2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2006'06.03 (Sat)

世界のトランプ

梅田の紀伊国屋書店で世界のトランプフェアをやってたので見てきました。
ミュシャのトランプあるかなーと思って見たら、あの52枚全部絵が違うやつは品切れ中になってました。売れてるってことかな。でも実は店内の別の場所に在庫があるのを見つけてしまった。あそこの売り場とフェア会場って別物なのかなあ。
特設会場にはトランプがいっぱい!タロットもいっぱい。面白そうなのないかなーと物色していて、2つも買っちゃったよ。ああ、無駄遣い。
06-06-01_22-32.jpg

ひとつはパリ・ビューというパリの景色や人物などを描いたトランプ。箱の絵がデュフィのエッフェル塔だったので惹かれました。絵札がロートレックの絵とかユゴーの肖像とかの人物画になっていて、数字の札はパリの名所(建築物メイン)の絵です。ただし作者不詳だったりよく知らない画家だったりが多いので有名画家を期待するとがっかりするかも。あくまでパリという都市がメインみたいです。それにしても最近すっかりパリかぶれになってるなー。
もうひとつはムービースタークラシックというもの。クラシック映画のスターの写真に名ぜりふ付きという面白そうなコンセプト。最近激しくラブなビング・クロスビーはいなかったけど、フレッド・アステアとかアル・ジョルスンとかがいます。あんまり知らない人もいるし、見たことない映画も多いけど、わかるところだけわかって楽しんでます。
実はもうひとつ、お取り寄せで頼んできたものがあるんですが、それは手元に来てからコメントしたいと思います。
タロットも可愛い絵柄のがあったんだけど、トランプに比べると値段が高いんだよなあ。トランプでも限定版とか豪華そうなのとかで高いのもありました。
私はトランプもタロットも使うためにというよりは観賞用、コレクション用に買ってます。集めてるってほどではないけどこういう売り場を覗くのが好きで、面白いのを見つけると欲しくなってしまうと。
今回は、今流行りのレオナルド・ダ・ヴィンチの絵を使ったものとか、ダリとか、ウィリアム・ブレイクとかもあって、誘惑を振り切るのが大変でした。猫ものにも弱いし、妖精のイラストとか天使のイラストとか可愛いの多いのよねー。
販売されているトランプ・タロットのうち幾つかはパネル展示されていて、中身を確認することができます。それ以外のものも見本写真入りのカタログが置いてあるので、だいたいの内容を確認して買えるので安心です。箱の印象で選んだら中身が期待外れってこともたまにあるしね(経験者)。
レジで清算してたらおまけとしてトランプのカードで作ったしおりを貰っちゃいました。好きなのを選んでと言われてカゴの中を見たら、ゴヤがいたのでそれを選びました。あとは魚とかキノコとか普通の数字の札とか、あんまり面白いのはなかったです。

関連記事
Edit |  11:07 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。