2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2005'09.25 (Sun)

衝動買い

ちょっと前に本屋でチラ読みしてから気になってる本をやっぱり買おうかなと思って、その本屋へ行きました。この本。
400008979Xアール・ヌーヴォー
スティーヴン エスクリット Stephen Escritt 天野 知香
岩波書店 2004-09

by G-Tools

でもなぜかレジに持っていったのはこの本でした。
4422211838グラフィック・デザインの歴史
アラン・ヴェイユ
創元社 2005-07

by G-Tools

だって、アラン・ヴェイユって名前を聞いたら、手に取らずにはいられないでしょ。
ミュシャ・マニア的には、ヴェイユはジャック・レナートとセットになって名前を憶えている人。この本を書いた人です。
0816187193Alphonse Mucha: The Complete Posters and Panels
Jack Rennert Alain Weill

by G-Tools

これはミュシャのポスター&装飾パネル作品のレゾネ。出版されたのが随分前なので情報も古いらしいですが、ミュシャのポスターや装飾パネルに関する情報量は凄いです。英文を読む気力がないとあまり意味がないかもしれませんが(笑)、図版を見てるだけでもある程度わかる情報もあるし(ヴァリアントとか)、見てて楽しい本ですよ。既に絶版となっているようなので再版が待たれます。
ヴェイユの本ということで、こんな本も持ってます。
4560057567ポスターの歴史
アラン ヴェイユ Alain Weill 竹内 次男

by G-Tools

この本についてはこちらの記事(2005/05/28)で取り上げてます。

で、今日買った本は、ミュシャの時代から現代まで、広告の世界がどのように発展していったかを解説しているもの、かな?多分(笑)。だってまだ最初の方しか読んでないんだもん。
とりあえず読んだところで、どうやら私はアール・ヌーヴォーやアーツ・アンド・クラフツ運動についてあまりよくわかっていなかったらしいことがわかりました。
ミュシャについては少し触れられていますが、あくまで全体的な流れの一部なので、グラフィック・デザインの歴史というものに興味がない人にはどうでもいい本かも知れません。私は、そういった歴史の中でミュシャがどういう位置づけなのかに興味があるので、読んでみたいなあと思ったわけです。

アール・ヌーヴォーの本も面白そうなんですよねえ。分厚くて高いのでちょっと腰が引けてますが、たぶんそのうち買っちゃうでしょう。

関連記事
Edit |  02:26 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。