2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2005'12.16 (Fri)

廉価版でアステアを楽しむ

まずはこちらの作品。
B000CQM1HC青空に踊る

by G-Tools

この映画の中で使われた「One for my baby, One for the road」という曲が入ったCDを持ってるんですけど、アステアの歌がかっこいいんで、どんな場面で歌われるのか気になってて、それが500円で出てると知って買っちゃいました。
見てみた感想は…微妙。時代の影響なんでしょう、戦時ものなんですね、これ。空軍で活躍する英雄なアステアって。似合わん~。いかにも戦争中に作られた映画って感じ。日本がアステアに思いっきりやられてる設定ってのもなんだかなあ。自分はそんなに愛国心が強いわけじゃないけど、ちょっと凹むわ。
一応コメディぽいけど、お気楽な雰囲気は控えめ。戦功をあげて凱旋帰国中のアステアさん、ほんの短い休暇を自由に楽しもうと身分を隠して街に出るんですが、その後やってることがいまひとつ理解できませんでした。結局どうしたかったんだろう。最初からわかってたことでしょ。それなのに猛烈アタックして、途中で急に気が変わったみたいになって、最後はやけになってるし。その辺りの心情が私には理解できませんでした。兵士の精神状態は不安定なものなのよってこと?
問題のシーンは…おいおい、アステアさん、そんなことしちゃ駄目よ、と突っ込み。踊りはかっこよかったけど、あらすじと曲の内容から想像してたのとちょっと違う状況だったな。
音楽はハロルド・アーレン。でもあんまりミュージカルっぽくなかったなあ。

次は1000円の「ロイヤル・ウェディング」。
ロイヤル・ウェディング
「恋愛準決勝戦」というタイトルでもっと高いDVDも売ってるけど、そこまで出すのもアレだしなあと、安い方で手を打ってみました。ちょっと画質が悪かったけど(色飛びが激しい)しょうがない。高いDVDはもっと綺麗なのかな。そうでもないのかな。
この映画の見所はアステアの帽子掛けとのダンスと壁から天井までよじ登って(?)踊るシーン。ストーリーはかなり適当というか、お気軽で楽しかったけど、どっちかというとストーリーよりも劇中劇(ステージ)を見るのが楽しい映画かな。冒頭の王様ルックなアステアは笑えます。他にも楽しいステージが盛りだくさん。
アステアとジェーン・パウエルが兄妹というのはかなり無理があるんですが(アステアは50過ぎで、妹はたぶん20代)、ここはファンの贔屓目というフィルターをがっちりかけて、アステアはこの映画では30歳くらいなんだと言い聞かせて見ることに。
兄と妹がそれぞれ恋愛相手を見つけて思い悩むという話ですが、障害は一応あるけどたいしたことなくて、あんまりはらはらどきどきしないんですよね。それぞれの恋愛模様より、兄妹の掛け合いが楽しかったです。ジェーン・パウエル可愛い。
色飛びが激しいせいでわかりにくかったけど、かなりカラフルな映画だと思います。これで綺麗に色が出ていたらもっと楽しめる映画だと思うんだけどねえ。そこが残念。

関連記事
Edit |  22:36 |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)   このページの上へ

Comment

●no title

Iraさん、こんばんわ。
「青空に踊る」私も最近500円版で見ました。
私も日本軍をやっつけたと言う設定に凹みました(苦笑)・・・
私もアステアの「One for my baby」のシーンが観たくてやっと辿り着けた、と言う感じです。あの後のシーン、実際にアステアがグラスで脚を怪我されたとか・・・
ほんと、無茶しすぎですよね(笑)
確かにアステアの歌も少ないし、当時は評判が悪かった、とアステア自身も自伝で語っておられます・・・
「恋愛準決勝戦」のジェーン・パウエル、可愛いですね♪
最初はジュディ・ガーランドがお相手だったと言うことで・・・ジュディとのコンビも見てみたかったです。
uniko@ニャンくん | 2005年12月22日(木) 23:02 | URL | コメント編集

●>uniko@ニャンくんさん

こんばんは(^^)
あの設定はやっぱり凹みますよねえ…。
あれで足を怪我しちゃったんですか?うわー、それは大変だったんですね。
「One For~」はいい曲ですよね。想像力をかき立てられるような。
できればもっといいシチュエーションで歌って欲しかったです(笑)
「恋愛~」はジェーン・パウエルのキャラも魅力だったと思うんですが、ジュディが妹役だったら、全然違った雰囲気になってたんでしょうね。
あのケンカしてるみたいな歌とかジュディが歌ったら面白そうかも。
Ira | 2005年12月23日(金) 00:05 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析