2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2005'09.02 (Fri)

思い出のある店

最近、ダイエーなどの大型店舗が経営不振のため店舗を閉鎖するというニュースをよく耳にします。私の生まれ育った土地でも既にいくつものお店が閉店しているそうです。
学生時代よく行ったお店がなくなるというのは寂しいですね。最近は実家へ帰ってもそういうお店のあった辺りへ行くことがないので実感はないのですが、きっと街も様変わりしてるんだろうなあ。
そんな中、特に自分にとって馴染み深かったところまで閉鎖してしまうと聞いてちょっと感傷的な気分になってしまいました。あえてここで取り上げるのはミュシャと関係があるからです。
私は昔から本屋さんマニアで、行ける範囲の書店は一通りチェックしていて、こういう本を探すときはこのお店、という感じで使い分けてました。まあ子供時代のことなので、行動範囲はそんなに広くはないですが。その中でも今度閉店するお店の中に入っていた本屋はお気に入りだったんですよね。洋書、洋雑誌とか、他では扱ってないような本が置いてありましたから。ミュシャのDOVERの本を初めて見たのはここでした。その頃はまだお金もないしミュシャマニア度も低かったので買わなかったけど、こんな本があるのか~と何度か眺めた記憶があります。レンドル・コレクションを買ったのはここじゃなかったかな。
0486240444The Art Nouveau Style Book of Alphonse Mucha: All 72 Plates from "Documents D±Ecoratifs" in Original Color
Alphonse Marie Mucha

by G-Tools

4062027429アルフォンス・ミュシャ
アルフォンス ミュシャ

by G-Tools

音楽系の洋雑誌も買いました。ティーン向けのアイドル雑誌とか(笑)。歌詞が載ってたり知らないアイドルが載ってたりしたなあ。
別の階には輸入盤CDを扱ってるCDショップもあって、よく行ってました。そういえば輸入盤って昔は縦長の紙箱に入ってたんですよね。ちょうどCD2枚分の大きさで、上半分だか下半分は空でした。そこで見たPaula Abdulの"Shut Up & Dance"は、赤や緑や何色あったか忘れたけど色違いのジャケットが並んでたなあ(中身は同じ)。Paulaのビデオを買ったこともありました。
B000000WH9Shut up & Dance: Dance Mixes
Paula Abdul

by G-Tools

あそこがなかったら今の私はなかったかも?というのは大げさかな。でも、どちらも私の趣味にかなり影響を与えたお店でした。他の階も雑貨屋とかアクセサリー屋とかよくうろちょろしてましたし。
ただ、あの頃からは随分年月が経っているので、とっくの昔に中に入ってるお店は変わってしまっていたんですけどね。入れ物自体もなくなってしまうんだなあと思うとまた違った感慨があります。

そこまでの思い入れはなくても、関西で10年弱過ごしてきている間に、京阪神地域で何かと縁のあったお店が閉店して寂しい思いをすることもあります。さっき知ったばかりなのですが、京都河原町の丸善が閉店するとか。京都は年に2,3回行く程度なんだけど(主に買い物目的で)、河原町へ行くとよく丸善に寄ってました。あそこではミュシャのカレンダーとか洋書とか何度か買ったことがあります。とりあえず閉店前に一度行っておかないとと思って調べたら、 10月10日閉店で、美術書コーナーは9月4日で閉めちゃうらしい。って、やばっ、今度の日曜日までじゃん。行けるかな。いや、絶対行くぞ。
消える店もあれば新しくできる店もあるとういことで、同じ河原町にジュンク堂ができるらしい。そっちに期待したいな。
大型書店の閉店というと、梅田の地下にあった三省堂もいつの間にか消えてたし(三省堂といえばミュシャしおり!)、心斎橋のパルコ内の書店も気が付いたら消えてたし(ここでもミュシャの本を買った思い出が)、お気に入りの書店が消えるのは寂しいなあ。
河原町の書店といえば、駸駸堂だっけ?会社自体が潰れてしまってお店がなくなってしまったというのもあったなあ。神戸にも結構大きな店舗があったんだけど、当然そこも消えて。あれはショックだったなあ(といいつつ神戸も年に何回も行かないですが)。たしかあそこじゃなかったっけ?ミュシャが表紙の古い洋書があって、でもミュシャはほんの一部だけだったので買わなかったんだよ。高かったし。後に古本屋で買った本とかなり装丁が近かったけど、あれは何だったんだろうなあ。
稀に店ごと別の会社が買い取ってそのまま本屋としては残るケースもありますね。梅田の泉の広場近くのブックファーストって昔は駸駸堂じゃなかったっけ。
JR京都駅近辺にある旭屋書店も閉店だとか。あの辺は滅多に行かないのであんまり思い出はないな。旭屋は梅田の店には何度か行ってるけど。
そういえば心斎橋にも丸善あったよな、あそこは大丈夫なのか?と思ったら今までの店舗は閉鎖してリニューアルオープンする心斎橋そごうに入るのね。そうかー、あっちはなくなっちゃったんだ。よく店の前で絵を売ってたけど、ビルの中に入っちゃうとそういうのはもうやらなくなっちゃうのかな。そこにときどきミュシャが出てたのにな。

関連記事
Edit |  00:00 |  ミュシャ雑談  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。