2013年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2013'02.18 (Mon)

Jimmy Webb & Karla Bonoff @ Billboard Live Osaka (2/13 2nd stage)

タイトルの通りのライブに行ってきました。
ライブの感想を書くつもりが前置きが長くなりすぎたので、前置きがどうでもいい人は前半はすっ飛ばしてください…。

私はJimmy Webbの大ファンなんだけど、ファン歴は5年程度とそれほど長くない。でも、思い返すと結構昔からニアミスはしていた。
遡ることウン年…うわ、そんなに前なのか…。えーと、数字を書くと年寄り気分になるので省略するけど、まだ学生だった時分、リンダ・ロンシュタットの"Don't Know Much"がラジオでよく流れていて、大好きでした。"All My Life"も。その当時は「気に入ったらCD購入」という行為が気軽にはできなかったので、CDショップで手に取ってはみるものの買うには至らず。そのCDにはJimmy Webbの曲が4曲も入っていたし、Jimmyさんがピアノで参加もしてたんだよなー。最近になって買ったけど。もう日本盤は出てないのか。
B000002H7ECry Like a Rainstorm, Howl Like the Wind
Linda Ronstadt
Elektra / Wea 2000-01-01

by G-Tools

それから数年後、今度は"Weird Al" Yankovicの"Jurassic Park"と出会う。"MacArthur Park"のパロディなんだけど、当時は原曲を知らず、ネットも普及していない時代だったのでそれ以上追及することもなく終わった。パロディの方は楽しんでた。おかげでこの曲は今でもサビのところを聞くと「ジュラシックパークは暗くてこわい~♪」という歌詞が浮かんでしまう。ごめんよ、ジミー。(なんと日本盤にはボーナストラックに日本語歌詞版が収録されていたという…)
B0060ANOUCAlapalooza
Weird Al Yankovic
Sbme Special Mkts. 1993-10-05

by G-Tools

さらに月日は流れ、ようやくJimmy Webbの名前を意識する日がやってくる。それが、これ。
B0000C9JDNOnly One Life
Michael Feinstein
Concord Records 2003-10-07

by G-Tools

正確に言うと、その前にpodcastがあるわけですが。その辺のことは昔書いた文章があるので、リンクだけ紹介してそれでお茶を濁しとく。
ともかく、このアルバムがすっかり気に入って、ソングライターにも興味を持ってあれこれ調べるうちに、どっぷりWebbファンになってしまい、今に至るわけです。
"Just Across The River"が出たときにも暑苦しく語ってました。今ではほとんどすべてのアルバム持ってるし。(レアものボックスセットとか、微妙な存在らしい初期のアルバムは除く。)縁の深いアーティストのアルバムも色々持ってるよ。
で、今回のライブですが、来日することを知ったのはライブ直前、しかも物凄く偶然、電車の吊り広告で見たという。
それは、このブログでも書いた、灘の美術館に行った帰りのことでした。いつもならJR灘駅から三宮に出るんだけど、この日は気まぐれに阪神電車に乗ってみようかなーと岩屋駅に。電車に乗り込んだら車内の吊り広告が目に入った。ビルボードライブのもので、そこに見覚えのある顔が…。Jimmy Webbだよ!日本に来るの?いつ?2/13、14って来週じゃないか!!行けるのか!?来週は仕事が追い込みで忙しいけど??と一気に頭の中で色んな思いが巡る。とりあえず三宮に出たらタワレコに寄ってみよう、あそこならビルボードのチラシが置いてあるかもしれん、とタワレコに行ったら2月のビルボードライブの告知冊子を発見。帰宅するまでの間、ビルボードライブの仕組みなどを眺めつつ、家に着いたらネットで調べてまだ空席があることを確認。
行けるなら複数公演見たいけど、カーラ・ボノフとのペア公演ということは、ウェッブ率は低いかもしれないんだよなあ、しかもビルボードだから1ステージの時間も短いだろうし。でもただでさえ十何年ぶりかの来日で、次だっていつあるかわからない。とりあえず1公演かな。あとはいつ行くかだな…。その週は金曜日に大事な社内イベントがあって、水曜日も木曜日も忙しいには変わりない。どちらかといえば早く帰りやすいのは水曜日かな?でも1stに間に合うためには定時上がりでも厳しい(梅田は遠い)、でも2ndだと終電大丈夫なのか。ビルボードは行ったことない。場所はだいたいわかるけど、あの手の公演だと1セット1時間~1時間半くらい?万が一サイン会があったとして、11時半までには終わるかなあ。終電も最悪、最寄り駅より少し離れたところまでならなんとかなるかなー。というわけで、水曜日の2ndを予約。
万が一、サインして貰えるチャンスがあったら…と、持って行くもののセレクト開始。Karla Bonoffとの共演だから、LindaのCry Like A Rainstormもありかなあと思ったんだけど、それはKarlaさんに失礼かしらと思って、とりあえずWebbものに絞って、やっぱり最新アルバムがいいかなと思ってJust Across The Riverと、斜め読みしかしてないJimmyさんの著書、Tunesmithを持っていくことに。手持ち無沙汰なときに読めばいいかなと思って。今思えば、Only One Lifeの楽譜でもよかったかなあと思っている。あれはあれで話のネタになったし。
0786884886Tunesmith: Inside the Art of Songwriting
Jimmy Webb
Hyperion 1999-09-22

by G-Tools

ちなみにその時点でカーラ・ボノフへの認識は、名前は聞いたことあるくらい。予習にネットで幾つか聴いてみたら、知ってる曲があった。どこで聞いたんだろ?と思ったら、前述のリンダのアルバムに3曲入っていたのでした。All My Lifeもこの人の曲だったらしい。色んなものが繋がってるなあ。
あとから分かったことだけど、ジミー・ウェッブとカーラ・ボノフの共演は日本でのレコード会社が同じだからなのね。ビクターのツイッターアカウントでわかった。それ以上の繋がりは謎だけど。Just Across The Riverの続編が出るという噂は聞いてるけど、今秋予定らしい。たのしみ!

さて、長すぎる前置きはそろそろ終わりにして、ライブ当日のことなど。
スポンサーサイト

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

Edit |  00:54 |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2013'02.17 (Sun)

画家と自画像と山下摩起

小磯記念美術館で開催中の「自らを見つめる 画家と自画像」展に行ってきた。
六甲アイランドに来たなら、一緒にファッション美術館と神戸ゆかりの美術館も行こうと思ってたんだけど、家を出るのが遅くなったのでここだけで済ませた。(いつものこと…)
そもそも、最初は神戸ゆかりの美術館でやってるBLUEという展覧会が面白そうで、ついでに小磯美術館では何やってるのかな?と調べたときに自画像展の情報を見て、藤島武二の絵があるらしいからついでに行ってみようと思っただけなのに。さすがにそれだけじゃもったいないので、元町でやってる山下摩起展にも行ったんだけど、それはまた後の話。
で、自画像展ですが、笠間日動美術館のコレクションからの展示らしい。
自画像といえば、ちょっと毛色は違うけど、ウフィツィ美術館所蔵の自画像展も見てる。自画像というのはそれだけ興味深いテーマらしい。
さて、お目当ての藤島武二は、鉛筆画でした。薄い…。最初からそうなのか、経年変化でそうなったのか、非常にぼんやりとした絵でして。たぶん机の上に本が積み重なってるのかな?その横に顔の半分が陰になったような描かれ方。制作年代が書かれていなかったんだけど、たぶんまだ若い頃かなあ?なにせ顔がはっきり見えないので判断が難しいけど、ちょっと幻想的にも見える雰囲気が1900年頃の空気を感じる。
昔行った展覧会の図録を見てたらこの自画像が載ってたので、実は前にも見たことあったのかな?たくさんある中の一枚だと記憶に残りにくい…。
他にもいろんな人の自画像が並んでたわけですが、笠間日動美術館が近代洋画コレクションの美術館だからか、洋画家が多いのかな。名前だけ見ても誰だっけ?という人が多い。おっさんの絵ばかりでは華がないし、作風が思い浮かばないと結構辛いかも…。一応解説はついてるんだけど、作品名だけで絵まで思い出せないし、参考図版でもあるとわかりやすいのに。
ある程度知ってる人もそこそこいたので、それは楽しめた。あの人ってこんな顔してたのか、とか。いつものタッチで描いてるなあ、とか。その人らしさが十分に出てるなあと思いながら眺められる。まったく知らない人の場合でも、それ自体が面白いと思えれば逆に作品に興味を持てるんだけど、残念ながらそこまで思えない人もいたりする。
写実的な油彩画の自画像が多いけど、ときどき鉛筆画だったり、ペン画だったり、版画だったり、表現主義っぽかったり、というのを見ると新鮮。
描かれた年代もさまざまなので、若い頃の自画像もあれば、壮年、晩年の自画像もあり、同じ人の自画像が複数展示されてることもあった。フジタの自画像は石膏像もあった。鴨居玲は4枚もあった。
外国作家として、シャガールとキスリングの自画像もあった。シャガールの自画像はしかめっ面で、なんだか妙に印象に残った。シャガールって典型的なカラフルで幻想的なイメージしかないけど、こんな自画像を描くのかー。
展示室から展示室へ移動する途中、通路の壁に解説がいろいろあって、高村光太郎と言葉とかが書かれているところに、鏡が設置してあった。粋な計らい。
解説も読みながら見てたら1時間くらいしっかりかかってしまい、閉館の5時ギリギリまでいた。そして、6時までやってる元町の山下摩起展へ移動。間に合うかなーと思いつつ、5時半ちょうどくらいに到着。
「アートホール開廊27周年記念 没後40年記念 日本画家 山下摩起展」というお題目で、会場はアートホール神戸というところ。ときどき面白そうな展示をやってるようだから一度行ってみたかった。場所は把握したけど、こじんまりしたところでした。
内容はこんな感じ。
http://www.kouseikai.or.jp/public/fukushi/event/minnade/yamasitamaki.html
http://www.www8.kobe-np.co.jp/blog/town-report/2013/01/post-398.html
展示数が少ないので30分でも十分だったけど、山下摩起初心者としては十分堪能できた。
山下摩起は、兵庫県美のコレクション展で何度か見たことがあって、面白い絵だったので名前を覚えた。見れる機会があるならもっと見たいなと思ってたので、いい機会だった。有馬出身なのねー。
兵庫県美で見たのはたしか正方形に近い形で、花が一面に描かれてたんじゃなかったかな…。好きと言いつつ曖昧なのは、なんとも形容しがたい絵だったから。
今回もそんな不思議な絵が展示されていた。コラージュみたいに紙を重ねていたり、水墨画みたいなのに線が白抜きになっていたり。
チラシにもなってた絵は、金箔を貼り重ねたようで、不思議な絵だった。顔の部分ははっきり描いていないのか、よく見えないだけなのか、どうなってるのかなあ。
普通に可愛い雀の絵とか、椿の絵とかもあった。
白抜きの技法は明礬を使ってるとか説明があったけど、具体的にはどうやるんだろ?先に描いておいて上から塗ったらその部分が白抜きになる?そうだとしたら、明礬で描いている間はその線が見えにくくないんだろうか?
ふと思ったんだけど、型紙と似てる?先に染めたくない部分に糊を塗っておいて、地塗りをしてから洗い流す、あれ。最近、型紙ブームだからか、つい連想してしまった。こんな本も出てたし。
4756243304日本の型紙 ISE KATAGAMI
高岡一弥 生田ゆき
パイインターナショナル 2013-01-22

by G-Tools

本屋で見かけて手にとってみたけど、文章が少なそうだった。本自体は分厚いんだけど、紙媒体で型紙を満喫するにはちょっと物足りない感じで、データで楽しめってことなのかなあ。脱線おわり。
話を戻して、今回展示されてる山下摩起のコレクションは、薄口醤油な東丸記念財団の所蔵らしい。たつの市に記念館があるらしい。一応公共交通機関で行けそうな感じだけど、ちょっと遠そうかな。電車の本数も少ないし…
姫路といえば、レーピン展を見に行くかどうか考え中なんだけど、ついでに行くというのもありか?でも岡山も行きたいしなー。思い立ったが吉日とはいうものの、また行く機会はあるかもしれないし、急がなくてもいいか。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  20:03 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2013'02.10 (Sun)

上前智祐と赤鉛筆と兵庫美術家列伝

BBプラザ美術館で開催中の、「卒寿を超えて 上前智祐の自画道」展に行ってきた。
上前智祐という名前でぴんとくるほどではなかったんだけど、「具体」関係の人ということで興味があったので、兵庫県美に行くついでに寄ってみようかなーと思いつつ、会期中に何度か近くまで来てたのに現地にたどり着く時間が遅すぎて行き損ねていて、終了目前でようやく行くことができた。今回は兵庫県美のコレクション展と抱き合わせで。
兵庫県美はフィンランド展が大盛況らしく、週末の昼間は大変そうなので、夜間開館日を狙って行ったんだけど、出発前にバタバタしてギリギリ5時半にBBプラザ美術館に滑り込み。この会場はそれほど広くないので30分でちょうどいいくらいかな?もう少しゆっくりできたらよかったかなーという気もするけど。(ちなみにフィンランド展は別の日に既に行ってます。感想はそのうち…。)
名前もよく知らないくらいなので作風もよく知らず。「具体」なので前衛な感じではある。たぶん固体認識してないだけで、どこかで目にしてるとは思うんだけど。
今回、見てて面白いなーと思ったのはオブジェ。これ、普通にその辺に飾りたいわ。かわいい。とか言ったら怒られるだろうか。
あと、油彩では、点描とか、線というかなんと言うか…な絵とか、かな。前衛にはよくありそうなぐちゃぐちゃでよくわからない絵とかもあるんだけど、そうじゃなくて、縦に細く線を引いたみたいになってるやつがよかった。
マッチ棒を使ってるらしい作品も幾つかあったけど、あれは何か意味があるんだろうか。あと、おがくずとか。
版画も面白かった。版画好きなので、それだけで加点。銅版画らしいんだけどインクが盛り上がってるようなのが不思議だった。やり方によってはああいう風になるものなのか。銅の原版もあった。
「縫い」というのもこの人の特徴らしく、個人的に繊維産業は身近な存在なのでそこも楽しく見れた。特に、フロアの中央に展示されてた作品は、作品の裏まで見えるようになってて、表側がこういう風に見えてる部分は裏面だとこうなってるのかー、みたいなところが見えて面白かった。裏にチェックのクロスが貼ってあるのも意味があるのかな。(方眼紙的に使ってるとか?)
上前さんは92歳でまだまだ現役らしく、結構新しい作品もあったり、でもそんなに大きくは作風も変わってない感じだった。会場内だけじゃなくてエントランスの壁にも展示されてたり、なかなか盛りだくさんな展示でした。

その後、兵庫県美のコレクション展を見た。
現在のコレクション展は、「こんな人がいた!兵庫美術家列伝」という内容で、地元ゆかりの美術家の作品を紹介していた。そもそもこういう地方の美術館は地元作家びいきなので、毎度おなじみな人が多いけど。でも、今までにも何度か目にしている作品も、こういう風に紹介されるとまた違った見方が出来るなー、という発見はあった。特に、海外の作家のぱくりみたいな作風とかね。ああいうのも当時は真剣に海外の最新の表現を吸収しようと取り組んだ結果なんだろうなあと思えなくもない。
画中画として紹介されてた絵があったけど、その絵の中にあった絵に似た絵が、隣の絵の中にも描かれていた。微妙に絵の縦横比とか構図が違ったけど、似てたよなー。あれも意図的に並べてたんだろうか。
小出楢重が何枚か並んでた。芦屋の美術館も一度行ってみたいんだよなー。今やってるやつ、会期があと少しだけど、行きたいな。
「画廊」も面白かった。あの会報みたいなのが可愛すぎる。舞妓さんの絵が出来るまでの過程、あれはどこまでまじめな話なのか…。ついつい読み耽ってしまったよ。
山本六三とか鴨居玲とか、ちょっと怪しげな雰囲気もよい。この辺の雰囲気を集めた展示、もっと見たいなあ。
横尾忠則もどーんと。ポスターかわいい。さりげなく入ってる広告とか、演劇スタッフの名前とか、読むのが楽しい。コシノジュンコだの萩原朔美だの。横尾現美も行きたいのになかなか行けないでいる。近いんだけどね。もっと早い時間から出かけてれば一緒に行けるのに。そんなことを毎度思っている。
そして、具体も。ここにも上前智祐が一枚あった。でも、さっき見てきた中で好きだと思った作風とは違うなー。吉原治良の円がどーん。
次に、ミニ企画「赤鉛筆のアウトサイダー 小幡正雄展」があった。
アウトサイダーアートって評価が難しい気がしてて、そんなに期待してなかったんだけど、なかなか興味深い内容だった。まず面白いなと思ったのが「記号化」。それから「装飾」。人間を描くときにたとえば顔のパーツだったり体のパーツだったりを様式的に描いてるんだけど、見事にパターン化されてて面白いなあと。お花とか植物も。体の輪郭の外側とかに花が咲いてたりするところで、装飾的だなーと感じたり。建物の絵で幾何学的な線を意識したっぽいものがあって、その辺も装飾的な感覚なのかなあと。
ほとんど(全部?)の絵は拾ってきたダンボールに描いてたらしいんだけど、そのダンボールは綺麗に角を落としてあって、そこもこだわりポイントなのかなーと思ったり。
2階に上がって、いつもの小磯良平と金山平三を軽く眺めて、奥の部屋へ。この辺は近代洋画と日本画だった。よく見る顔ぶれが多いけど、見るときの気分で目が行く作品も違ったり。

ゆっくりコレクション展を見た後、少し時間が余ったので、ライブラリーに入ってみた。フィンランド展にちなんだ書籍のコーナーが面白かった。フィンランドの美術を紹介する展覧会が過去にあったらしく、その、図録というには薄い小冊子が置いてあって、非売品じゃなかったら買うのになーと思った。
現在の展示とはまったく関係ないところで、田中恭吉展の図録が!もっと大きい本かと思ってたらA5くらいだった。「ひそめるもの」と同じくらい?本の作りも似てた。さらに、「版画の青春」展のカタログも同じような装丁だった。いいなー、これ欲しいー。時間がなかったのでぱらぱらめくった程度だけど、ここのライブラリーには一度ゆっくり読書に来ないとなー。
てな感じで、午後6時から8時まで、夜の美術館を楽しんだのでした。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  20:29 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ
 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。