FC2ブログ
2018年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2018'01.18 (Thu)

2018年度のミュシャ展

2017年度に引き続き、2018年度もミュシャ展は全国を巡るようです。
現時点(2018年1月)分かっているのは、OGATAコレクションの巡回と、チマルコレクションの巡回。
年度をまたぐ展覧会も入れています。
※随時追加予定

2018年2月24日(土)~ 4月8日(日)
ミュシャ展 ~運命の女たち~
ひろしま美術館
http://www.hiroshima-museum.jp/special/index.html
コメント:チマルコレクション

3/17(土)~5/6(日)
アルフォンス・ミュシャ展
浦添市美術館
http://museum.city.urasoe.lg.jp/tenran/schedule.html
https://www.instagram.com/p/BdaN4mDlupq/?hl=ja
コメント:OGATAコレクション

3/17~7/8
ミュシャと新しい芸術 アール・ヌーヴォーとミュシャ・スタイル
堺アルフォンス・ミュシャ館
https://mucha.sakai-bunshin.com

4/28~6/3
特別共催展「アール・ヌーヴォーの華 ミュシャ展」
米子市美術館
http://www.nnn.co.jp/event/mucha/
http://www.yonagobunka.net/y-moa/
コメント:OGATAコレクション、堺市や川崎市も協力

2018/4/20-5/27
ミュシャ展 ~運命の女たち~
福岡アジア美術館
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/home.html
コメント:チマルコレクション

2018/6/2-7/15
ミュシャ展 ~運命の女たち~
静岡市美術館
http://www.shizubi.jp
コメント:チマルコレクション+OGATAコレクション

6/16~9/2
アール・ヌーヴォーの華 アルフォンス・ミュシャ
河口湖美術館
http://www.fkchannel.jp/kgmuse/exhibition/
コメント:たぶんOGATAコレクション

2018/7/20-9/2
ミュシャ展 ~運命の女たち~
鹿児島市立美術館
http://www.city.kagoshima.lg.jp/artmuseum/
コメント:チマルコレクション

2018/9/14(金) ~ 2018/10/21(日)
ミュシャ展 ~運命の女たち~
TFUギャラリーミニモリ(宮城県)
https://www.tfu.ac.jp/minimori/

10月27日(土) ~ 12月24日(月)
ミュシャ展 ~運命の女たち~
植野記念美術館(兵庫県丹波市)
http://www.city.tamba.lg.jp/site/bijyutukan/yusyaunnmeinoonnatati.html

2018/07/14(土)〜2018/11/11(日)
物語を彩る ミュシャと挿絵の世界
堺市アルフォンス・ミュシャ館
https://mucha.sakai-bunshin.com

2018年12月26日(水)~2019年1月7日(月)
​ミュシャ展
小田急百貨店 新宿店本館11階 催物場
コメント:OGATAコレクション 400点くらい展示されるらしい


★サラ・ベルナールの世界展★
9月15日(土)~11月11日(日)
群馬県立近代美術館
http://mmag.pref.gunma.jp/index.html
https://www.sunm.co.jp/sarah/
コメント:ミュシャ率はたぶんそこまで高くないかも…

巡回先
2018年11月17日〜12月1日
京都工芸繊維大学美術工芸資料館(特別会場)

2018/11/23~2019/3/3
堺市アルフォンス・ミュシャ館

2019年3月28日〜6月30日
箱根ラリック美術館

以降、いわき市美術館、横須賀美術館、松濤美術館を巡回予定
(巡回先会場は図録に記載されているらしい・伝聞)
2019/7/20-9/1 福島会場
2019/9/14-11/4 神奈川会場
2019/12/7-2020/1/31 東京会場
(日程はNHK日曜美術館アートシーンより)

★番外:チェコ★
2018.7.19~2019.1.13
スラヴ叙事詩展(?)
プラハ市民会館
http://www.obecnidum.cz/en/vystava/25475/
http://www.ghmp.cz/vystavy/4336-alfons-mucha-slovanska-epopej/
コメント:スラヴ叙事詩の中でも小さめの作品を11点展示。
(主に第1次世界大戦中または以降に制作されたもの)
スラヴ叙事詩は全20点あるため、全作品の展示ではない。残りの9点はブルノで展示中(↓)

2018/5/26~12/31
『アルフォンス・ミュシャ:二つの世界』
ブルノ・エキシビションセンター
https://www.gotobrno.cz/en/actions/slovanska-epopej-slav-epic/
コメント:スラヴ叙事詩9点とポスター類を展示。(元レンドルコレクション)
スラヴ叙事詩のどの作品が展示されているかは以下のブログに詳しい。
「スラヴ叙事詩」をアルフォンス・ミュシャが過ごしたブルノで/RE:PUBLIKA | How to be Czech
スポンサーサイト
Edit |  21:33 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ
 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。