2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2005'01.31 (Mon)

ミュシャおっかけツアーその2~ミュシャ展おみやげ編

会場を出たところにいきなり複製ポスターが並んでるのに苦笑。
例の何十万もする高級複製版画ではなく何万円程度の高級印刷ポスターでしたが。
ふうんと思いながら壁際を歩いていくと、突然オリジナルの販売コーナーになってました。こちらは装飾資料集とかアンティークポストカードとか挿絵作品など。挿絵はクリオ、イルゼ、ラマ、クリスマスの鐘などありました。ガラスケースに額装前の本の状態のものも置いてあって、ついそっちに注目していたら店員さんが寄ってきたのでどこかの画廊さんですか?と聞くとアート読売だとか言ってました。レナート&ヴェイユの本と"Complete Graphic Works"もあったのでこれって今は入手困難なんですよねーとかひとしきり雑談した後、普通のグッズコーナーに移動。

そこには高松とは比べ物にならないほどの展覧会オリジナルグッズが!どういうことよ?と半分喜び半分むかつきながら、さっそく物色開始。
まずは定番のポスターとポストカード。ポスターは高松より種類が増えてるよ。大判のジスモンダと椿姫があったので椿姫を買うことに決定。他にあったのは、クリアファイル、一筆箋、ストラップ、キーホルダー、ペーパーウェイト、マグネット、しおり。マグネットとごっちゃになってるんだけどアートミラーもあったかなあ?それぞれに絵柄違い、形状違いが何種類もあって、全部合わせるとすごい数です。

売り場は大きく2つに分かれていたので、隣のブース(?)へ移動。こちらはちょっとお高めのグッズとか市販の商品が並んでました。
市販品は、フィギュア、パズル、食器、カード類。
フィギュアは箱売りもしてました。あれは箱買いがお勧め。
http://www.takaratoys.co.jp/takara_candy_toy/mucha/
パズルはこんな感じ。
http://www.yanoman.co.jp/product/puzzle/art_mucha.html
食器はこんな感じ。
■ミュシャ・モラヴィア・サービングセット 3pcs ■ミュシャ・モラヴィア・モーニングセット 11pcs
カード類はGraphic Stationの妙な金ぴかエンボス仕上げのもの。
ちゃんと見てないのでカードじゃなかったらごめんなさい。

壁にジスモンダと椿姫の大きなスカーフがかけてあるのが見えて、瞬間的に心の中で即決してました。見せてくれと頼むと裏からさらに色んな種類のスカーフが…。トスカ、羽根、桜草。後はミュシャかどうか怪しい植物柄でした。店員さんは財団公認ですーとか言ってたけどそんなこたあどうでもいい。フランスで売ってるとか言ってたけどチェコの間違いかも。1点ものらしく(だぶん1点ずつしか仕入れてないという意味だと思う)、私が買ってしまったのでもう椿姫はありません。
1点ものじゃないスカーフもあって、装飾資料集風の柄でした。

その近くにはコイン風のレリーフのペンダントトップ、ピンブローチなどがありました。同じモチーフのバリエーションです。お値段はまあまあお手ごろ?絵柄は5種類くらいあったかな。蔦とか月桂樹とか。そのレリーフを大きくして壁飾りにしたものもありました。そっちは結構高かったような。
超高級グッズはカメオ。これは昔どこかで見たことあるけど高いのよねえ。面白いのでじっくり見ておきました。
高そうな時計もあった。なんとかいうブランド名が書いてあったけど忘れた。
コレクター向けの切手もありました。海外で発行されたもので何種類かあった。これはそんなに高くないかな。後で行った切手の博物館でも一部が売られてました。
あと、展示されてなかったけど、裏で四季のTシャツを持ってるのが見えた。

ひとしきり見た後振り返るとまだ見てなかった壁にも絵がかかっているので寄ってみると、INAXのセラミックアートやタイルでした。
http://www.inax.co.jp/company/news/bn/2002_04/1120.html
おおー、これが噂の…。実物を見るのは初めてなのでじっくり見ときました。
さらに横には例の高級複製版画も。これは見飽きてるのでさらっと。

というわけで、私が買ったグッズは以下の通り。
・クリアしおり2種・椿姫のポスター
・12宮のストラップ・椿姫のスカーフ
とにかくモノがありすぎて、結果的に少ししか買いませんでした。
スカーフはお高かったので総額は結構しましたが。
図録とポストカードは既に高松で買ってるのでパス。

20050131211742.jpg


さて、会場を出たらもう終わり、ではありません。美術館常設のミュージアムショップにも行かねばなりません。52枚全部絵が違うミュシャトランプが売ってたから。
美術館に入ってすぐのところにあって、切符を買うときにそれを見てたので、帰りに寄ってすかさずゲット。他に、100枚セットのポストカードブックとかマグネットとか怪しいブルネットのTシャツとかありました。マグネットは上で売ってたのとは別物。Tシャツはブルネットがでかでかとプリントされたちょっと微妙な品。

こんな感じで、展示そのものよりもグッズに夢中なミュシャ展でした。
次は目白へ移動です。

*追記*
アートよみうりのミュシャ展グッズ紹介ページを見つけました。
グッズの一部しか紹介されていませんが雰囲気は伝わるかなと。
http://www.yomiuri.co.jp/adv/artyomiuri/
これ見てZIPPOのことをすっかり忘れていたことに気付きました。
そういえばあったなあ。

*さらに追記*
都美術館のミュージアムショップの紹介ページです。
http://www.bijutsu.biz/CGI/tobikan/tobikan.cgi

関連記事
Edit |  22:20 |  ミュシャ一般  |  TB(1)  |  CM(2)   このページの上へ

Comment

●タイル

こんばんは。
銀座のINAXのショールームで
ミュシャのタイル見てきました。
実物はとってもいい感じです。
こんなタイル、お風呂にあったらな~
うちのお風呂じゃ・・・
Tak | 2005年02月08日(火) 22:58 | URL | コメント編集

●すごい行動力ですね>Takさん

こんばんは。
INAXまで見に行っちゃったんですか?すごい行動力ですね~。
お風呂にそんなタイルを入れたら長風呂しすぎてのぼせちゃいそうですね。お風呂掃除にも気合が入りそうです(笑)
Ira | 2005年02月08日(火) 23:26 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

●銀座でミュシャ・タイル

上野で開催されているアルフォンス・ミュシャ展この展覧会を主催する企業を見てみると・・・主催=東京都美術館・ミュシャ財団・日本テレビ放送網・NTVヨーロッパ・   読売新聞社 後援=外務省・文化庁・チェコ共和国大使館・ラジオ日本・TOKYO FM・   文化放送 特別協
2005/02/08(火) 22:56:55 | 弐代目・青い日記帳
 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。