2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2005'05.08 (Sun)

ミュシャ展示即売会@大阪

えーと、某社の展示即売会に行ってしまいました。行かないつもりだったんだけど、新アイテムが出てると知って、好奇心に負けました。あと、来場者プレゼントのしおりとカードに釣られました。
20050508023000.jpg

もちろん買うつもりなど毛頭もなく、粗捜しが主目的だったりする性格の悪い私です。
寄ってきた販売員さんがあっさりタイプだったのか、私がよっぽど人を寄せ付けないオーラを出してたのか、他にもっといい客がいたのか、割と放置され気味な感じで短時間で退散できました。
それにしても財団もこのタイミングでこれを出すのって狙ってやってるのか?って感じです。

新作ファインアートプリンツとやらを見てみた感想は…金箔銀箔の使いどころがなんだかなーって感じ。私の趣味に合わないだけかもしれませんが。一番納得いかないのが、なんで椿姫に金箔なの?一応銀がメインで使われてましたけど、なぜか周囲に金箔を使ってるのが解せない。黄昏の金箔も光りすぎてイマイチだったなあ。だいたい「箔」な時点で間違ってると思うんだよなあ。鏡面反射しちゃうのが違和感。オリジナルの金や銀っていぶし銀みたいなつや消しの光り方だよね?
肝心のジークレー(インクジェットプリント)の出来の方も微妙。一枚一枚ジョンがチェックしましたよーという証の鉛筆サイン入りという謳い文句のくせにそれでいいのか?と思うようなピンぼけ作品もあったりしました。綺麗なのもあったけどね。
今回はリクリのときみたいな「オリジナルと同サイズ」という縛りはないみたいで、椿姫が縮小されてたり、モエ(ホワイトスター)が拡大されてたりしてましたが、でかすぎるのを縮小するのはいいけど、なんで拡大するのかなあ。ピンぼけするのはそこにも原因があるんじゃないのかしら。あと、やっぱりインクジェットという印刷方法にも問題があるのかもしれない。これは後日行った名古屋のミュシャ展でもしやと思ったことで、この推測が当たってるかどうかはわかりませんが。(調べたらわかるのかな?)
ちなみにお値段はリクリよりちょい安め。でも十分お高いです。しかしこの手の相場って誰が決めてるんでしょうねえ。いつも不思議に思います。

メインの展示物以外で面白かったのが、1896夏のフィギュア(陶器の立体像)があったこと。大きさは高さが30cmくらいあったかなあ、まあまあ大きかったです。顔がちょっと怪しかったです。でもこれも一応財団公認のもとにどこぞの有名なところに作らせたものだそうで。シリアルナンバー入りで財団のロゴも入ってました。写真撮っちゃ駄目?と聞いたけど駄目って言われたので諦めました。これはたぶん売り物ではなくて飾ってあっただけなんですが、目ざとく見つけてしまう私。
たっかーいミュシャ・カメオも置いてありました。こっちは売り物だったかもしれないです。
あ、そうそう、新作ジークレー以外に、旧作のリクリも展示されてました。

全国各地で同様の展示即売会が開催されてたみたいですが、東京のは結構規模も大きかったようで。そっちはオリジナルもあったのかなあ?人様のブログを読み歩いていて、上野のに行けなくて、こっちは行けてよかった♪みたいなこと書いてる人がいるけど、もしジークレーやリクリしか展示されてなかったのなら、オリジナルの展覧会とコピーの展示会とを一緒にしないで!と思ってしまうので…。どういうものか知ってその上で楽しんでいるならいいんですけどね。

関連記事
Edit |  03:54 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。