2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2006'11.19 (Sun)

ロッド・スチュアートのライブ映像

10月にアメリカでの新譜発売と同時に開催されてネットで生中継が行われたライブがあります。私もその日にアクセスしようとしたんですが(生中継は時間的に無理だったので、後からアップされた動画ファイルを見ようとした)、いくら見ようとしても全然繋がらなくて諦めてました。
先日別の用件でmsn.comにアクセスしたときに、下にロッドのアイコンが見えて、何となくアクセスしてみたらそのときのライブの紹介ページで、なんとなくクリックしてみたら今度は見れるじゃないですか。ただし、何故か曲ごとに分割したファイルには軒並みアクセスできなくて、繋がったのはライブ全体を通しで見られるようにしたファイルだけでしたが。
でもそれが見られれば十分なわけで、1ヶ月以上も経ってようやく見られた!嬉しい!
新作の日本盤は発売日にしっかり確保した私ですが、実はそこまではまってませんでした。ちょっと前に全曲試聴した段階でジェリー・リー・ルイスのCDと比較してロッドの新譜はロック度が足りないかもと言ってましたが、前言撤回。やっぱりロッドかっこいいよ~。
B000I2K7K8グレイト・ロック・クラシックス
ロッド・スチュワート
BMG JAPAN 2006-11-08

by G-Tools

CDで聞いたときはおとなしく聞こえてしまったけど、ライブパフォーマンス見るとしっかりロックしてるなあと思った。しかも新曲だけかと思ったら過去のヒット曲もたくさん歌ってくれてるし。ファンとの掛け合いも楽しいし、60過ぎとは思えないくらいはじけてる。あくまで自分の中の基準と比較した結果の感想であって、誰かさんほどの激しさはないし硬派なロックというイメージではないですが、私にとってはこれで十分。だってミーハーなファンなんだもん。バラードのラブソングでマイクを両手で大事そうに包み込む仕草を見て、マイクになりたい!と思ったりするような人です。
カバーとはいえ発売したてでこれだけ歌詞が入ってるのも凄いなあと思った。さっきのマイクの話じゃないけど、ちゃんと歌に感情がこもってるんですよね。そんなの当たり前かもしれないけど、なんだろうなあ、CDを買ったけどまだちゃんと歌詞チェックしてないのであまり内容を理解していない自分にも歌ってる歌詞のひとことひとことが伝わってくるような気がしたんです。全部じゃなくて部分的にですけどね。あ、ここは、こういうこと言ってるんだって。英単語を聞き分けて頭で理解するんでなく、もっとダイレクトに脳で理解する感じ。そういう経験ってあまりなかったもので。表情やボディランゲージが的確だからってのもあるのかも。観客に語りかけてる感じがいいなあと。割と小規模なライブだからこその利点なのかな。
私がロッドを知ったのがダウンタウントレインの頃で、ヴァガボンドハートが初めて買ったアルバムなので、そのアルバムからの1stシングルだったリズムオブマイハートを歌ってくれたのが凄く嬉しい。サビだけなら暗唱できるよ。大好きなさびしき丘(The First Cut Is The Deepest)も歌ってくれたし。しかし後半は観客に歌わせまくりだなあ。みんな楽しそうでいいなあ。
ロッドのライブ映像はむかーしのフェイセズのと、これもあんまり新しいとはいえないヴァガボンドツアーの頃のをだいぶ前に見たっきり。最近のライブといえばアメリカンソングブック関連のライブDVDが出てるけど、どうかなあと思って未購入でした。うーん、なんだか欲しくなってきたぞ。
B00064VR0WOne Night Only: Rod Stewart Live at Royal Albert
Rod Stewart
2004-12-07

by G-Tools

そうそう、先日、空中庭園下のクリスマスイベントで会った露店のお兄さん、世界各地で露店を開いて売り歩いてるそうで、ときどき世界の有名人がお店に寄っていくことがあるそうです。ロッドにも会って少し喋ったことがあるって言ってた。ホントかなあ。ホントだったら羨ましいぞ。

関連記事
Edit |  22:37 |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析