2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2005'11.30 (Wed)

ミュージカルにはまりそう

先日近所のTSUTAYAで1枚1500円のDVDが2枚で2500円というコーナーにこれが置いてあったので、つい買ってしまいました。
B000BTCN5Kザッツ・エンタテインメント
フレッド・アステア ビング・クロスビー ジーン・ケリー

by G-Tools

B000BTCN5Uザッツ・エンタテインメント PART2
フレッド・アステア ジーン・ケリー

by G-Tools

最近激しく散財してるような。いいのよ、もうすぐボーナスだし~。(投げやり)
このシリーズはちょっと前にBSハイビジョンで放送してたみたいですが、うちはハイビジョン見れないんだもーん。そんなタイミングで期間限定の低価格盤が出たら煽られずにはいられませんってば。
このDVDを買った一応の建前は、ガーシュイン関係映画のワンシーンでもいいから見られたらなということ。MGM縛りだから"Shall We Dance"とか"A Damsel In Distress"とか生前に関わったものは無理なんだけど、死後に作られたものが幾つか出てきました。まずジュディ・ガーランドの「ガール・クレイジー」と「ストライク・アップ・ザ・バンド」、アステア&ロジャースの「ブロードウェイのバークレー夫妻」(1曲使われただけですが)。あとはメインじゃないけど「巨星ジーグフェルド」にもラプソディ・イン・ブルーが流れてたな。これって最近廉価版で出てるのを見かけて、ジーグフェルドなんてまさにガーシュイン時代の人だから気になってたんだけど、こんなの見たら血迷ってしまいそう。やたら豪華なセットが凄い。「ジーグフェルド・フォーリーズ」でアステアとケリーが一緒に踊ってるシーンもガーシュインだと思ってたんだけど、ここに収録されてた部分だけではよくわからなかったな。うちにアステアとケリーのデュエット曲が入ったCDあるんだけど、そこで使われたんじゃないのかな?(追記:CDを確認してみたら、同じ曲でした。DVDでは歌ってる部分がカットされてるからわかりにくかっただけでした)
あと、本筋とは関係ないけど、シナトラの若い頃って可愛いね~。ビング・クロスビーの若い頃も線が細くて美形だわ~。この二人の関係も面白いよね。アステアvsケリーみたいに仲良く張り合ってる感じ。この二人が共演した「上流社会」もいつか見てみたい作品のひとつです。ところで「True Love」ってこの映画の曲だったんですね。何年か前にエルトン・ジョンが誰かとデュエットで歌ってなかった?コール・ポーターの歌だとは知らなかった。
この頃の映画って出演してる役者さん本人のパーソナリティを最大限利用してるよね。アステアの映画でも本人を思わせるような設定のストーリーや役柄だったり、今回収録されていたシナトラの映画のワンシーンでもクロスビーには負けないぞと歌ったり、もっと大きな声で歌ったら?とクルーナー(声を張り上げずに歌う人)であるクロスビーをからかうような歌を歌ったり。あの歌の掛け合いはかっこよかったなあ。クロスビーもシナトラを紹介するときにフランクなんとかいう若い奴が…って名前を忘れたフリをしてて面白かった。
案内役のスターも素敵。主にアステアとクロスビーに注目してました。そんなに俳優さんに詳しくないので、名前は聞いたことあるけど…とか見憶えはあるけど…みたいな人も結構いた。
今回のアステアは70代。50代のアステアが素敵☆なんて言ってたけど、70代でも素敵ですね~。顔だけ見てるとほんとに老けちゃっていいおじいちゃんなんだけど、ちょっと歩いて喋るとまだまだ往年のエレガントさは健在です。こんなおじいちゃんいたら惚れちゃうよ~なんて思ったり。過去の名場面もさすが。帽子掛けと踊っても様になる人はなかなかいないよ。
そして、相変わらずジュディ・ガーランドが可愛いな~。クラーク・ゲーブルにラブレターを書きながら歌う姿がプリティ。「メリー・リトル・クリスマス」も聴きほれます。コンビでよく映画に出ていたというミッキー・ルーニーのことは名前しか知らなかったけど、こういうおっちゃんなのね~。
とりあえず日本語字幕で見たけど、よくよく英語を聞くと(または英語字幕に切り替えて読むと)字幕に現れない面白い表現をしてることがあります。私が気が付いたのは、ジーン・ケリーがアステアとの1度だけの共演について語ってるときに、字幕では「もう一度一緒に踊りたい」になってるところ、実際は「もう一度共演したかったらジンジャーって名前に変えないとね」と言ってるみたいです。あと、帽子掛けと踊るシーンの説明でも、字幕ではただ「帽子掛け相手に見事に踊った」というのに対して実際は「彼はいつものようにダンスパートナーをよりよく見せた」と言ってます。こういうのってアステアをよく知る人にはニヤリとさせられる表現なのに、字幕に表れてないのがもったいない。全部の英語を聞き取れるほどの英語力はないので気にして聞いてた部分だけですが、他にもきっとあるんだろうな。
あと、凄いなあと思ったのが、泳ぐミュージカル?こんな分野があったなんて!知りませんでした。有名な男優さんも一緒に泳がされたとか。だんだんセットも豪華になってくし、いやー楽しいわ。
パート1を見終わったところで時間切れ。パート2は翌日に持ち越しです。つまりここまでの感想はパート1についてのみ言及してます。
買った直後は血迷って衝動買いしちゃったかなあと思ったけど、十分楽しめたのでよしとするか。
パート3は置いてなかったので買わなかったけど、どうしようかな。こうなったら全部揃えたい気がしつつもパート3はガーシュイン度が低そうな予感。
B000BTCN64ザッツ・エンタテインメント PART3
ジーン・ケリー エスター・ウィリアムズ ジューン・アリソン

by G-Tools

そうそう、そのTSUTAYAでレンタルコーナーも覗いてみたら、見たいと思ってたジュディ・ガーランドの「スタア誕生」がありました。うーん、これのためにTSUTAYAの会員になるべきか否か。他にも気になる映画はあるにはあったけど、私が興味ある分野って狭いからなあ。あっという間に用済みになりそうなので悩むところです。アステアものが少なかったのも躊躇する原因の一つ。検索してみたら軒並み取り扱いなしなんだもんなあ。けっ。その辺の品揃えが良かったら入ってもいいんだけど。

関連して気になるDVDといえば、ハロルド・アーレンとかコール・ポーターのドキュメンタリーも気になってます。特にアーレンの方にはガーシュインも登場するらしい。クレジットに名前があるんだけど、どんな扱いなのかしら。例のホームビデオだけならわざわざ買うこともないのかなあ。違う映像が見られるなら見たいよ。ミュージカルの名場面目当てにしてもいいかも。色んなスターが出演してるみたいだから。
B000AHQEXAGood Music! Good Price!シリーズ ハロルド・アーレン 虹の彼方に
アーヴィング・バーリン アイラ・ガーシュウィン ジョージ・ガーシュウィン

by G-Tools

B000AHQEWQGood Music! Good Price!シリーズ コール・ポーター・ストーリー ユー・アー・ザ・トップ
ビング・クロスビー フランク・シナトラ リンダ・ロンシュタット

by G-Tools

ポーターといえば、最近制作された伝記映画もあるんですよね。まあそっちは機会があれば。この人の後半生は大変だったみたいですけど、この映画ではどこまで描かれてるんでしょうか。ラブ・ストーリーならその辺は省略されてるのかな。
B0008EMLG4五線譜のラブレター 特別編
ケビン・クライン アーウィン・ウィンクラー アシュレー・ジャド

by G-Tools


関連記事
Edit |  01:08 |  音楽  |  TB(0)  |  CM(4)   このページの上へ

Comment

●no title

連投失礼します(^^;)
「ザッツ・エンターテイメント」シリーズは、これでもかというくらい名場面の連続で、見ていて飽きませんよね。
水中ミュージカル、私も最初見た時たまげましたw。ホントにあの頃のハリウッドは何でもありだったんですね。あと印象に残ってるのは、エレノア・パウエルのタップの凄さと、クラーク・ゲーブルの下手な歌と踊りです(笑)。別に彼のファンじゃないんですけどね…。
gungnir25 | 2005年12月02日(金) 00:22 | URL | コメント編集

●楽しいですよね

>gungnir25さん
なんか映画というより、サーカスとかダンスとかのショーを見に行ってる感じですよね。今は映画館でそういうものを見ようという考えはないですが、当時はきっとそんな感覚だったんでしょうね。あれを大画面で見たらすごい迫力なんだろうなあ。
歌や踊りが得意でない俳優さんでも誰でも彼でも歌わされたり踊らされたりしたってエピソードは面白かったですね。あれはご本人にとってもイメージアップになったのかダウンになったのか、微妙でしょうねえ(^^;)
Ira | 2005年12月02日(金) 23:03 | URL | コメント編集

●はじめまして。

あいらさん、はじめまして。
私も、ガーシュインの音楽に魅了されて、ミュージカル映画にはまりました。
主にマリリン、アステア、ジュディ、シナトラのファンです。
「ガール・クレイジー」もジュディのところだけ早回しして見てます(笑)
普段は野球関連のブログを書いてますが、シーズンオフなので今は映画や音楽の話を書く事が多いです。
もし良ければ、覗いて見てくださいね♪
uniko@ニャンくん | 2005年12月09日(金) 23:51 | URL | コメント編集

●はじめまして

>uniko@ニャンくんさん
はじめまして~。
「ガール・クレイジー」のジュディ可愛いですよね。ぐいっと画面に惹き付けられてしまう何かがあるなって思いました。部分的にしか見たことがないので、いつか全部通して見てみたいです。
「ザッツ~」見てたらあれもこれも見てみたーいって気分になりますね。まだまだ初心者で知らない作品も多いので、これから色々と見ていけたらいいなあと思います。
ちなみに野球はあいにく別のチームのファンだったりするんですが、住んでるところは虎のご当地なので、応援してますよ~。ごひいきと直接対決しない限りは(笑)
そちらにも遊びに行かせてもらいますね。
Ira | 2005年12月10日(土) 01:01 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。