2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2005'12.08 (Thu)

スティングとガーシュイン

スティングといえば、「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」よね。あとは「見つめていたい」かなあ、という程度にはスティングが好きです。
たまにネットでガーシュインのこと調べてると、スティングが歌った「Someone To Watch Over Me」がいいらしいという評判を聞くので、どんなもんかなあと思ってたら、この曲が入ったCDを中古で見つけたので買ってみました。
B000025F5Cアット・ザ・ムーヴィーズ
スティング リトル・ウィリー・ジョン ガーシュウィン

by G-Tools

同名映画の主題歌だったらしい。邦題は「誰かに見られている」。サスペンス映画だとか。曲は至って可愛らしい内容の歌なのにね。
シンプルなピアノのみの伴奏でスティングがしっとりと歌い上げています。なるほどー、うーん、確かに悪くはない。でも、色んな人がこの曲を歌うのを聴いてるけど、これがベストってほどではないかな。
このCDで久しぶりにロッド・スチュワートとスティングとブライアン・アダムスの三銃士を聴いた。懐かしいなー。シングル買いに走った日を思い出すわ。
他に気になってた曲としては「My One and Only Love」がよかったかな。こないだロッドも歌ってたよなあ、と出だしの部分で頭に浮かんでしまいました。恐るべし、ロッド効果(ロッドが歌った曲は元が誰の曲であれ、その曲を思い浮かべるときの声がロッドになってしまうこと。勝手に命名。たまに例外もあり)。まあそれは半分冗談で、スティングの歌もなかなか。特に曲の終わりの声が高くなるところが。他にもスタンダード系の曲が入ってるけど、どれもしっとり系なんだなあ。スイング系も聴いてみたいわ。
そういえば、ずっと気になってることなんだけど、スティングの「Englishman in New York(NYのイギリス人)」とガーシュインの「An American in Paris(パリのアメリカ人)」は関係あるんだろうか。たまたま同じようなテーマを取り上げただけ?
ちなみにこのアルバム、最近、収録曲を入れ替えて新装版が出たんですよね。タワレコかどこかで両方手に取って買おうか悩んだこともあったんですが、入れ替え前と後でどっちがいいか選べなくてやめました。新しく加えられた曲の評判はいいみたいですね。
B0007N33MCマイ・ファ二ー・ヴァレンタイン ~アット・ザ・ムーヴィーズ
スティング

by G-Tools


関連記事
Edit |  23:36 |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。