2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2005'09.01 (Thu)

見覚えのある表紙

こんな本があるのを発見。バーナード・ショーの「ピグマリオン」という戯曲です(「マイ・フェア・レディ」の原作)。
0141439505Pygmalion: A Romance in Five Acts (Penguin Classics)
Bernard Shaw Dan H. Laurence
Penguin USA (P) 2003-02-04

by G-Tools

この絵にピンときたら、あなたも立派なミュシャ中毒?
割と有名な図案なのでご存知の方も多いかな?そう、ミュシャの「装飾資料集」の中の一枚です。なんでこの絵を表紙に使ったのかな。
実は表紙がミュシャというただそれだけの理由でこの本を買ってしまいました。でも英文だから読めるかどうかは謎。「マイ・フェア・レディ」の映画は見たことあるけど、微妙に結末は違うらしい。

関連記事
Edit |  20:34 |  ミュシャ雑談  |  TB(1)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

●ピグマリオン

私のおススメ旧作♪第9弾は、1938年イギリス作品の名画!『ピグマリオン』とは、神話上の人物。キプロスに住む才能ある彫刻家だった彼は、女神アフロディーテをモデルに彫刻を彫る。自分の彫った彫刻のあまりの美しさに、彼は彫像に“恋”をしてしまい、....
2005/11/22(火) 00:39:01 | 映画とはずがたり
 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。