2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2006'09.02 (Sat)

大正ロマンに触れる

阪神百貨店@梅田でミュシャの版画を展示即売するということで、どんなものかと見に行ってきました。
予想通り、点数は10点かそこらってところでしょうか。小品がほとんどだけど、ヒースと浜薊があったので目の保養になりました。お値段についてはやっぱり高いよなー、最近ミュシャ人気だし値上がりしてるのかもなあと思ったり。
まあこういう場所で売ってるものとしては、こんな値段でも仕方ないのかなあと思いはしましたけれども、あれの値段だけは納得いかなかった。フィガロなんとかって雑誌の表紙なんだけど、確かにカラーは綺麗かもしれないしサイズもそこそこ大きいけど、絵の内容はとてもミュシャの本領が発揮されてるとはいえないし、これにその値段はないでしょうと思ってしまいました。名前だけで値段付けてないか?と。
他の作家さんの絵もあったけど細かいことは忘れた。シャガールが多めだったかな。

その向かい側では竹久夢二と大正ロマン画家たちの展覧会が入場料500円だったので覗いてみた。これが結構面白かったです。美人がいっぱい。日本画から大正~昭和の女性/少女向け雑誌の挿絵まで。
高畠華宵の絵が多かったのでちょっと嬉しかったわ。この人の描く女性って妙に艶っぽいんだよねえ。今回は美女ばっかりだったけど、美少年も得意だったらしい。
あとは中原淳一っぽいけど作者不詳な美少女のイラストも可愛かった。
他にも色んな作家さんの美人・美少女がいっぱい!
夢二の絵も多かったけど、うーん、私って夢二はまだよく理解できないわ。楽譜の表紙なんかはかわいかったんだけどねー。美人画はうまいんだか下手なんだかよくわからないのが多い気がする。人物画よりもデザイン系のイラストが可愛くて好き。
当時の少女向け雑誌の付録なのかな?すごろくなんかもあって、おもしろかったです。
後半にちょっとだけアールヌーヴォーの影響についてのコーナーがあって、神戸出身の版画家である川西英が出てきてびっくり。展示されてたのは版画じゃないんだけど。短冊の絵がかわいかった。ほとんどビアズリーまんまなサロメが黒い布に金色の絵の具?で描かれてる絵もあった。
展示数が約200点とボリュームがあったので、ちょっと疲れてしまったけど、楽しかったです。

関連記事
Edit |  12:29 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析