2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2005'01.10 (Mon)

美しき日本の絵はがき展

1月3日に名古屋ボストン美術館へ行ってきました。そこで見つけたミュシャもどき。
20050110211416.jpg

太田三郎(1884-1969)「天使」(明治後期)

具体的にどの作品に似ているというのはないんですが、百合の花と、女性の衣装がミュシャっぽいなあと思いまして。

行く前はあんまり期待してなかったけどなかなか面白かったです。
当時の年賀状も展示されていてタイムリーで楽しかったし。
葉書なので使用済みのものもあって、書かれている文面を見て面白がったりとか。
それほど深刻な内容はなかったと思うけど人様のプライバシーを見るようでちょっと悪い気も。

同時開催でオキーフ展もやってて、同じチケットで入れるので見てみたけど、点数が少なくてイマイチでした。
ついでに美術館の図書コーナーに立ち寄ってみたら大きな美術図鑑があって、つい読みふけってしまいました。

この展覧会には「ボストン美術館所蔵 ローダー・コレクション」という注釈が付いていますが、このローダーというのは化粧品会社「エスティ・ローダー」の人なんですね。
そんな関係で先着何名かの入場者には口紅のサンプルがプレゼントされ、福引(たぶん新年限定)では化粧品セットのプレゼントもありました。
去年の暮れまで東京で開催されていたそうですが、そのときも口紅サンプルのプレゼントはあったみたいです。
だから今後の巡回先でも同じようなプレゼントがあるのかな?
しかし男が貰っても困るだろうに…(身近に貰ってくれる人がいればいいけど)
実はこの展覧会には学生時代の友人(男)と行ったんですが、案の定、口紅のサンプルはいらないというので私が貰って帰りました。

「美しき日本の絵はがき展」は2/20まで名古屋で開催された後、広島、京都へ巡回します。
詳しいスケジュールは下記URLへどうぞ。
http://www.bloc.jp/ira/

関連記事
Edit |  21:35 |  ミュシャもどき  |  TB(0)  |  CM(2)   このページの上へ

Comment

●和風テイストですね!

新年明けましておめでとうございます。こちらへは初カキコです。
Iraさんが今回見つけた「和風テイストなミュシャ・イラスト」、興味深く拝見させていただきました。
ミュシャの絵は「ラ・プリュム」という雑誌を通して19世紀末の日本にも入ってきていたようで、当時の雑誌「明星」(与謝野鉄幹主宰)にも挿絵として使われたこともあります。サロン・デ・サンで女性が手にしている「ソコル」と呼ばれる丸い輪の図案が、明星では一筆啓上に変わってましたが(苦笑)。
2005年もIraさんの「ミュシャもどきのイラスト探索」、楽しみにしております(笑)。
ケン | 2005年01月11日(火) 21:26 | URL | コメント編集

●コメントありがとうございます

>ケンさん
明けましておめでとうございます。
このブログへの初コメントありがとうございます(^^)
ミュシャもどきの判定はかなり主観が入っているので
微妙なものを紹介するときはちょっと緊張しますが、
興味深いと言ってもらえて安心しました。
明星のミュシャもどきは笑えますよね~。
あそこまでモロだとわかりやすいんですが(笑)
また何か面白いものがあったら紹介していきますね。
Ira | 2005年01月11日(火) 23:16 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。