2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2005'11.07 (Mon)

迷宮美術館の感想

今回のテーマは、ポスター&ミュシャ。ちょっと物足りなかったけどそれなりに楽しめました。
この番組は初めて見たんだけど、クイズ番組なんですね。最初のクイズはミュシャ好きには常識よ、なんて思ったりして。次のクイズは外しました。文字をデザインの中に取り込んだってのもシェレのアイデアだったと思ったんだけど、そっちじゃなかったのね。シェレ以前は絵と文字は完全に分かれてたっていう話を聞いたことあるんだけどな。ロシアン・アバンギャルドは門外漢なのでよくわかりませんでした。カッサンドルもちらっと出てたけど扱い小さかったなー。できればノルマンディ号を出して欲しかった。北斎のあたりはよそ見しながら見てました。
ミュシャ特集では、パリを去るエピソードについて、ちょっと大げさに書きすぎな気がした。キャリアの頂点だったっていうけど、アール・ヌーヴォーって1900年がピークだったという説もあるし(実際、1910年頃には廃れてしまい、次のムーヴメント、アール・デコに移行しています)、引き際を心得てたってだけじゃないのかなあ。その上で他にやりたいことができたから方向転換したんじゃないかと。番組的に盛り上げるためには仕方ないか。
ミュシャがチェコからパリに出てくる経緯ははしょってるなー。でも挿絵画家としてのキャリアがちゃんと取り上げられていたのでよしとするか(なにを偉そうに…)。ジスモンダのネタは定番ですね。
メディアのブレスレット出てましたね!ミュシャ館の斉藤さんが出ているのを見てきゃーとミーハーな反応をする私。あのブレスを腕につけることができるなんて、あのタレントさん(誰だっけ?知らない人だった)羨ましいなあ。
番組で使った小道具(ポスターの実物大パネル)って後はどうするんでしょうね。捨てるくらいならちょうだい!とか思ったり。

関連記事
Edit |  00:26 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。