2013年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2013'10.13 (Sun)

兵庫と和歌山のコレクション

古い話をふたつ。
7月末に、兵庫県立美術館へ、コレクション展のみを見に行ってきた。
ミニ企画のひとつは大阪にあった現代美術画廊、信濃橋画廊のコレクションを一括寄贈されたお披露目。その画廊は2010年で閉廊したらしい。信濃橋と聞くと信濃橋洋画研究所を思い浮かべるんだけど、それとは全然違った。
現代美術には疎い自分ですが、以前から兵庫県美が持ってたコレクションで信濃橋画廊に展示されたものもあるという紹介があったりして、兵庫県美リピーター的にはとっつきやすい内容になっていた。
画廊の歴史を振り返るような感じで、特定の作家に偏らず色んな作品が並んでいたので、なかなか感想も書きにくいんだけど、現代美術(もう現代じゃないけど)に触れるいい機会になったかなーと思う。
新収蔵品の紹介として、泉茂と菅野聖子があった。元永定正もあったよ。泉茂は縁があってファンになったけど、この頃の作品はどう反応したらいいのか悩むなあ。システマティックな絵画制作というやつなのか。タイトルの付け方まで徹底的。
そして、毎年恒例の手で見る造形。毎年見てるわけじゃないけど過去に何度か見ている。前回はイマイチだったけど、今回は結構面白かった。
低めの温度で焼いたという壷がよかったな。ああいう複雑な構造は触りがいがある。
でっかい壷みたいなのがあったけど、触ってみたら軽い感触。張りぼてという表現は違うかもしれないけど、軽そうな素材だった。こういう触ってみて実感できるものがあるってのは面白い。

8月末には、和歌山県美のコレクション展を見てきた(コレクション展2013-夏と、瑛九:紙の上の仕事)。本当はコレクション展だけじゃなくて夏休み向けの企画展示も見たかったんだけど、暑かったり天気が悪かったりでずるずる先延ばしにしてるうちに会期末になってしまって、見れなかった。残念。
コレクション展だけでも十分なボリュームだったけどね。特にお目当てだった瑛九のミニ企画がよかった。
コレクション展は夏をイメージさせる作品がいろいろ。そういう中に田中恭吉や恩地孝四郎がしれっと入ってるのが嬉しい。川口軌外の大型作品もよかったな。
そういうテーマとは別に和歌山ゆかりの作家たちも。高井貞二が気になる。泉茂や瑛九の油彩画もあった。
瑛九のミニ企画は、フォトデッサン/ペーパーワーク、エッチング、リトグラフ、資料展示といったところ。ミニ冊子ももらえた。エッチングとかリトグラフはじっくり見てるといくら時間があっても足りない。
それにちなんでデモクラート美術家協会とかの瑛九周辺作家たちもいろいろと出ていた。一人当たりの点数は少ないけど、いろんな人の作品が見れて楽しかった。池田満寿夫の「月に吠える」にまた会えて嬉しかった。
最後に瑛九の版画研究の成果発表みたいなパネルがあった。これが結構面白かった。銅版画の原版を元に復刻版を摺ってみた、みたいな内容だったけど、オリジナルはニュアンスを出すために色々と工夫をしてるらしいことと、復刻版はあくまで線を忠実に再現することに主眼を置くからそういった味を排除してる、とか、版画も奥が深いなあと。
次のミニ企画が香山小鳥なんで、また来ないと!和歌山は遠いんだよ、本当に。でも、楽しそうな企画をやってくれるんだよなあ。今度は企画展示も逃さずに行きたい。
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  08:24 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2013'10.12 (Sat)

挿絵と表紙絵からみる教科書の世界

お盆休みのちょっと前に、ふとした思い付きで、京都市学校歴史博物館というところへ行ってきた。
場所を大雑把にしか頭に入れずに行ったら迷った。道を一本間違えてて、行き過ぎてうろうろ…。
「挿絵」というキーワードに引っかかったんだけど、見終わってみると挿絵率は低かったような…。
「学校歴史博物館」なので、京都の学校(主に小学校?)の歴史を辿る常設展示室があって、それとは別に企画展示として、教科書の挿絵や表紙絵を紹介していた。
常設展示が案外面白くて、京都では全国的に小学校の制度が出来る前に小学校を始めてた(正確な表現じゃないかも)とか、またまたプライドの高い京都様だわ…と思ったり。(京都国立近美もそんなとこあるよね。別に嫌味ではなく感心している。)
さすが京都は違うぜと思ったのは、そんな小学校の出身者には名のある画家や工芸家がたくさんいて、母校に作品を寄贈しているということ。レプリカがあちこちに掲示されてたけど、あんな人、こんな人の作品が、小学校にあるなんて!いきなり魯山人の壷とかあるんだもんなあ。
常設展示のほうにも昔の教科書類が展示されていて、レプリカが手に取れるようになっていた。戦争の前後で墨で塗りつぶしたやつまであって、なかなかにヘビー。
京都だけなのか他の地方でもそうだったのか、小学校は区役所や警察、消防署などの役割も兼ねていたというのが面白かった。だから昔の小学校には緊急警報?用の鐘がついていたりする。ほとんどは残ってないらしいけど京都市内にひとつだけ残っているそうで、機会があったら探してみよう。
昔の学校は町民から寄付(強制?)を貰って運営してたそうで、かまどがひとつの単位として使われてたという話が面白かった。あと、学校のお金の出入りを記録した帳面で、糞尿を売って収入を得ていたという話が面白かった。どこでだったか最近そういう話を聞いたところだったので。(昔は人糞を肥料にしていたという話。)
昔のノートとして、紙だけじゃなくて黒板のちっちゃい版みたいなやつがあった。
古い話ばかりではなく比較的新しい内容もあった。給食の変遷についてとか。食品サンプルが展示されてた。こういうのって全国共通なのかなあ?私はアルミ食器→メラミンだったなあ。牛乳はビンからパックに変わった記憶が…。

企画展示では、教科書がいろいろと展示。
さるかに合戦が時代ごとに展示されてて、体は人間、頭の部分だけ動物になってる絵があった。前に絵本の展覧会で見たことがあったけど、シュールだよな…。それがある時期からはそういうスタイルじゃなくなるという説明があった。
教科書の歴史とは関係ないかもだけど、その背景とか気になるなー。
東郷青児や岩崎ちひろの絵が表紙の教科書もあった。
ドレミの歌がかわいかった。各音に対応するのは、どんぐり、レモン、みかん、歯、そらまめ、らっきょ、しいたけ、らしい。
常設展示じゃなくてこっちだったと思うけど、ランドセルが革じゃなくて竹の皮だっけな?そんな素材で出来たやつが展示されてた。(でも親の話とか聞くと戦後あたりの時代はまだランドセルは一般的じゃなかったっぽいけど…)

企画展示目当てのはずが、常設の方が盛りだくさんだったなあ。
建物も少し前まで小学校として使われてたものだから、卒業記念品が飾ってあったり、この学校自体の歴史の展示があったり、そういうのも楽しかったな。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  10:32 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ
 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。