインダー)、その制作方法はどこかで聞いたような…と思ったり。割とポピュラーなのかしらね。
あと、次世代ということで、ココシュカも展示されてた。
最後のほうにジュエリーがあった。実物はとても可愛かったんだけど、図録の写真はいまひとつ…。光り物は難しいよね。
出口の手前あたりにストックレー・フリーズの再現が。ここは写真撮影可だった。
という感じで、クリムト展なんだけど、クリムト作品そのものの感想が薄いような…。最後にまとめて書いておくと、赤子の絵はなにがどうなってるのか謎だった。あれは全部布切れなのか。肖像画はつい手元を見てしまう…。日曜美術館で横尾忠則があんなこと言うんだもん。死後の肖像というのはあの時代はときどきあったのかなあ。序盤のアカデミックなところは上手いわねー。素描もそこそこあった。
クリムト展の出口は常設展示室に繋がってた。というか、常設展示室の一部を企画展示に使ってたのか。
入っていきなりドイツ表現主義が!濃い。コルヴィッツとかノルデとか。版画が多かったけど一部油彩も。この辺も好きな系統なので嬉しかった。カンディンスキーの抽象過ぎない作品もあったり。
現代美術系はこないだ来たとき(あれは夏だっけ?)と同じだったような。
近代洋画の部屋はそれなりに。ゴーギャンの裏表が面白かった。
熊谷守一のお部屋も楽しかった。守一作品は板絵が多いけど、たまにキャンバスもあるらしいということで、その辺をちょっと見てた。
あと、落語とかもあったんだけど、時間がかかりそうだったので途中で抜けちゃった。
感想はだいたいこんなもんかな。あとは、ミュージアムショップで図録を買うかどうかさんざん悩んで、やっぱり買おうということで、買ってしまった。また物が増えるよ…
3月から丸山応挙展なんだね。応挙、ちゃんと見てみたいけど、3月は何かと忙しそうだしなあ。というか、1月から3月までの間に行きたい展覧会がありすぎて困ってるんですけど。こなせるんだろうか。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  10:24 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2013'01.13 (Sun)

ホキ美術館名品展@阪急うめだギャラリー

新年一発目の記事は去年の出来事です。
昨年末にオープンした阪急梅田のギャラリーで12月の末まで開催していた「ホキ美術館名品展」に行ってきた。
ホキ美術館という存在は知ってたけど特に興味はなかった。「写実」に拘った美術館らしいけど、いわゆる「写真みたい」な絵に興味もないし。ただ、そんな風にケチつける前に実物を見ておくのもいいかな、場所的にも行きやすいところだし、せっかく関西まで出張してきてくれてるんだし、ということで行ってみた。
簡単な感想をひとことで言うと、案外よかった。
「リアルな絵」というと、明治の洋画にも似たようなところあるよなーとか、そんなことを思ったり。特にロブスターの絵は近いものがあったな。横長だったし。
「写実」が売りっていうから、相当丹念にリアルに描こうとしてる絵ばかりなのかな?と思ったけど、自分が思ってるよりかは筆触がわかる感じの絵もあったかな。
美術館のサイトにも書いてあるようなことが前書きとして展示室の入り口付近に掲示されてたんだけど、写実的に書く=時間がかかっている=価値がある、みたいな論調に見えたのがちょっと…。そんな意図はないのかもしれないけど。それに、私も丁寧に書き込まれた絵は好きだしね。関心の対象が写実的な絵画ではなく線画の細密さだったりして、ちょっと方向性が違うだけの話で。
女性画を見ていてふと小磯良平を思い浮かべたんだけど、小磯の絵ってそこまで密に書き込んではいないけど、質感とかリアルだと思うし、書き込めばいいってわけでもないと思うんだよね。まあこれは個人コレクションなので他人がケチをつける筋合いもないんだけど。
写実はひとつのテクニックであって、それを使って何を表現するか、見る側はそれをどう受け止めるか、ただそれだけだよね。
と、文句はその辺にしといて、見た作品の感想に戻る。
礒江毅が一枚だけあって、ちょっと気になってた名前だったので見れて良かった。鳥が壁からぶら下がってる絵。ちょっと騙し絵っぽくもあり、その雰囲気がいいなと思った。以前、奈良だか和歌山だかで回顧展やってたのに行けばよかったかなあ。
ホキさん一押しらしい森本草介はチラシとかで見てもふーんだったけど実物見たらなるほどな感じ。綺麗、リアル、だけじゃなくて、つい見入ってしまう何かがあった。質感とか柔らかそう。アングルのオダリスクみたいな寝そべった女性の後姿を見つつ、これってやっぱり理想化されてるのかなあと思ったり。実際にスタイルのいいモデルを探して描いてるんだろうか?
人物画では他に、中国っぽい名前の人の絵もまあまあよかった気がする。あと、部屋を真上から見たような構図で女性が丸くなって寝てるやつもよかったな。それから、背景を絵の具を削って模様みたいにしてる人もちょっと面白いと思った。
「肖像画」というわけでもない女性を描いた作品も多かったけど、何かを表現しているつもりなんだろうけど、イマイチよくわからんというか、どう見ていいのかわからないものが多い。綺麗なおねーさんがまどろんでるのを見ておっさんは喜ぶのかもしれんが…みたいなことを思うのは意地悪か。この辺は時代の感覚とかもあるしねえ。古典とか近代絵画の人物画はよくて、現代人の絵に違和感を感じるのは、こっちの感性の問題なのかもなあとか思ったりもする。
静物画では、ガラスが上手い人とかパンとか果物とかが得意らしい人とかも気に入った。前者はたぶん青木敏郎って人かな?後者は五味文彦って人。こういうのも写真じゃダメなのかという突っ込みを自分自身に入れつつも、でもいいと思うんだもん、ということにしておく。
風景画もあったけど、あまり記憶に残っていない。ひとつおぼえてるのは猫がたくさんいる絵。下にはみ出したみたいに犬がいたのはどういう意味だったんだろう。あと、静物画でいいなと思った人の風景画はよかった。
絵の感想とは違うけど、虫眼鏡片手に鑑賞してる人がいて、面白かった。そうか、そういう鑑賞方法もありなのね。

別の階の美術画廊で、この展覧会に出てた人たち(それ以外もいたかも)の作品を展示していて、そちらは値札つきの催しでした。帰りにちらっと覗いてみたんだけど、なるほど…なお値段でした。何がなるほどなのかはさておき。売約済みもあった。あんまり時間もなかったのでさらっと見ただけで、特に感想もないんだけど。絵の値段って、作家さんの生活の糧になるのなら、作家さんを応援したい立場であれば、幾らくらいなら妥当なのかとか考えようもあるけど、一旦作家の手を離れた後につく値段については、何が妥当なのかよくわからんよなあと思う。
と、特にオチも何もない話題で終わる。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  21:05 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ
 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。