2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2006'07.23 (Sun)

見え方の違い

昔どこかで聞いた話。
虹は七色というのが常識のように思っているけれど、国や文化によって色数がもっと少ないところもあるんだとか。住んでいる環境によって見分けられる色がまったく違うとのこと。
他の例では、例えば雪の多い地域に住んでいると、私たちから見れば同じ白でもその地域の人にとっては沢山の種類の色と感じていたり。森に住んでいる人は同じ緑でも色んな緑を見分けていたり。アフリカで狩猟生活をしている人たちは視力がものすごく良いというのも似たようなものかな。自分が見えている世界はあくまで自分の目を通したものであって、他人の目にどう見えてるかはわからない。特にまったく異なる環境に生まれ育った人には同じ景色も全く違うように見えてるのかもしれない。いったいどんな風に見えてるのか、見ることができたら面白いのになーと思う。
いきなり話が飛躍するけど、うちの親はクリムトとミュシャが同じに見えるらしい。私にとってはまったく違う、どこが似てるの?ってくらい違うように見える。たまにミュシャとリブモンをごっちゃにしてる人がいるみたいだけど、私にとっては明らかな違いを感じる。それも同じような原理なのかなーと思う。私は日ごろからミュシャばかり見てるから識別能力が上がってて、そうでもない人にとってはあまり差がないように見えると。
逆に私も区別がつかない系統の絵はきっとたくさんあると思う。
またまた話が飛躍するけどわかりやすい例かなと思うのは、私は車の見分けができなくて、車種とかメーカーとか言われてもぴんとこない。例えば友達との待ち合わせで誰それの車は青のシビックだから、とか言われても全然わかんない。バンとかワゴンとかそういうのくらいならわかるんだけど。自分の親の車ですらどこのなんてやつか知らないし。
だから、わかる人からすれば何で一緒に見えるの?ってことも、わかんない人の立場で考えたら一緒に見えても仕方ないのかなーと思いつつも、どういう視点で見ると一緒に見えるのか、その人にとっての見え方を知りたいと思ってしまいます。単純な好奇心です。でも、たぶん目から入った情報を脳が処理する段階で人それぞれ処理の仕方が違うんだろうから、他人の見え方を擬似的にでも体験することは難しそうです。
なんで急にこんなことを思ったかというと、先日アクセス解析で「ミュシャ アブサン」という検索ワードで来てる人がいて、ミュシャのアブサンに関するエピソードなんてあったっけ?と思って調べてみたら、どうやらリブモンのポスターをミュシャと勘違いしてる人が何人かいるらしい。前にどこかであの絵をミュシャと紹介してるのを見たことあるから、たぶんその人たちもそういうのを見て勘違いしたんじゃないかな。リブモンって確かにミュシャと雰囲気の似た絵を書く人だけど、ミュシャを見慣れてる目から見ると全然違って見えます。具体的にどこがどう違うかは説明できないんだけど。絵のタッチとか結構違うと思うんだけどな。リブモンはリブモンで好きなので、間違えられてるのはかわいそうだなあと思う。
ちなみにGoogleのイメージ検索で「livemont absinthe」と入れればちゃーんとたくさん出てきますが、「mucha absinthe」でもしっかり引っかかっちゃうところがアレだな。このポスターを隅々まで見ればちゃんとリブモンのサイン入ってるのにね。
難しいことはさておき、こんな風にアクセス解析からネタをもらえることがときどきあります。アク解を設置した動機はどういう検索キーワードで来る人がいるのか知りたかったからなんだけど、こういう利点もあるんだなあと感心しています。まじめに統計取ったらサイト作りにもっと役立てられるんだろうけど、ものぐさなのでその日の検索ワードを見るくらいであんまり活用してません。

関連記事
Edit |  18:19 |  ミュシャ雑談  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。