2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2005'05.28 (Sat)

ラ・ナチュールのバリエーション

ラ・ナチュールは世界に4体確認されているという話を、ミュシャフィギュア第2弾の話題で取り上げましたが、その続きです。

まずは前回のおさらい。
堺にあるのがこんなの。
http://www.muchafoundation.org/mucha/im-47.html
バージニアにあるらしいのがこれ。
http://www.nga.gov/feature/nouveau/teach/slide_05fs.htm

残りの二つですが、私の持っている資料の中に写真がありました。
見つけちゃったからには紹介したい!というわけでこの文章を書いているわけです。(前回の文章を書いたときはそこまで確認してなかった)
20050528175100.jpg

ひとつ目は、堺タイプ。ブロンズ色ですが、頭頂部にはめ込まれている石の種類が違うのと、イヤリングが付いてるところが違います(堺のには付いていない)。石は写真からは判別しづらいんだけど、たぶんマラカイト(孔雀石)かなあ?濃いめの緑色で縞模様が入っているように見えます。イヤリングも同じ石っぽい。5年くらい前に買ったカレンダーに載ってました。カレンダーなだけに詳しい説明文もなくて詳細は不明(あってもチェコ製なので読めたかどうか…)。
もうひとつは、メッキタイプで肌が銀色、髪が金色。これもはまってる石が違ってて、ラピスラズリと書いてあります。イヤリングも付いてるけど、上のとは形が違っていて石も使われていません。載ってたのはドイツの本なので解説もドイツ語。もしかするともっと詳しいことが解説されてるかもしれないけど解読不能です。

念のため記しておくと、堺のはブロンズ色、イヤリングなし、頭上の石はアメシスト。バージニアのは金銀メッキ、イヤリングなし、頭上の石は大理石(marble)。という仕様になっています。

関連記事
Edit |  18:03 |  ミュシャ雑談  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。