2017年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2017'01.07 (Sat)

2016年に見た展覧会

2016年に行った展覧会の記録。
ツイッターからピックアップしたので展覧会名とか開催場所に怪しいところはあるかも。

1月
最後の印象派@岐阜県美
ピカソ天才の秘密+戦後日本のシュルレアリスム+水戸部七絵+常設@愛知県美
キース・へリング+常設@国立歴史博物館(台湾)
当代工芸設計分館(台湾)
物理、他いろいろ@台北市立美術館
2月
国立故宮博物院(台湾)
ミュシャが旅した世界 後期@堺市
命をめぐる物語+常設@山梨県美術館
クリスタルミュージアム(山梨)
袖珍博物館(台湾)
CROSS@台北当代芸術館
ハンドタトゥー他@国立台湾博物館
国父記念館(台湾)
中正記念堂(台湾)
不定的年代@二二八記念館(台湾)
3月
画家の詩、詩人の絵@姫路
ビアズリーと日本+常設@滋賀県美
4月
エドワード・ゴーリーの優雅な秘密@伊丹
ミュシャとコスチューム@堺市
ROSE ROSE ROSE@高島屋史料館
ポスターで魅せる「高島屋の懐かしHISTORY」@高島屋ダイニングメゾン
5月
恩地孝四郎+謄写版+常設@和歌山近美
大鎖国展@岡崎市美博
アール・ヌーヴォーの装飾磁器@岐阜県現代陶芸美
コレクション展@小磯
こどもとファッション@神戸ファッション美
文字の博覧会@LIXIL
ミュシャ展+常設@長崎県美
我が名は鶴亭+南蛮美術と古地図+画家が見た風景(コレクション)@神戸市博
6月
具体美術協会一九五〇年代@芦屋
谷崎潤一郎記念館
長谷川三郎と菅井汲 抽象への眼差し@BBプラザ
1945年±5年+中西勝+黒のひみつ+常設@兵庫県美
イングリッシュガーデン+江戸の植物画+近代京都の姿+常設@京都文博
近代大阪職人図鑑+指定文化財+常設@大阪歴博
明和電機ナンセンスマシーン@グランフロント
宮川香山@東洋陶磁美術館
7月
1945±5@兵庫県美
競演!オリエントと中南米@岡山市立オリエント美術館
原田直次郎+三宅克己+常設@岡山県美術館
常設@岡山県立博物館
ミュシャのアトリエ@堺市
チェコのグラフィックデザイン@京都工繊
上島鳳山と近代大阪の画家たち@泉屋博古館
仙台の祭りと年中行事@仙台市歴史民俗資料館
イチ押し収蔵品 主役・わき役キャラクター大集合!+常設@仙台市博物館
科学で楽しむ怪異考 妖怪古生物@阪大
8月
ビカリアとみずなみの化石たち@瑞浪市化石博物館
&その周辺施設いろいろ
ミュシャ展@清須市はるひ
ルノワールの時代@名古屋ボストン
藤田嗣治+つなぐ×つつむ×つかむ 無視覚流鑑賞の極意@兵庫県美
9月
ダリ版画展+アートと考古学@京都文博
アンフォルメルと日本の美術+七彩に集った作家たち@京近美
チェコ絵本をめぐる旅@芦屋
和田英作@小磯
フランスの風景 樹をめぐる物語+ミセレーレ+土屋輝雄+常設@岐阜県美
ジュリア・マーガレットキャメロン@三菱一号館
メッケネムとドイツ初期銅版画+常設@国立西洋
おいしい広告―欧米と日本の飲食物のポスターを中心に―」「くすりと化粧のアラカルト」@京都工繊
10月
松方コレクション@神戸市博
見世物大博覧会@民博
吉原治良の挑戦@芦屋
絵葉書にみる日本と中国:1894-1945@立命館平和
刺繍と天鵞絨@清水三年坂
ウィリアム・ホガース”描かれた道徳”の分析@伊丹
11月
WASHI 紙のみぞ知る用と美@LIXIL
ブルガリ@阪急
小寺鳩甫と酒井七馬+養老孟司・宮崎駿ふたり展@京都国際マンガミュージアム
マリー・ローランサン@えきKYOTO
関西大学のちから@関西大学
初代尼崎市長櫻井忠剛の事績@尼信会館
関西大学のちから@大阪歴博
内国博で地域振興!?明治の夢、大大阪を拓く@池田市立歴史民俗資料館
12月
描かれた花々@小磯
再発見!小寺鳩甫@伊丹
ホキ美術館名品展@阪急
色の博物誌@目黒
小田野直武と秋田蘭画@サントリー
身体をめぐる商品史+常設@国立歴史民俗博物館
日本画との対話、自然と人間@BBプラザ
ポンペイの壁画、ハナヤ勘兵衛、彫刻大集合@兵庫県美
驚きの明治工藝@細見
招き猫博覧会@高島屋
Edit |  20:42 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2017'01.07 (Sat)

2015年に見た展覧会

2015年に行った展覧会の記録。
展覧会名とか開催場所は色々省略されている。


1月
ミュシャが彩る物語@堺
与謝野晶子文学館移転前の特別展示
新印象派@ハルカス
芹沢銈介@高島屋
2月
シャレにしてオツ@伊丹
日本の写真史を飾った写真家の「私の1枚」@伊丹
月映@和歌山 前期
ホドラー@兵庫県美
阪神淡路大震災から20年@兵庫県美
月映@和歌山 後期
高野山 祈りの美@大阪高島屋
高岡徳太郎@大阪高島屋
3月
チューリヒ美術館@神戸市博
横尾忠則 大涅槃展
阪神間スタイル@神戸ファッション美
衣服にできること@神戸ファッション美
ロイヤルアカデミー@愛知県美
4月
ベストオブザベスト@ブリヂストン
ボンボニエール@学習院
お茶@切手の博物館
大阪万博1970デザインプロジェクト@MOMAT
 MOMATコレクション
科学開講!京大コレクションによる教育事始@LIXIL銀座
5月
ガレドームラリック@大一美術館
世界に挑んだ明治の美 宮川香山とアールヌーヴォー@ヤマザキマザック
月映@愛知県美
超絶刺繍@神戸ファッション美
魔女の秘密@天保山
クラブ式広告展@クラブコスメチックス
磯江毅@広島県美
コレクション展 工芸、民芸@広島県美
6月
ミュシャとラリック@箱根ラリック美
セザンヌ 近代絵画の父になるまで@ポーラ美術館
日本近代洋画@講談社野間美術館
橘小夢、高畠華宵@弥生美術館
夢二 詩と絵のおくりもの@夢二美術館
山口小夜子 未来を着る人@東京現美
 東京現美のコレクション展
7月
昔も今も、こんぴらさん@ハルカス
ミュシャの花冠@堺
高松次郎 制作の軌跡@大阪国立国際美
アクセサリーミュージアム
アールデコの邸宅美術館@庭園美術館
エリックサティとその時代@Bunkamura
8月
正延正敏展@西宮大谷
阪神間で活躍したグラフィックデザイナー 今竹七郎を中心に@西宮大谷
泉茂の版画紀行@BB美
船越桂 私の中のスフィンクス@兵庫県美
手で見る造形 手塚愛子@兵庫県美
芦屋モダンクロニクル@芦屋市美博
日韓近代美術家のまなざし@岐阜県美
ダブルインパクト 明治ニッポンの美@名古屋ボストン
芸術植物園@愛知県美
飯山由貴@愛知県美
画家と戦争@名古屋市美
アールヌーヴォーのガラス デュッセルドルフ美術館 ゲルダケプフコレクション@パナ汐
衣服が語る戦争@文化服飾学園
画鬼暁斎@三菱一号館
9月
小林一三 夢とそろばん@阪急うめだ
スサノヲの到来@松濤美
これからの美術館辞典@MOMAT
MOMATコレクション
 誰がためにたたかう?
 事物 1970年代の日本の写真と美術を考えるキーワード
鉄道遺構再発見@LIXIL銀座
超絶技巧!明治工芸の粋@岐阜県現代陶芸美
吉田喜彦とうつくしいものたち
小さな藤田嗣治展@岐阜県美
 常設展示 佐藤慶次郎
20世紀日本美術再見 1940年代@三重県美
10月
デジタル×ファッション@神戸ファッション美
富士ゼロックスアートスペース
五姓田義松@神奈川県歴博
神奈川県立歴史博物館の常設展
コレクション展 戦後と美術 新版画@横浜美術館
宮川香山眞葛ミュージアム
温泉と文芸と鉄道@新橋鉄道歴史展示室
月映@東京ステーションギャラリー
ユトリロとヴァラドン@えきKYOTO
11月
伝説の洋画家たち 二科100年展@大阪市美
国立美術館巡回展 洋画の大樹が根付くまで@小磯記念
日本衣装絵巻@神戸ファッション美
世界を変えた書物展@グランフロント
ミュシャと世紀末の幻想@堺
ベストセレクション@町田市立国際版画美術館
 恩地孝四郎とその周辺
日影丈吉と雑誌宝石の作家たち@町田文学館
藤田嗣治、全所蔵作品展示 てぶくろ、ろくぶて@MOMAT
浮世絵から写真へ@江戸博
市民からのおくりもの2015@江戸博
旅と芸術@埼玉県美
縫い その造形と魅力@うらわ美
伊東深水が見た像@伊勢半紅ミュージアム
12月
鴨居玲 踊り候え 展@伊丹
英国の夢 ラファエル前派展@名古屋市美
谷中安規展 版画大行進!@兵庫県美
ジョルジュ・モランディ展 終わりなき変奏@兵庫県美
薬草の植物誌@LIXIL大阪
ミュシャの旅した世界@堺
アールヌーヴォーを彩ったミュシャ@利晶の杜
Edit |  20:38 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2017'01.07 (Sat)

2013年末~2014年に見た展覧会(感想を上げられなかった分)

ブログに感想を上げなくなってから以降、2013年終盤から2014年に見た展覧会の記録。
ツイッターから抜粋。たぶん抜けはない、はず。

2013年
10月
知られざるミュシャ展@名古屋松坂屋
11月
ヴィクトリア時代の室内装飾‐女性たちのユートピア‐@リクシル
ゲンビ New era for creations - 現代美術懇談会の軌跡1952-1957@芦屋市立美術博物館
タカシマヤ・グラフィック・ヒストリー「ポスター100年展」@高島屋史料館
横尾忠則 肖像図鑑@横尾忠則現代美術館
兵庫・神戸の仲間たち+現代陶芸@BBプラザ
横尾忠則 感応する風景@兵庫県美
薄白色の余韻 小林且典@同ギャラリー
昭和モダン 絵画と文学 1926-1936+常設@兵庫県美
京都市美術館開館80周年記念 竹内栖鳳展 近代日本画の巨人+常設@京都市美
レオナール・フジタとパリ 1913-1931@えきKYOTO
ハイレッドセンター+ホセ・ガダルーペ・ポサダ(諷刺画)+常設@名古屋市美
白髪一雄@尼崎市総合文化センター
リサとガスパール@阪急うめだ
12月
ブルーノ・タウトの工芸@LIXILギャラリー大阪
目・耳・WAR-総動員体制と戦意高揚-+常設@立命館大学国際平和ミュージアム
美の跫音(あしおと)-1952年のパリ・ローマ・フィレンツェ-+浅井忠の眼-パリの街角を飾ったポスター-@堂本印象美術館
クヴィエタ・パツォウスカーとチェコの絵本展@えきKYOTO
丸沼芸術の森所蔵 ベン・シャーン展 線の魔術師 || The Magic of Lines@伊丹


2014年
1月
あなたの肖像 工藤哲巳回顧展@国立国際美術館
上前智祐展 ―時を刻む― 点描・マッチ・縫い・版画+大阪府20世紀美術コレクションによる『具体』作家展@大阪府立 江之子島文化芸術創造センター/enoco
熱情と冷静のアヴァンギャルド@dddギャラリー
2月
具体円熟/終幕+芦屋ライフスタイル劇場@芦屋
フルーツ・オブ・パッション ポンピドゥー・センター・コレクション展+奥田善巳+常設@兵庫県立美術館
物質(モノ)と美術+人間と宇宙のドラマ:吹田文明・堀井英男・長岡國人@和歌山県立近代美術館
テート美術館の至宝 ラファエル前派展 英国ヴィクトリア朝絵画の夢@森アーツセンターギャラリー
ウィン・バロック@フジフィルムスクエア
ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900@三菱一号館美術館
水辺のアルカディア ピュヴィス・ド・シャヴァンヌの神話世界@Bunkamura ザ・ミュージアム
アートに生きた画家たち -日本画に観る〈雪・月・花〉/洋画に観る〈人〉-@BBプラザ
ターナー展@兵庫県美
ウールの衣服@神戸ファッション美術館
失われた風景を求めて(ハナヤ勘兵衛、中山岩太他)@神戸ゆかりの美術館
3月
ミュシャが見たパリ 時代を映すポスター +堺のゆかりびとたち@堺市
川瀬巴水@高島屋なんば
暮らしと美術と高島屋@京都高島屋
島成園と近代大阪女性画展@堺市
お蔵出しミュシャコレクション@堺市
グルスキー+ニコッとシェー+常設@国立国際
版画について考える 101年目の宿題+モノクロームの世界+常設@和歌山近美
4月
京都ゆかりの美術家たち@高島屋史料館
きらめく日本画コレクション(大阪市のコレクションを中心に)@高島屋大阪店
ばらのペア団扇特集@なんばダイニングメゾン
プライベートユートピア ここだけの場所 ─ ブリティッシュ・カウンシル・コレクションにみる英国美術の現在@伊丹市
5月
コレクション展(ミュシャの花飾りをつけた娘(油彩))@岐阜県美
Future Beauty+チェコポスター+常設@京都近美
恋する美人画@京都市美
コレクション名品選@細見美術館
描かれたチャイナドレス@ブリヂストン美術館
日本のポスターと消費文化+吉村順三@京都工繊
ちょっとパリまで、ず~っとパリで+中国の青銅器@泉屋古博館
青春の熱き鼓動・滞欧作品 第1期 明治から大正初期@星野画廊
武井武雄の世界@高島屋
岸田吟香・劉生・麗子展 知られざる精神の系譜+常設(ダムに沈んだ町他)@岡山県美
常設@岡山県立博物館
工芸染織@高島屋岡山
6月
クラブ化粧品のよそおい展~明治末から大正・昭和初期のスキンケア・メイク~@クラブコスメチックス
Beauty History, Beauty Forever 時代に磨かれる「からだ」美(京都服飾文化研究財団 ワコール)@阪急うめだ
上方の浮世絵+常設@大阪歴史博物館
ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション@あべのハルカス
ミュシャお蔵出しコレクション 後期@堺市
ファッションの玉手箱+フェリシモコスプレ衣装@神戸ファッション美術館
KOBE ARTISTS MUSEUM Collection ―洋画・日本画・版画・彫刻 55人の美術家たち―」@神戸ゆかり
もーやんとえっちゃん@BBプラザ
官展にみる近代美術+常設@兵庫県美
7月
挑戦する日本画:1950~70年代の画家たち+常設@名古屋市美術館
光風会100回展記念 洋画家たちの青春 ー白馬会から光風会へー@松坂屋美術館
松坂屋史料室
没後90年 近代日本洋画の巨匠 黒田清輝展+常設@京都文化博物館
バルビゾン派への道 山寺 後藤美術館コレクション展@えきKYOTO
中澤弘光展+常設@三重県立美術館
8月
浪漫図案~明治・大正・昭和の商業デザイン~@大阪くらしの今昔館
具体、海を渡る@芦屋市美術博物館
3人の妻@谷崎潤一郎記念館
武井武雄展@難波高島屋
奇なるものへの挑戦+常設@岐阜県博物館
パスキン+常設@岐阜県美術館
指輪展(橋本コレクション)+常設@国立西洋美術館
ヴァロットン@三菱一号館美術館
絵葉書世界~オペラとジャポニズム~@銀座十字屋
バレエリュス衣装展@国立新美術館
オルセー美術館展@国立新美術館
ポール・デルヴォーとベルギー近代絵画+常設@ヤマザキマザック美術館
フォートリエ+ドイツとオーストリアの雑誌とデザイン+高橋節郎+常設@豊田市美術館
うるしの近代+常設(秦テルヲの戦中絵日記、ヨシダミノル特集他)@京都国立近美
デミタスコスモス@細見美術館
9月
ベル・エポックを生きた夢二とロートレック@京都高島屋
ミュシャスタイル@堺市
晶子さんからのおくりもの@堺市
デュフィ@あべのハルカス
世界のファッション@神戸ファッション美術館
エトランゼの旅物語展@神戸ゆかりの美術館
ねこ展(岩合光昭)@阪急うめだ
宝塚歌劇100年展+常設@兵庫県美
10月
熊谷守一 守一のいる場所+常設@岐阜
11月
ホイッスラー展+常設@京近美
生誕120年 川西英回顧展@小磯記念美術館
ファッション史の愉しみ@神戸ファッション美術館
並河七宝記念館
ボストン美術館 華麗なるジャポニスム@京都市美
神尾勇治コレクション 仙厓と鍋島 美と向き合う、美を愉しむ@細見美術館
四谷シモン@西宮市大谷記念美術館
12月
サントリーポスターコレクションに見るベルエポックのポスター@京都工芸繊維大学
ルネ・ラリック 香りと装いの美(北澤美術館)@えきKYOTO
Edit |  20:32 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

2017'01.04 (Wed)

2017年度のミュシャ展

2017年は「日本におけるチェコ文化年」ということで、ミュシャ絡みのイベントがたくさん!とりあえず今出てる情報をピックアップしてみました。これを参考にして今年の計画を立てよう!
http://czechculture2017.jp/index.html
(↑に関係なくてもイベントを見つけ次第、随時追加していく予定)

※2016年度(2017年3月まで)の分はこちら
http://ira.blog2.fc2.com/blog-entry-818.html

※堺アルフォンス・ミュシャ館 臨時休館
平成29年2月6日(月)~6月30日(金)
https://mucha.sakai-bunshin.com/news.jsp?id=2661114


2017年3月8日(水)~6月5日(月)
ミュシャ展
国立新美術館
http://www.mucha2017.jp/
http://www.nact.jp/exhibition_special/
コメント:以前から噂になっているスラヴ叙事詩が展示される予定。堺のコレクションも!
堺市プレスリリース:蛇ブレス、ウミロフミラー、ハーモニーなど38点を貸出
http://www.city.sakai.lg.jp/shisei/koho/hodo/hodoteikyoshiryo/kakohodo/teikyoshiryo_h28/teikyoshiryo_h2809/0907_01.html

2017.4.22. SAT. - 5.28.SUN.
アルフォンス・ミュシャ展
酒田市美術館(山形)
http://www.sakata-art-museum.jp/
コメント:アール・ヌーヴォーの旗手として、その名を美術史に残したアルフォンス・ミュシャ(チェコ語でムハ)の展覧会。ポスターや室内装飾パネルなどの代表的な作品をはじめ、挿絵作家としての作品、装飾資料集、商品パッケージ、カレンダー、ポストカードのほか祖国チェコで手掛けた切手や紙幣など、初公開の資料を含む約400点を紹介。フランス・アメリカ・チェコへと拠点を移して活躍した50年の画業をたどりながら、ミュシャの全容に迫ります。数年をかけて日本全国を巡回予定。

2017 年 6 月 2 日(金)~7 月 2 日(日)
FELL THE Mucha HEART ~民衆のための芸術とチェコへの愛~
伊藤忠青山アートスクエア(東京)
http://www.itochu-artsquare.jp/
http://www.itochu.co.jp/ja/csr/news/2017/170302.html
コメント:OGATAコレクションとOZAWAコレクション

2017年7月1日(土)~2017年11月5日(日)
企画展「あこがれ アルフォンス・ミュシャに魅せられた人々」
堺市文化館 アルフォンス・ミュシャ館
http://mucha.sakai-bunshin.com/

2017.7.15. SAT. - 9.24. SUN.
アルフォンス・ミュシャ展
佐川美術館(滋賀)
http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/
コメント:アール・ヌーヴォーの旗手として、その名を美術史に残したアルフォンス・ミュシャ(チェコ語でムハ)の展覧会。ポスターや室内装飾パネルなどの代表的な作品をはじめ、挿絵作家としての作品、装飾資料集、商品パッケージ、カレンダー、ポストカードのほか祖国チェコで手掛けた切手や紙幣など、初公開の資料を含む約400点を紹介。フランス・アメリカ・チェコへと拠点を移して活躍した50年の画業をたどりながら、ミュシャの全容に迫ります。数年をかけて日本全国を巡回予定。

2017.10.14 SAT-11.26 SUN
アルフォンス・ミュシャ展(仮称)
美術館「えき」KYOTO(京都)
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/
コメント:詳細不明

2018年2月24日(土)~ 4月8日(日)
ミュシャ展 ~ミュシャと女たち~
ひろしま美術館
http://www.hiroshima-museum.jp/special/index.html
コメント:チマルコレクション
Edit |  23:26 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ
 | HOME | 
アクセス解析