2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2006'10.23 (Mon)

オペラとミュシャ

本屋で見かけたミュシャもどき。
名作オペラの内容を紹介する本です。
4883642089詳解 オペラ名作127 普及版―付・世界の主要歌劇場ガイド声質別キャラクター事典
野崎 正俊
ショパン 2006-03

by G-Tools

オペラとミュシャの繋がりというと、椿姫ってことになるのかな。
でもミュシャがポスターを制作した「椿姫」はオペラじゃなくて普通の演劇なんですが。これ、結構誤解してる人もいそうだけど、「トスカ」も「椿姫」も、後にオペラで有名になったけれど、「トスカ」は元来サラ・ベルナールのために書かれた戯曲だし、「椿姫」もオペラになる前にストレートプレイとして演じられていて、サラ・ベルナールの当たり役になっていたものでもあるんです。
後から音楽家が曲をつけてオペラ化したものが現在はスタンダードになってますが、ミュシャが描いたのはオペラのポスターじゃないですからねー。
さて、この本はだいぶ前にどこかの書店で見かけて、即反応してしまったんですが、とりあえずタイトルだけチェックして購入はしてません。中身が確認できなかったので詳しい内容はわからないんですが、副題に「世界の主要歌劇場ガイド声質別キャラクター事典」って書いてあるのが凄いなあと思ってしまった。声質別って一体…
オペラは、むかーし一時期よくテレビでオペラ中継とかやってると見てたんですが、最近はほとんど見ないですね。有名どころのアリアだけを聞くとかなら楽しそうだけど、通しで見るのは今の自分にはきついかなー。

関連記事
Edit |  00:21 |  ミュシャもどき  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。