2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2006'05.11 (Thu)

連休中の出来事(余談)

国立西洋美術館へ行った日は、上野に到着したのが朝の9時半で、上野を離れたのが午後1時でした。帰りの電車は5時半ごろのを取っておいたので、あとは何して過ごそうかなーと考えて、候補としては丸の内とか神保町付近ってのもあったんだけど何となく新宿へ。
今回はあんまり気合が入っていない旅で、下調べもほとんどせず、午後の予定は行き当たりばったり。紀伊国屋書店とHMVを物色して、西口やら東口やらうろうろしてるうちに、4時半過ぎたので帰りました。ひとつ行ってみたいところがあったんだけど正確な場所がわからなくてやめました。後で調べたら渋谷だったよ。
新宿といえばアレもやってたのよねー。ミュシャの展示即売会。時間があったら覗いてみようかと思いつつ、捕まりたくないのでやっぱりやめときました。興味本位で新作見たかった気もするけど、そんなところに時間を取られるのはもったいないもんね。
翌日、今度は名古屋へお出かけ。こちらは純粋に買い物です。栄と名駅付近をうろついてきたんですが、栄でもミュシャの展示即売会やってたみたい。帰り際にポスターを見かけただけで正確な場所は知らないけど。
ちなみに帰省先からのUターンの途中に梅田で乗り換えるんですが、そこでもミュシャの展示即売会やってたらしいね。そんな行く先々でやってなくてもいいのに。三大都市でニアミスだよ。ひとつくらい行っとけばよかった?いやいや、最初っから歪んだ目線でしか見る気ないんだし、無駄に体力消費するのはもったいないわ。
そういえば連休中にアクセス数が増えてたのはそれのせいなんだろうか。増えたといっても倍増もしてなくて5割増くらい?でもうちではなるべく触れないようにしてるからなあ。あの手の展示会は素人(?)にはお勧めできないと思ってるから開催予定を知ってても紹介しない方針なので。情報を求めて来た人、すいません。
遭遇したのは展示即売会だけではなく、名古屋でミュシャ塗り絵の新しい本を発見。「ぬりゑ塾」のアールヌーヴォーシリーズ第2弾です。表紙はビザンチンヘッド。内訳はうろ覚えだけど四季かなにかの連作が入ってたような。後で確認します。
(5/13追記:アマゾンのページの詳細が載ってました。この記事を書いた時点では載ってなかったと思うんだけど…最初はミュシャの名前も出てなかったような。後から書き換えられたのかな?)
ぬりえ塾アールヌーヴォー名作―色鉛筆で描く (2)ぬりえ塾アールヌーヴォー名作―色鉛筆で描く (2)

by G-Tools

ミュシャの塗り絵は売れてるんですかねー。そういえばアリスの塗り絵(テニエル画)が出てるのを見て、ちょっとウケた。何に反応したかというと…小さい頃って本の挿絵とかに勝手に色塗って遊んだりするでしょ、この絵はまさに子供向けの本の挿絵だったわけで、しかもモノクロの線画とくれば塗りたくなる対象そのものなわけで。童心に返って塗り塗りできそうだなあと思って。テニエルの絵って小さい頃は変な絵だと思ってたけど今は大好きです。
4882191911不思議の国のアリス―塗り絵
ジョン・テニエル
サニー出版 2006-04

by G-Tools

ところでうちの親も塗り絵の本を持ってるというので何を買ったのか聞いたら花の絵のやつだって。水彩色鉛筆も買ったとか。でもまだ手をつけてないらしい。それ以前に買った絵手紙セットみたいなのと絵の具(顔彩だっけな)もあるのに全然やってないらしい。こういうところは似てるかも。

関連記事
Edit |  21:45 |  ミュシャ雑談  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。