2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2006'10.24 (Tue)

ボズウェル・シスターズとミルス・ブラザーズ

ビング・クロスビーにちなんで聞いてみようシリーズ。
今回はボズウェル・シスターズとミルス・ブラザーズです。きょうだい繋がり?
ボズウェル・シスターズは3姉妹のコーラス・グループ。のちにメンバーの一人、コニーはソロとして活躍しました。
ビングとのデュエットでは、グループとしてではなくコニー個人とのものが多いんですが、コーラスグループってやつが好きなので、グループの方を選んでみました。
ビングとデュエットしたコーラスグループといえばアンドリュース・シスターズが有名だけど、ボズウェル・シスターズの方が好みです。アンドリュース・シスターズが1940年代に主に活躍したのに対して、ボズウェル・シスターズは一世代前、1930年代ってところも好みの理由。あの時代の醸し出す雰囲気に弱いです。
このCDの録音は1931~36年のものです。ドーシー兄弟との共演が多め。
B00008IHWLShout, Sister, Shout!
The Boswell Sisters
ASV/Living Era 2003-04-08

by G-Tools

実は先にコニーのソロも1枚聞いてみたけど、なんとなく物足りませんでした。
B000001HK3Heart & Soul
Connee Boswell
Living Era 2003-12-22

by G-Tools

それでグループの方も聞いてみようと思ったわけですが、私にはグループの方が好みらしい。あのコーラスワークが気持ちいい。でも一番好きなのはビングとコニーのデュエットで"Yes Indeed!"って曲。これがかっこいいんだなあ。だからソロ全般がダメなわけじゃないと思う。選曲のせいもあるのかも?もう一枚気になってるCDがあるので、それも試してみようか悩み中。録音年代は不明だけど気になる曲が幾つかあるので。
B00005V1B8They Can't Take These Songs
Connee Boswell
Jasmine 2002-01-28

by G-Tools

ミルス・ブラザーズは初期は4兄弟のグループでしたが、うち一人が若くして亡くなってしまい、一時的に父親が参加したりギタリストが加わったり、その後もメンバーチェンジしつつ長い間存在し続けていたようです。
ビングとの共演では、ダイナが一番有名。他にも何曲か共演してます。他のアーティストとの共演でも名曲があって、サッチモと歌った"The Song is Ended"(アーヴィング・バーリンの曲)もよかった。アル・ジョルスンのCDにも"Is It True What They Say About Dixie?"って曲が入ってました。どちらも激安CDなためクレジットはなかったんだけど声に聞き覚えがあったので調べたら当たりでした。ミルス独特の音だもんねえ。
基本的にコーラス+ギターのみで、ドゥワップに近いのかしら?スキャットみたいな楽器の口真似みたいなことを歌の合間にやるので、伴奏がギターしかないってことに気付きにくいです。トランペットとかトロンボーンとか、あれを全部口でやってるとは信じられないわ。今時のコーラスグループでもアカペラでベースとかパーカッションぽいのはやるけど、管楽器はあんまり聞いたことない。ただし1940年代以降はビッグバンドと共演したりするようになったらしく、このスタイルは主に1930年代のものらしいです。
B000BB18BIThe Best of the Early Mills Brothers 1931-1942
The Mills Brothers
Jazz Legends 2005-10-11

by G-Tools

これはとりあえずタワレコ店頭にあった2枚のうち曲数が多くて1930年代の録音を集めているものってことで選んでみたんですが、なかなかよいです。でも一部お聞き苦しい部分が…。まあ古い録音だからある程度は仕方ないんだけど。
ネットで調べたところ、1930年代と銘打っててお手ごろなのはこれくらいしかなかったので(他は30年代と書いてあるけど5枚組とか、お手ごろだけどもう少し幅広い年代に渡ってるのとか、年代が明記してないのとか)これでよかったんでしょう。
ちなみにミルスとボスウェルとビングと、3者揃い踏みな曲もあったりします。"Life Is Just A Bowl Of Cherries"という曲で、"Bing Crosby and Friends"というCDに入ってました。1931年の録音。でも交代で順番に歌ってるだけ(1番がミルス、2番がボスウェル、3番がビング、みたいな感じ)で絡みがないのは何故なんだろう…。
私の持ってるのとは違うけど同系統のCDということで紹介しときます。
B000001HI7Bing Crosby and Friends
Bing Crosby
Academy 1994-11-01

by G-Tools

この手のCDは幾つか出てて、自分が持ってない曲も入ってるぽいのを見つけると欲しくなるけど、手持ちのCDと被ってる曲が多すぎて躊躇してます。

関連記事
Edit |  22:23 |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。