2013年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2013'07.31 (Wed)

芝川照吉コレクション展~青木繁・岸田劉生らを支えたコレクター

6月の話。
京都国立近代美術館でやっていた芝川照吉コレクション展へ行ってきた。
芝川照吉というコレクターの旧蔵品が京都国立近代美術館に収蔵された記念の展覧会。
最初に岸田劉生の切通しの絵があった。これは旧芝川コレクションであって、今回ご遺族から京都に寄贈されたものではないらしい。
芝川コレクションは1000点くらいあったらしいんだけど、芝川さん没後に売り立てで所有者が変わったり、震災で失われたりして、遺族の元に残っていたのは200点余りだそうで。今回の展覧会では、現在は別の所有者だけど旧芝川コレクションとわかっているものを借りてきたりもしていた。(借りられなかったものはパネル展示もあり)
近代洋画を同時代人としてコレクションしてきた人だったそうで、評価の定まったものだけでなく、若手の助成もしてきたそうで。そういう作家との関わりも説明されていて面白かった。
特に岸田劉生と青木繁が大きく取り上げられてたかな?
こういうとき、京近美って手前味噌だなーと思うんだけど、ここで少し前に青木繁展をやっている。そのときの展示で青木繁の没後、友人たちが遺作展を開いたり、画集を発行しようとしたり、美術評論家が評論を書いたり、色んな人の努力がなければ今の評価はなかった、という紹介をしていた。そのときの説明には出てなかったように思うけど、芝川さんも資金面で援助したりしていて、そのお礼に青木の作品を芝川に贈呈しようとしていたとか。結果的にその作品は別のコレクターの手に渡るんだけど、過去の展覧会を見てると繋がってくるところが面白くもあり、内輪受け?と感じたり。
旧芝川コレクションの中に浅井忠の読書をする女(だっけ?)もあった。残念ながら本物は来てなくて、パネル展示。あと、浅井の工芸品で漆塗りのお皿とかがあった。
民藝分野もたくさんあって、藤井達吉について大きく取り上げられていた。実際に使われていたせいもあってか、状態はあまりよくないんだけど、使ってこその民藝だよというアピールもあったっぽい。
工芸率が高いところはやっぱりこの美術館の主張なのかなーと、前回の展示のことを思い起こしていた。(交差する表現展
コレクションの売り立てに際しての画家のコメントが面白かった。当時の売り立て会用のカタログのコピーが展示されてて、坂本繁二郎と、石井柏亭だっけな?のコメントが載っていた。
見終わった後に感じたことは、コレクターの存在意義のようなもの。物故作家とか評価の定まった作品を集めるだけでなく、現役作家の作品を買い支えるのもコレクターだし、パトロン的に援助するのもひとつの形。いろんな作家との関わり方があるんだなと。
コレクションを築き上げても、コレクションが散逸することもある。理想はコレクションを維持することだけど、色々事情もあるだろうし、しょうがない部分はあるんだろうな。
そこで美術館に寄贈という手もあるんだけど、これも一長一短なんだよね。双方の利害が一致すればいいけど、下手すると死蔵されちゃう可能性もあるしさ。美術館の役割というものも考えさせられる展示だった。
そういえばちょうど私が会場に入ったのと同じタイミングで謎の解説会らしきものをしていた。公式サイトには特に予定は載ってなかったので美術館主催ではないのかな?似たようなペースで進んでたからたまに会話が聞こえてきたんだけど、おじいちゃんが…おばあちゃんが…とか言ってたので身内なのか?個人でやってるんだったら野次馬で入り込むのも気が引けるのであんまりかぶらないように見て回った。
1Fフロアにはスターバーがまだあった。前回の展覧会が終わったら撤去しちゃうのかと思ってたのに…。後で知った話で、好評につき展示期間を延長したらしい。このセットは今後どうするんだろうなあ?せっかく作ったんだし捨てるのは勿体ないけど、取っといても出番はあるのだろうか。
毎度充実のコレクション展も鑑賞。
野島の写真がよかった。ガムプリントとかオイルなんとかいう技法とか、詳しくはわからないけど、絵、版画みたいだなあと思いながら眺めていた。
村上華岳特集も。この人は俗世を離れて仏画を描いていた人のイメージがあるけど、最初っからそうだったわけでもないんだね。その辺の絵もあったりして、それはそれでよかった。
藤島武二の花籠があった!この子、別の美術館に出張中なのを見たことはあったけど、本拠地で見るのもまたよい。
西洋の作品も展示のところでコレクションの背景説明を読みつつ、ポリシーがはっきりしてるのはいいことだけど、毎度のことながら主張が強いよなーと思う。こういうところが京都らしさなのか。
バーバラ・ヘップワースがあった。最近ようやく名前を憶えた人。彫刻は色んな角度から眺めるのが好きなんだけど、光の当たり方が面白かった。どこから光を当てるのかも計算してるのかな。
デュシャンもあった。レディメイドのアレとかよくわからんっちゃーよくわからんのだけど、まあ、いいや。天井からぶら下がってる作品があって、細い糸で吊るしてるから宙に浮いてるみたい。影が面白かった。
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  21:35 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2013'07.29 (Mon)

菅井汲/松谷武判-print works

6月の話。
芦屋市立美術博物館で開催していた菅井汲/松谷武判展に行ってきた。行くまで気づいてなかったんだけど、版画がメインの展覧会だった。版画じゃない作品も少しだけ展示されてたけど。
菅井汲目当てだったけど意外と松谷武判が面白かった。
SWヘイターの工房で働いてたんだ。SWヘイターって人は以前、兵庫県美のコレクション展で見た。見たけどぴんとこなかったけど、きっと凄い人なのよね。まあともかく、ヘイターさんのところで銅版画をやってて、そこから独立してシルクスクリーンの工房を始めたとか。シルクスクリーンってところに時代を感じるなあ。
初期の作品でこれってまんま・・・では?(下ネタ)という作品もあったりして、もしかして、いやもしかしなくても、たぶん有名なアレもそうなのか?とか、色々思うことはあったわけですが。
鉛筆でひたすら画面を塗りこめるという作品が面白かった。壁だけじゃなくて床も使った作品も面白かった。
この展覧会の期間中に制作した作品も展示されていた。その現場を見てみたかった。
この人は一応「具体」にいた人だけど、その中では比較的若手で、いた期間も短かったらしい。だからなのか、具体の人よりはクールなイメージ。(具体はなんとなく暑苦しいイメージが・笑)
菅井汲はこの美術館のエントランスの吹き抜けの上方の壁に掛けてある作品が、ご本人からの寄贈品だったことを知った。へー。
絵画をユニット式にして好きに並べ替えして貰えるように、という思想が面白かった。
複製可能なことでオリジナルを消し去る、だっけ?解説の文章を忘れてしまって全然違うかもしれないけど、それに近いことを考えていたとか。
マルチプルって小難しい呼び名だけど、小さなクリスタルのオブジェもあった。オブジェというのも高尚な言い方だけど、何かの記念品みたいな置物的なもの、かわいかった。版画にしても限定部数発行とかじゃなくて幾らでも複製できて、それが人の生活を彩る、みたいなのが理想、とか言ってた。
この人がスピード狂だったという話は聞いたことあるけど、それが作品の発想に繋がってるという話が面白かった。
同じモチーフを使いまわしてるのは、2人に共通するところかな。全然作風は違うけど横尾忠則もそうだっけ。ふと思い出した。
以前、泉茂のときにも思ったけど、どこか作品を突き放して見るような感覚というのか、そういう気質とシルクスクリーンという技法がマッチするのか。長いキャリアの間には作風も変遷するし、考え方も変わるんだろうけど、なんとなく戦後世代(でいいのか?)のある時期には共通した何かを感じる。それを具体的には指摘できないんだけど。シルクスクリーンを好む人は、無機質性というのか、手の痕跡を消し去りたい欲というのか、そういうところがあるよなあと。

図書コーナーで展覧会とは全く関係ない本を読んできた。「グラフィックデザイン全史」というもの。分厚い本だし時間もそんなにないしでちょっとだけだけど、面白かった。ウジェーヌ・グラッセのこと、もっと知りたいなあ。(アマゾンのマケプレ価格がひどい…)
4473014827グラフィック・デザイン全史
フィリップ・B・メッグズ 藤田 治彦
淡交社 1996-09

by G-Tools

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  23:55 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2013'07.18 (Thu)

ボストン美術館 日本美術の至宝@大阪市立美術館

なかなか終わらない5月の話。
ボストン美術館 日本美術の至宝展に行ってきた。ボストン美術館の名品的な展覧会は何度か行われているけど、今回は初期洋風画の屏風絵が出ているということで、それが目当て。日本画だけだったら行かなかったかも…。
会場に入ってすぐのところに岡倉天心の像が。近代洋画の敵!と思ってしまう浅井忠ファンの私ですが、廃仏毀釈の時代に日本の古美術を守ってくれたのはこの人なんだしなー、あんまり悪く言っちゃダメよねと思いつつも、やっぱり手放しでは称えられない…。
時間的にちょっと遅かったこともあって、最初のほうでゆっくり見てたら会場のスタッフの人に、まだまだ先は長いのでペースを考えて見てね的なことを言われてしまった。個人に向けて言ったわけじゃなくて誰と言うこともなく会場の人に向けて言ってた。
そこまでは割とじっくり見てたんだけど、そう言われりゃそうだなと思って、少々ペースアップした。
序盤は古い仏画が主だったかな。8世紀の仏画とか凄いなーと思うけど、真っ黒で何が描いてあるかわからない…。某リクリエイトじゃないけど、こういうときはもう少し見やすい形になんないかなーと思ってみたり、でも1000年以上前のものが目の前にあることを有難がった方がいいんだろうかと思ったり。前に奈良で仏像を見たときもそうだったけど、昔はきっと色鮮やかだったんだろうなあ。
うっすらとわかる金彩とか綺麗っちゃー綺麗だけど、わかりにくい。
仏様とか想像上の生き物とかを見てて、前日見た中谷宇吉郎からの連想だけど、自然に対する姿勢というか、畏敬の念みたいなのとか、空想とか想像力の豊かさとかを感じた。うまい言葉が出てこないんだけど、うーん。
彫刻というか仏像とかそういうものも幾つか展示。仏像が身に着けている装飾品が気になった。
絵巻のところはちょっと渋滞気味だった。着物の柄が色々あって面白かった。当たり前かもしれないけど描き分けてるんだよな。時間の関係もあって絵巻は最初の方だけしか最前列では見てなくて、後半は列の後ろから眺める感じで済ませちゃった。展示ケースの上の壁に説明用のパネルもあったのでだいたいの内容は後ろからでも見れたし。超能力で空飛んじゃったり、色んな困難をズルしてパスしてやったー!みたいな内容だった(要約しすぎ?)。
そういえば初期洋風画は…と思ったら後半で出てきた。状態はよかった。綺麗だった。けど、神戸市博で見たときほど感激しなかったなあ。あの時は本でしか知らなかったものの実物を拝めるということで自分のテンションも相当高かったからかな。
(余談:あの展覧会は結局2回見に行ったんだけど、2回目の感想を書かずじまいだった。展示替えが結構あったので、2回目はだいぶ印象が違ってた。レパント戦闘図が想像以上に綺麗で面白かった。泰西王侯図も綺麗だったー。地図もたくさんあった。あと、会場内の解説で印象に残ってるのが、外国の人が日本で受けるのはこういう内容の絵だと言っていたという説明で、3つくらい題材が挙げられていて、その中に正確な表現は忘れたけど色っぽい絵が受けるみたいなことが書いてあった。いったいどんな内容だったのか気になるわ。単に男女が戯れてるだけとかだったりするのかな。残りはたぶん戦いの絵とかそんなんだったような。これは図録を探したけど書いてないみたいで、自分の記憶だけが頼り…。)
江戸時代の絵画ということでいろいろ。芥子の金屏風が綺麗で、夏目漱石の美術世界展で見た屏風(再現)を思い出した。あれは銀色だったしサイズも違うけど。
若冲もあったね。オウムの絵は綺麗だった。でも展示場所が奥まったところにあって、最初は人が多すぎてあんまり近寄れなかった。後で時間が余って戻ってみたら人が減ってたので近寄れたけど、あの配置はあかんだろう…。
今回の展示では曽我蕭白が目玉なんだろうか。龍の襖絵がどーんと。他にも色々ダイナミックな絵が並んでた。最近「奇想」が人気なのは知ってるけど、さほど熱心に追いかけてないからなんとも。ただ、なんとなく漫画っぽいなーと思いながら眺めてた。
他に印象に残ってるのが小動物。出てきた場所とか時代はたぶんばらばらで、前半にもいたような気もするし、後半にいたような気もする。
麝香猫(ジャコウネコ)が妙で可愛かったんだけど、グッズがマグネットとかそういうのしかなくて、せめて絵葉書くらいのサイズがあったら買ったのになー。そのために図録を買うほどでもないなーと思ったし。今となっては記憶もぼんやり。
栗鼠も可愛かった気がする。メモにはそう書いてある。
その日は少し雨が降ってたんだけど、帰る頃にはほとんど止んでた。美術館から公園を通り抜けて駅まで行くんだけど、薔薇がちょうどいい季節で綺麗だった。色んな名前がつけられてるのを見るのも楽しい。ブルームーンって青い薔薇と言われてるやつだっけ?実物は薄紫~薄ピンクって感じだったけど。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  23:10 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2013'07.15 (Mon)

中谷宇吉郎の森羅万象帖とティファニーアーカイブ

タイトルは謎な組み合わせだけど、同じ日に行ったのでまとめてしまう。5月の話です。

中谷宇吉郎の森羅万象帖@LIXILギャラリー大阪
中谷宇吉郎といえば雪の結晶の研究で有名な人。といっても一般的な知名度は知らない。ただ、いつどこでだったか知って、ぼんやりと心に引っかかっていた人だった。
LIXILギャラリーは、前に一度行ったことがある。そのときはチェコのキュビズム建築の展示を見た。あのときは一応家まわりのことってので納得したけど、今回の展示とINAXとの関係はなんなんだろ?(今はLIXILって社名変更したのかな?イマイチよくわかってない。)でも面白かったからいいか。
こじんまりとした展示室で、展示量もそれほど多くはないけど、じっくり見てると結構時間がかかる。ひとつひとつの資料が面白かった。
最初は中谷が自分の進む道を決めるに至った過程など。寺田寅彦との師弟関係が素敵。彼らの研究は実験物理学という分野になるらしい。自然現象などを実験を重ねることで法則性や原理などに迫って、その結果を現実の問題に役立てる、そんなお仕事。「大切なのは役に立つこと」という言葉はシンプルだけど忘れがちなことだよね。(研究者じゃなくても身に沁みる…)
その寺田は夏目漱石と師弟関係にあったとか、最近の行動と繋がってるなーと思ったり。(まだ感想書けてないけど、夏目漱石の展覧会に行った後だったから。)展示にはなかったけど中谷は油絵も描いたらしい。文才もあって著書が何点か展示されてた。映画も作ってた。
カタログの表紙になってる写真は火花放電。最初にやっていた研究で撮影したもの。あくまで実験の写真なんだけど、これが綺麗なんだなー。
放電写真といえば杉本博司のがあったなーと思い出してみたり。あれはかなりでかかった記憶が…。それに比較すると中谷の放電の写真の実物はとっても小さいんだけど、高解像度というのか、すごく繊細で綺麗だった。
これも寺田の言葉で、「自然現象の不思議には自分自身の眼で脅威しなければならぬ。」というのがあって、こういう写真もきっと驚きながら撮影してたんだろうなあ。
ところでこの放電の研究で気体の絶縁破壊を世界で始めて観測したという説明があって、絶縁破壊という言葉に電気工学系人間は反応してしまった。
中谷はロンドン留学して、そこでも色んな知見を得てくるんだけど、その中でInterestingとPracticalが両立していることに感銘を受けたそうで、ああ、そうだよなあ、と思ったり。楽しんだっていいんだよ!その上で世の中の役に立つことができたら本当に幸せだろうなあ。
なんかさっきから色々共感してるけど、私は研究職でもなんでもないです。でもどこか通じるものがあるんじゃないのかなあ。やっぱりそういう仕事したいよ。
で、放電の研究もちゃんと実際的な目的があって、それが時代だなーと思ったりするんだけど、軍事用の飛行船が爆破墜落事故を起こした原因の究明が目的だったとか。(1920年代後半)
さらに寺田の言葉で、オリジナリティは何もない所からは生まれない、出来るだけ沢山の人がやったことを利用して初めて出せるもの、というのが心に残った。これは研究についての話として挙げられてるけど、アートでも同じなんじゃないだろうか。ミュシャ好きをやってるとオリジナリティって言葉には何かと考えされられることがあるんだけど、ちょっと過去の何かに似てるからってパクリだと言ってたら何も生まれないし、影響を受けたくないからと情報をシャットアウトしても、新しいと思ったことが既にやられていたということだってあるだろうし。過去の事例を知ることで逆に独自性ってもんがわかるんじゃないのかな。そこで何も新しいことが思いつかないんであればそれまでのこと。
長々と語ってるけどこれに関する展示はそんなに多くないです。
そして、雪の結晶の研究の話に。このときの宇吉郎の言葉がまた微笑ましくてですねー。楽しそうに仕事していたのが伺える。
色んな雪の結晶の形を観察して、分類して、表にして、雪の結晶研究の基礎を築いたということだけど、何のための研究だったのか?というのは、今の時代だとあまりぴんとこないけど、寒冷地の着氷の問題に役立てるためということらしい。雪や氷の性質を解明することで、雪や氷による被害を軽減しようということらしい。(凍上で鉄道線路が使えなくなったり、飛行機やプロペラに着氷したりする問題)
雪の結晶の写真がたくさん展示されていた。ガラス乾板(たしかレプリカだったと思う)がたくさん展示されていたのが綺麗だったなー。観察した結晶は、自然に出来たものもあれば、人工的に作ったものもある。人工的に作るためにウサギの毛を使うという話も面白かった。これも試行錯誤の結果に編み出した方法だそうで、実験物理学ってそうやってやるんだ、と興味深かった。
教育用映像のひとつが流れていて、ガラス窓にできる霜の様子とか、見ていたら面白かった。モニターはふたつあって2種類の映像が用意されてたみたいだけど、そのうちひとつしか上映してなかった。もうひとつのも見てみたかったな。絵コンテは展示されてたのに。
霧を消す実験もやっていたそうだけど、その解決策として火炎噴射機で消そうとしてたというのにウケた。笑っちゃいかんのだろうけど、ご本人も後日談としてちょっと無茶だったようなことを書いてたみたい。
戦時中はやっぱり戦争に関係する内容も多いし、所属していたのが北大だから北海道の地域に根ざした研究として、農業物理学だとか資源としての雪について研究していたらしい。
敗戦後は日本の大学で研究というのも難しかったのか、渡米してシカゴでまた雪や氷に関する研究をしていたらしい。チンダル像についての研究だそうで、チンダル現象って聞いたことあるけど何だっけ?というくらいの知識しかなかったけど、写真が色々展示されてて面白かった。自然って不思議だー。
そこでの研究の成果として、単結晶の氷が金属みたいな性質を持つということが紹介されていて、そうだったんだー、知らなかった。もう50年も前の研究なのでその世界では有名なのかも知れないけど。展示されている写真を見ていてもとても氷とは思えない…。
さらにグリーンランドでも研究していたらしい。この辺になってくるとカラー写真も出てきて、氷河の写真が綺麗だった。
カタログがまた素敵な作りで。凝ってて、綺麗。書影ではわからないと思うけど銀色の光沢を感じる。ここに寄せられた文章もみんな素敵でね。宇吉郎の随筆もひとつ収録されてる。これが凄くいいので、もっと宇吉郎さんの随筆読んでみたいな。
4864805040中谷宇吉郎の森羅万象帖 (LIXIL BOOKLET)
福岡 伸一 神田 健三 中谷 芙ニ子 LIXILギャラリー企画委員会
LIXIL出版 2013-03-20

by G-Tools

大阪の展示は終わっちゃったけど、今はLIXILの本拠地、常滑(愛知県)でやってるし、9月には東京でも開催されるそうだ。

ついでにチェコのキュビズム建築のカタログもちょっと読んできたけど、これもそのうち欲しいな。
4872758471チェコのキュビズム建築とデザイン1911-1925 -ホホル、ゴチャール、ヤナーク- (INAX BOOKLET)
鈴木 豊 藤森 照信 ロスチスラフ・シュヴァーハ ペトル・ヴォルフ 住友和子編集室
INAXo 2009-03-14

by G-Tools


輝かしき伝説 いま明かされるティファニーの秘宝@うめだ阪急ギャラリー
中谷宇吉郎を見た後に、そういえばなんかやってるって聞いたような…と思い出して、寄ってみた。
ティファニーといえば、アールヌーヴォー好きにとってはガラスの人、L.C.ティファニーなわけですが、今回はそっちのティファニーじゃなくて宝石の方がメイン。
アールデコの宝石やら、カラーストーンのジュエリーやら、セレブを飾るジュエリーなど。
エリザベス・テイラー愛用品が目玉の展示だったらしく列が出来ていた。列が短そうなタイミングを見計らって並んで見て来た。これがなかなか凄くて、写真ではわからないけどすごく立体的だった。花弁の反りまで丁寧に作ってある。
他にも凝ったデザインで面白いのがあったけど、セレブ関連のだったと思うけど誰だったか忘れた。
そういう派手でキラキラなものだけではなく、銀製品やラッカー(漆塗り)のジュエリーも。この辺は良く知らないけどブランドなりにそこそこいいお値段なのかしら?オープンハートとか有名だよねー。たぶんその辺はお手頃なのかな?(ブランドジュエリーとかあんま興味ないんで…)
デザイナーの存在にもスポットを当てていた。パロマ・ピカソとか有名だよね。名前しか知らんけど。他のデザイナーも取り上げられてたかもしれないけど忘れた。
カラーストーンや細工が面白いジュエリーは好きなので見てて楽しかったけど、その次に面白かったのがトロフィー類。古いものでは100年位前のもあって、彫刻みたいだった。いや、普通に彫刻と呼んでいいと思う。新しいものだとWBCとかの野球のトロフィー。セリーグのトロフィーもあったよ。ちゃんと優勝チーム名が刻んであったから実際に使われてるものってことだよなあ。
展示室内で、ティファニーがこれだけ大手になれたのはドレスコードが云々…と豆知識を語っているのが聞こえてきた(詳細は忘れた)。その同じ人が、ティファニーって人の名前?土地の名前じゃないの?とか言っていたのが不思議だった。なんだよ、ティファニーに詳しいんじゃないのかい。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  00:59 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2013'07.14 (Sun)

パリ―大阪 街と芸術をめぐる物語@大丸梅田ミュージアム

見に行ったのは5月の話。これだけ単独記事にするには内容が薄いけど…。
http://www.daimaru.co.jp/museum/umeda/paris.html
淀君と椿姫が看板になってた。どーん。(ショーウィンドウの外側から撮ったのでわかりにくいけど、エスカレーター前です。)
2013-05-11_200200.jpg
春先にクールベ展を見に行ったときに、セット鑑賞券が安かったので買っていたもの。元大阪市立近代美術館建設準備室の所蔵品を紹介する展示、でいいのかな。全部が全部そうではなかったようだけど。
大阪市立近代美術館建設準備室から大阪新美術館建設準備室になってた。「近代」じゃなくなったのはどういう意味なんだろう。コンセプトとか説明したパネルがあったけどあんまり真面目に読んでないので、そこまで書いてあったかどうかは憶えてない。
大阪の美術館事情もいろいろあって、大阪の近代美術が十分に研究されてないところがあるようで、自分は大阪出身じゃないけど今はその辺に住んでるわけで、大阪の近代美術にも興味があるから、今度こそちゃんとした美術館ができてきちんと研究できる環境が整うといいなあと思う。
ミュシャファン的には、今は無きサントリーミュージアム天保山のポスターコレクションが大阪市に寄託されてるので、それをちゃんと有効活用してくれれば…。最近色んなところに貸し出してるのは見るけど、美術館ってコレクションを持ってる、展示する、それだけじゃなくて、どう見せるのか、作品の背景とか時代との関わりを研究したり紹介したりするのも大事な仕事だと思ってるから、そういう形でちゃんと活用してくれることを願ってます。
で、今回はパリと大阪を比較することで、大阪文化の豊かさを紹介してる…ということにしておこう。
先述のポスターコレクションからミュシャやらロートレックやらのポスターが展示されていた。さらにエコールドパリのコレクションも。この辺は今までにもある程度見てるのでさらっと鑑賞。モディとかキスリングとか好きだけど。
そして大阪の絵画の紹介。
日本画では、女流画家が紹介されてた。木谷千種、島成園、三露千鈴といったところ。最初の二人は知ってるけど、最後の人は知らなかった。女性だからなのかどうかはさておき、どの絵も好き。島成園の怪しい絵は大正デカダンってやつですかね。そういった女流画家の師匠でもあった北野恒富もあった。この人も好きなんだよなー。
あと、藻を刈る→儲かる、の連想から日本画で藻刈図というモチーフが人気だったとかいうエピソードが紹介されてて笑った。同じ話を別のどこかで見聞きした記憶があるんだけど、どこでだっけ…。
洋画も色々。浅井忠の海の絵があった。こんな絵も描くのかー。ちょっと意外な感じだった。小出楢重の花の絵がよかった。矢車菊?吉原治良もあったけど、比較的初期のシュールレアリスムっぽいやつ。終盤、国内外のシュルレアリスムな作品が並んでたっけ。
佐伯祐三もあった。絵の裏面に別の絵が描かれているというものがあったけど、もしやと思って壁に寄って眺めてみたら、やっぱり額縁が両面仕様になっているっぽかった。
大大阪と呼ばれていた時代とか、商工業が盛んだったことで東洋のマンチェスターと呼ばれていたとかで、そういうイメージを想起する絵もあったり。
こういう独自の歴史とか文化があるはずなのに、ちゃんと収集・研究する施設がないのは本当に残念。
グッズ売り場が微妙に充実していた。今は無き大阪市立近代美術館建設準備室心斎橋展示室(だっけ?)で開催された展覧会のグッズがたくさんあった。ミュシャのポスターとかポストカードもあったけど悩んだけど買わなかった。「油絵の大阪」って図録が気になったので買ってみた。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  18:06 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2013'07.06 (Sat)

関西コレクションズ 美の響演@大阪国立国際美術館

溜まった感想を片づけ中。アップする順番がめちゃくちゃだけど、これに行ったのは6月の頭。
大阪市近美(準備室)、国立国際(大阪)、兵庫県美、京都国立近美、滋賀県近美、和歌山県美の計6館のコレクション持ち寄り展。20世紀の欧米美術の流れを追う内容。
一応6館とも行ったことあるし、常設展示を見たりしてなんとなくそれぞれの美術館の特色はわかってるつもり。だいたいにおいて地元作家の保存紹介+αな感じで、そのαの部分に欧米の美術も含まれていたりするんだけど、どこの美術館にしろそれを目当てに行ったことがないから、今回の企画も個人的に微妙ではあった。好き好んで行っといてなんですが。
セザンヌのアレがトップバッター。すいません、タイトル憶えてない。三角形の構図がどうたらいうやつ。セザンヌはいまだに凄さがよくわからない。影響を受けてる人が多いのはよくわかるんだけど。単に好き嫌いの問題だろうか。
展示室に入る前にも作品はあった。和歌山県美で普段はエントランスに掛けてあるでっかいお目目が来てた。和歌山へ行くのは版画目当てなので、あそこの欧米コレクションはなんとなくしか記憶にない。2回しか行ったことないけど。海外に渡った日本人画家とかの方が印象に残ってるな。
序盤ではマックス・エルンストが好きなので嬉しかった。
京都近美のマティスは目玉なんだろうけど、個人的にあまり興味が…。晩年の切り絵風の作品の方が好き。あそこも欧米ものを持ってるっちゃー持ってるけどコレクションのほんの一部だし、欧米の名品をコレクションすることが目的でやってるわけじゃないから、あまり印象に残っていない。
兵庫県美の彫刻が幾つか来てた。兵庫県美で20世紀の欧米美術ってぴんとこなかったんだけど、彫刻があったか。見慣れた子たちが違う会場にいるのは変な感じ。いつもの場所は今どうなってるんだろうと思ったり。
コーネルの箱は正面からしか見えないようになってたのが残念。あれは手にとって眺めたいよなあと見るたび思う。無理な注文なのはわかってるけど。
滋賀県美は確かアメリカ美術のコレクション持ってたよな。と思ったらやっぱりその辺が少々。ここへは1回しか行ったことないけど、こんなの持ってるんだーと意外に思った記憶が。
オピーはかわいいっちゃーかわいいんだけど、だから何?と思ってしまうひねくれた私。ご本人に他意はないんだけど(どんな人か全然知らないし、そもそもあの絵柄以外の作風や思想を知らないし)、以前マネジメントだかなんだかしてるらしい人が、どっかのローカルな会社のチラシみたいのに対して絵柄をぱくられた!とか憤慨してるのを見たのが原因だったりする。あの絵柄って真似しようと思えばいくらでもできるし、影響力の大きい会社ならまだしもどこぞのローカルなチラシに対して心が狭いなあと。そんなことで文句言うのは「絵柄」が売りだからなのか?イラストレーターならわかるけど。
チラシにも出てた片足が水面から出てる絵はかわいかった。
全体を見ると、確かに6館選りすぐりなんだろうけど、大阪率が高かったような。
自分は19世紀なら西洋美術も好きだけど、話が20世紀に及ぶとどちらかというと日本の美術だったり、純粋美術より工芸とか写真とか商業美術に気持ちが傾くので、各館のコレクションでもそっち系が見たかったなーというのが正直なところ。
日本の美術も欧米の動向に影響されてるだろうし、そういうのを知る上では見とくのは悪くない展覧会だけどね。
20世紀以降の美術って、小難しい思想やら主張やらがあったりして、それが楽しめる場合もあれば、だから何?と思ってしまったり、そもそも鑑賞者に不快感を与えるのが目的というか、考えさせるのが目的なのがあったりもするので、総覧的に並べられても鑑賞し辛かったり、ファーストインパクトはあっても2度目3度目になるともういいやってなるものもあったりする。リアルタイムで見たら衝撃だったり発見があったりしたのかも?でも今更…みたいなのもあるし。あとは好みの問題で、好きだったら何度見ても楽しめるけど、って感じになっちゃうのかな。
フォンタナのキャンバス切り裂き絵画なんかもインパクト勝負ではあるけど、あれは「場を作る作品」みたいなところがあるから、何度目かでもそれなりに楽しめる気はする。
20世紀以降の欧米美術でも、もう少しテーマを絞って突っ込んだ内容だったら違う感想だったかも。
数年前に開催された大阪コレクションズを思い出したけど、あのときは3館共同企画で3館でそれぞれ別の企画をやってたから、同じコレクションを元にしていても切り口が違って面白かった。
次にまた似たようなことやるなら別のテーマでお願いしたいな。

ショップには各館から一押し?の図録が置いてあった。特に今回の展示とは関係なさそう。和歌山からは田中恭吉の「ひそめるもの」が置いてあったよ!
4947666609田中恭吉 ひそめるもの
和歌山県立近代美術館
玲風書房 2012-09

by G-Tools


企画展の後に見たコレクション展が楽しかったな。井田照一おもしろかった。この人の回顧展が1~2年前にあったとき、行こうか悩んで結局行かなかったんだよなー。行けばよかった。泉茂もあった!菅野聖子もあった!こういう関西ゆかりの作家を集めた共同企画も見てみたいなあ。
版画をコレクションの核にしてるところは多いんだし、そんな企画だって楽しそうなのに。
そんな風に思うのは少数だろうから、今回みたいな企画になるんだとは思うけど、結局欧米かよ、と思ってしまって面白くないわけです。それに日本にあるコレクションだけで欧米美術をさらうのはどうしても限定的になってしまうし。中途半端というか…。
特集展示として「ピカソの版画と陶芸」「塩見允枝子とフルクサス」もやっていた。ピカソの陶芸は何年か前にも見たような…。フルクサスは難しいなー。ちょっと面白いなと思う部分もあったけど。こういうのも「美術」なのか。そういやナムジュンパイクの作品が、作品に使われてるモニターの調子が悪くて展示中止になってた。機械を使った作品ってそういうことがあるんだよなあ。造形作品とかでメンテナンス大変そうだったり長持ちしそうにないものって難しいよなあと思う。絵画にもそういう面はあるけど、それ以上に脆そうだったり劣化しそうな素材って結構あるもんな。

ピカソを展示してた関係で、ショップにこんな本が置かれてた。短いコラムを集めたもの。その中にポスターがどうのという話があったので買ってみた。開高健って何してた人なのか全然知らないんだけど、以前NHKアーカイブスか何かでむかしの番組を放送してるときにこの人が釣りをしながら色々語ってるようなのをやってて、ナレーターがカイコウさんカイコウさん言ってたのが妙に印象に残っている。
4122018137ピカソはほんまに天才か―文学・映画・絵画… (中公文庫)
開高 健
中央公論社 1991-06

by G-Tools

別の本屋で見かけたこの本、泉茂とか井田照一についての記述があって気になってるんだけど、ごっついんだよなあ。井田照一単独の本も見かけたけど入門編にはちょっと…な感じだったし、泉茂の本なんて見かけたことないし(生前に出した作品集だっけ?堺で見た回顧展で展示されてたけど、でかかったし今でも入手可能なのか謎)、ちょうどいい感じの資料本があったら欲しいな。
4902078104関西現代版画史 (美学叢書 7)
奥村 泰彦 木村 秀樹 清水 佐保子 中谷 至宏 三木 哲夫 本江 邦夫 関西現代版画史編集委員会
美学出版 2007-11

by G-Tools


おまけ。美術館に行く途中で見かけた看板。グタイピナコテカ跡!
2013-06-02_145242.jpg
こんなところにあったのか…。今まで何度も通ってる道なのに今回初めて気づいた。ホテル建設中でした。
グタイピナコテカは、当時、中之島再開発のために閉館、取り壊されたらしいけど、ここの工事が始まる前ってなにが建ってたっけ?

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  12:31 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2013'07.01 (Mon)

加藤まさをの乙女デザイン展 華やかなる大正抒情画家たち ~夢二、かいち、華宵、春佳~

美術館「えき」KYOTOでやっていた加藤まさを展に行ってきた。
チラシにも使われてた、花と少女が合体したみたいな絵を以前見たことがあって、妙に印象に残っていた。
絵葉書、楽譜、少女雑誌など、いろんなものが展示されていたけど、特に絵葉書が面白かったな。
楽譜絵葉書というのが面白かった。3枚とか4枚とかのセットでストーリーになってる絵葉書シリーズとか、絵葉書は当時の庶民の身近なメディアだったという話を思い出す。
加藤まさをの絵は今の萌え絵に通じるものがあると思っていたら、解説にも「萌え」の言葉が。
特に序盤の絵が可愛くて細かくて、じっくり眺めて楽しんだ。
タイトルにあるように、まさを以外の人も展示されていた。夢二はやっぱりセノオ楽譜。かいちは絵葉書や封筒、華宵は女学生の絵とか。春佳は今まであまりよく知らなかったんだけど、フルネームは高橋春佳という人。他に中原淳一なんかもあった。
図録はなくて、限定リーフレットが売っていた。内容がよければ買ったんだけど、絵葉書として長方形の枠に収まってるのがいいのにトリミングしてるところが不満だったり、解説が物足りなかったり。
展示室で章ごとに掲げてあった解説プレートがよかった。時代と子供の扱いについてとか、印刷技術と画風の関係とか、そういう解説を載せててくれれば…。
時代背景として西洋の世界に触れて、戦争があったりして、日本人のアイデンティティとは何か?と探る気風があって、それを子供に託していたとか。小川未明とかが赤い鳥とかでやってた活動と繋がるのかな?絵本とか、児童向け雑誌とか。(この辺はうろ覚えの知識なのでいい加減)
リトグラフや木版、銅版ではなく、写真製版のオフセット印刷が、当時流行していた水彩画を再現するのに適していたとか。(色の再現性については異論を唱えたいところだけど…)
売店には関連書籍もたくさんあって、パンフレット代わりになる書籍でもないかと探してて、割とよさそうだったのでこの本を買ってみた。
489444755X大正・昭和の乙女デザイン―ロマンチック絵はがき
山田 俊幸 永山 多貴子 竹内 貴久雄
ピエ・ブックス 2009-05-08

by G-Tools

加藤まさをの絵だけでよければそういう本も出てた。これはこれで解説は面白そうなんだけど(特に「萌え」についての論が)、上の本の方がそのとき求めてる情報が載ってそうだったので。
4336056838加藤まさをのロマンティック・ファンタジー
加藤まさを 山田俊幸
国書刊行会 2013-06-10

by G-Tools

ちなみに同じ著者では「大正イマジュリィの世界」を持ってる。こっちは扱う範囲が「乙女」よりもう少し幅広い感じかな。
4894448688大正イマジュリィの世界―デザインとイラストレーションのモダーンズ
山田 俊幸
ピエブックス 2010-11-19

by G-Tools
売店では絵葉書資料館の絵葉書も売ってた。前日行ったところだーと思いながら見てた。そういえば加藤まさをを知ったのは絵葉書資料館でだっけなあ。
今度、阪急うめだのギャラリーで中原淳一展があるらしい。せっかくだし行ってみようか考え中。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  00:23 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ
 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。