2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2005'12.19 (Mon)

アステアとデュランテとクリスマス

アマゾンでフレッド・アステアのCDをチェックしていて見つけた一枚。
B00006JOFNSanta Claus Is Comin' to Town
Fred Astaire
Rhino 2002-10-01

by G-Tools

「Santa Claus is comin' to town」と「Frosty the Snowman」のカップリング。
ちょうどクリスマスだし、と思って注文してみたんですが、届くまでは朗読CDなのかなーと思ってたら違いました。アニメーションのサントラらしいです。1969年と1970年にTV用に制作されたものだそうで。35年も前ですよ。ネットで調べたら2003年に日本版DVDが出てたんですね。今は廃盤らしい。アメリカでは版を重ねてるみたいで根強い人気の作品のようです。アニメーションが歌ったり踊ったりするっぽいので一応これもミュージカルになるんでしょうか。
全部聞き取れるほどのヒアリング能力は持ち合わせていないので、ネットで調べたあらすじなどの情報から状況を想像しながら聞いてます。
アステアは「Santa~」のみの出演です。アステアの歌は少なめだけど、タイトルソングを歌ってます。これだけでも満足。彼が歌うクリスマスソングなんてあるとは思ってなかったので、嬉しいクリスマス・プレゼントになりました。ブックレットには裏話らしきものも載っているのですが、人形アニメを制作したのは日本人みたいですね。アステアの人柄の良さに感激したという出演者のコメントも載ってました。以下引用。「What struck me was the grace and charm of Fred Astaire, He was not ego-driven and seemed very humble.」
廃盤のVHSのジャケットがアステアを模したと思われる人形の画像になってます。かわい~。
B00006HB0CSanta Claus Is Comin to Town
2002-09-24

by G-Tools

たぶんアステアが小さい子供にお話を聞かせているという設定なのかな?子供との掛け合いが微笑ましいです。どうも私はアステアの語り口も好きみたいで、アステアが喋ってるのを聞いてるだけでもうっとりしてしまいます。「バンド・ワゴン」のガール・ハント・バレエでの語りも実は好きだったりします。物語の主役クリスを演じるのはミッキー・ルーニー。3番目に名前が載ってるKeenan Wynnって誰だっけ?と思ったらキーナン・ウィンと読むそうで、ロイヤル・ウェディング(恋愛準決勝戦)にも出てたらしい。どの人だろうと確かめたらマネージャー役の人でした。名脇役として活躍してたらしく、数多くの映画に出てるようです。
後半の「Frosty~」はジミー・デュランテがナレーションを務めてます。歌もしっかり歌ってます。デュランテのことは「ザッツ・エンタテインメント」で見たくらいで詳しいことは知らないのですが個性的な人ですよね。あの声を聞くだけであの顔と演技が思い浮かびます。
このCDは買ってよかったなーとおおむね満足してるんですが、ひとつだけ不満が。アマゾンの管理が甘いのか、輸送中に潰れてしまったのか、ケースにひびが入って欠けてしまっていたこと。幸いCDは無傷でしたが。メール便は要注意かもしれませんねー。

関連記事
Edit |  22:50 |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。