2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2006'08.21 (Mon)

過去に書いたことの再追跡いろいろ

ミュシャ展@京都について、下調べ続報
展覧会のチラシに超初期(1880年ごろ)のミュシャの油彩を発見!うわっ、これは必見!
多分過去の図録や書籍でもちゃんとした写真は載ってなかったはず。モノクロか彩度の悪いカラーでちっちゃく参考図版として紹介されてた程度じゃないかしら。この写真を見る限り結構綺麗な色してるけど、修復されたのかしら?これはしっかり目に焼き付けてこないと。俄然楽しみになってきました。
前売りはコンビニやJRみどりの窓口でも扱ってるらしいけど、コンビニだと文字だけのしょぼいチケットになっちゃいそうな気がして躊躇してます。たかがチケット、されどチケット。せっかくなら綺麗なチケット欲しいもん。JRの窓口はどうなんだろ?今度偵察に行ってこよう。前売り買うために交通費払ってたら意味ないので、何かのついでじゃないと行けないけど。うーん、週末までお預けかなあ。もっと早く調べておいたらお盆休みに寄れたのに。
会期は9/1からですが、どうしようかな、初日に行きたいけど、平日かあ。

サヴィニャック展巡回だそうで
サントリーミュージアム天保山で去年開催されたサヴィニャック展が、神奈川の川崎市民ミュージアムに巡回するんだって。随分と間隔があいたけど。
私が国内でも一番気になってる美術館がサントリー~と川崎~です。つっても川崎は一回しか行ったことないんだけど。近所だったらもっと行ってるよ。天保山はなんだかんだで年に1回以上は行ってるような気がする。いっそ友の会に入った方がお得なのかなーと思いつつ、なんとなく入りそびれてます。
この2箇所はどこか似てるんだよねー。方や市民、方や企業と、成り立ちは全然違うのに。
サヴィニャックはろくに知識もなくキャッチフレーズに惹かれて見に行ったんだけど今ではすっかりお気に入りの作家さんになってしまいました。

ピカソとモディリアーニの時代展のその後
春ごろにこの展覧会の存在を知って調べたときは関西の巡回予定が見つけられなかったんだけど、来年頭に大阪に来てくれるらしい。大丸ミュージアム@梅田に。
美術館によっては手持ちの所蔵品も一緒に展示したりしてるらしいけど、大丸ではリールから借りてきたやつだけなんだろうな。まあそれはしょうがない。
随分と後回しにされてしまったけど、来てくれるだけで嬉しいわ。

関連記事
Edit |  23:16 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。