2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2006'02.14 (Tue)

炎の人ゴッホ

今日はゴッホの伝記映画を見ました。
B000DZJJT0炎の人ゴッホ
カーク・ダグラス ヴィンセント・ミネリ ジェームズ・ドナルド
ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-02-03

by G-Tools

あくまでこの映画の中での描かれ方に限った話ですが、ゴッホうざっ。
ある意味純粋なんだろうけど、ここまで生活力やら協調性やらがないと厳しいなあ。それに押し付けがましいし。自分は自分、人は人と、線引きがちゃんとできてればもっと生きやすかっただろうに、と思ってしまいました。結局自殺の原因ってなんだったんだろ。
印象派の画家としてピサロやスーラが出てましたね。ロートレックぽい人も一瞬見えたような。
ゴーギャン濃いなあ。ゴーギャンがどんな人格だったのかよく知らなくて、ミュシャが撮った写真のイメージくらいしかないんだけど、意外とアンソニー・クインがはまってたかも。ミュシャとゴーギャンはどんな付き合いしてたのかな。この映画の中に描かれていたようなスタンスで生きてたなら、そこまで深い付き合いではなかったんだろうなあと思ったり。
この映画はゴッホの絵のような色彩が特徴らしいけど、うーん、フィルムが劣化してるのか、そこまで鮮やかには感じなかったな。ところどころ派手めな色合いは見られたけど、ときどきふっと画面が暗くなったりちらつくことがあったような。最近DVD化されたらしいけどそっちは映像きれいなんだろうか。

ちなみに昨日は昼間にやってた「オペラハット」を録画して鑑賞。ゲーリー・クーパーに萌えた。
B00005LMFCオペラハット
ゲイリー・クーパー ジーン・アーサー H.B.ワーナー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2000-05-26

by G-Tools

70年も前の映画で、クーパーもその時点で今の私よりも年上なんだけど、思わずかわえ~と顔がほころんでしまいました。純粋で子供っぽくて、でも意外としっかり者で、ナイーブだけどやるときはやる、その上男前ときたらもう堪りません。
随分背が高そうだなあと思ってプロフィール調べたら190cmだそうで。すらっとしてて足も長いし顔も小さいしスタイルいいんですよね。それでいて中身が純朴というギャップが堪らん。中年以降の写真を見ると渋いおじさまって感じだけど「オペラハット」のクーパーは若くて可愛いです。(こんなことばっか書いてると引かれそうだなあ…)
他の出演作も見たことあるはずなんだけど全然記憶に残ってません。10~15年くらい前が私の第一次映画ブームだったんだけど、ここ数年はまったく見てなくて、かなりの範囲で忘れてます。クーパーの出演作も今調べてみたら「モロッコ」とか「誰が為に鐘は鳴る」とか「昼下がりの情事」とか題名は知ってるんだけど見たのかどうか、見たとしても内容がどんなだったのか、完全に記憶の彼方です。
そんな私はゲーリー・クーパーのことも名前と顔が一致してなくて、名前が似ているケーリー・グラントとごっちゃになってました。クーパーは西部劇や軍隊ものにたくさん出てたらしいですね。得意分野じゃないので印象が薄かったのかなあ。昔は女優さん目当てで見ることが多かったから、そのせいもあるかも。
「オペラハット」はストーリーも面白いし他の役者さんたちもいい味出してるんだけど、私はひたすらクーパーの表情や行動にくぎ付けでした。美形だからってんじゃなくてあのキャラに惹かれました。言動が見てて面白いし楽しいんだよね。後半の傷つくクーパーも不謹慎とは思いつつも萌えてしまったり。
監督が主役はクーパーでなきゃ駄目だといって彼のスケジュールが空くのを待って撮影したというエピソードがあるらしいからまさに適役なんでしょうね。近年リメイクもされてるらしいですが、レビューを見る限り私の守備範囲じゃないっぽい。

関連記事
Edit |  22:07 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。