2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2006'04.29 (Sat)

「サラ」の舞台中継

明日の深夜にサラ・ベルナールを描いた舞台がBSで放送されるそうです。わーい、絶対見る!
どうせミュシャは出てこないと思いますけど。

そうそう、だいぶ前に紹介した本「ベル・エポックの肖像 サラ・ベルナールとその時代」をやっと読み終わりました。
相変わらず時代背景はあんまり頭に入ってないんですが、それでもなんとか読み進めました。ベル・エポックってただただ華やかな時代に思ってたけど、実際はそうでもなくて、ほんの10数年前には大きな戦争があったり、革命があったり、激動の時代の狭間のほんの短期間の幸せな時代だったんだなあというのがこの本を読んでの感想。
サラが凄いなあと思うのは、とにかく豊富な人脈でしょう。ユゴー、モンテスキュー、小デュマから、若きワイルド、コクトーまで、錚々たる面々です。この本を読んだだけでその時代のフランス文学、芸術の勉強になりそうなくらい。あのエジソンとも会ったことがあるっていうんだから凄いなあ。そのときに蓄音機に自分の声を録音したとか。まだ発明されたばかりの気球で空中旅行を楽しんだりもしてたそうで、先進的な人だったんですね。
こうやって見るとサラ・ベルナールの生涯でミュシャが占める割合ってほんの一部、ほんの一瞬の出来事なんですね。この本でミュシャの名前が出てきたのはジスモンダから数年間の付き合いについて数ページだけ。契約期間終了後、ミュシャがアメリカへ渡ってからと、さらにその後チェコに戻ってからはお互いまったく縁のない生活を送ってたんですかねえ。ミュシャにとってサラってどんな存在だったんだろうなあ。多くの芸術家がサラに傾倒していたというけれど、ミュシャってどうもそういうタイプに見えないんだよなあ。あのエミール・ガレもサラに捧げるガラス器を作ったというけれど、ミュシャが個人的にサラに捧げた作品ってあるのかしら。仕事としてなら山ほどあるんだろうけど。
あと、ミュシャとサラといえば、蛇のブレスレットなんですが、ここでもクレオパトラと関連付けられてました。うーん、サラ研究者にとってはクレオパトラのブレスレットってことになってるんだろうか。なんだかよくわかんなくなってきました。
それから、ミュシャがサラと契約していた時期って、ドレフュス事件の頃でもあったんですね。ミュシャ関係の資料では、サラが年齢的にも人気を保つのが厳しくなってきた頃にミュシャのポスターでイメージを回復したみたいな書き方をされてたような気がするけど、この本ではサラの陽が傾き始めるのは1900年を過ぎた頃のような書かれ方をしています。若手女優の台頭、自身の老い、そこに追い討ちをかけるような足の怪我、それでも舞台に立ち続けたサラ。今度BSでやる舞台でその辺りの背景が見えてくるといいなあと思います。

関連記事
Edit |  19:14 |  ミュシャ一般  |  TB(0)  |  CM(2)   このページの上へ

Comment

情報ありがとうございます。録画して見てます。
残念なのは一部分音声カットされてますね。
なぜこんなことするんでしょうねえ。
それなら端から放送しなきゃいいのに。
liki | 2006年05月02日(火) 14:46 | URL | コメント編集

●まだ見てません

likiさんもご覧になったのですね。
私は録画したもののまとまった時間が取れないのでまだ見ていません。
音声がカットされてるんですか?
録音ミスとかじゃなくて意図的に?
ちょっと状況がわかりませんが、早く見て確認したいです。
Ira | 2006年05月09日(火) 23:06 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。