2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2005'02.07 (Mon)

テンプレ変更&昨日買った本

プロフィールの写真(ミュシャの絵)に合わせてブログのイメージカラーは淡いピンクにしようと決めていました。
今まで使ってたテンプレも可愛かったんですが、ユーザー共有テンプレの中に素敵なのがあったので使わせてもらうことにしました。
FC2 BLOGはテンプレがたくさんあるので楽しいです。

ところで、昨日こんな本を買いました。
シラノ・ド・ベルジュラック
エドモン・ロスタン

by G-Tools

映画にもなっているので名前くらいは聞いたことがある方も多いのでは?
シラノ・ド・ベルジュラック
ジェラール・ドパルデュー ジャン=ポール・ラブノー

by G-Tools

舞台を現代に移した「愛しのロクサーヌ」という映画もあります。
http://www.sonypictures.jp/homevideo/catalog/catalogDetail_JPDVDCRS-11204.html

映画はどちらも見たことないんですが、名前だけは知ってました。

おまけで、スティング(ポリス)の歌に「ロクサーヌ」ってのがあります。「シラノ・ド・ベルジュラック」のヒロインの名前ですね。これが「シラノ~」と関係があるのかどうかは知りませんが、この曲は結構好きで、CDも持ってます。
ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・スティング&ポリス
スティング&ポリス ポリス

by G-Tools


とまあ、前置きはさておき、このブログで紹介するからにはやっぱりミュシャとちょっとだけ関係があるんですね~。
この小説(戯曲)を書いたのはエドモン・ロスタンです。
この名前でピンと来た人はなかなかのミュシャ通ですね?
そう、ロスタンといえばサラ・ベルナールと縁の深い人で、ミュシャがポスターを手がけた「サマリアの女」や「遠国の姫君」を書いた劇作家です。「サマリア」のポスターの中に名前も載ってます。ちなみにミュシャの美麗な装飾本「トリポリの姫イルゼ」は「遠国の姫君」を翻案したものです。(今風に言うとノベライズってやつ?)
そんな理由でなんとなく買ってみましたがまだ読んでません。時間が出来たら読むぞ~。

関連記事
Edit |  01:14 |  ミュシャ雑談  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。