2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2007'01.27 (Sat)

魅惑の正方形

神戸ファッション美術館へ「魅惑の正方形~ハンカチーフのひろがり展」を見に行ってきました。
開催記念講演会としてブルーミング中西株式会社の専務取締役・中西氏のお話が聞けるということで興味があったので今日行くことにしました。
今回の展覧会に出品されてるハンカチはほとんど(すべて?)このブルーミング中西のコレクションなんだそうです。ブルーミング中西というのはハンカチ専門メーカ。明治時代から続く伝統のある会社だそうです。
講演会の開始時間より前に行って展示を見てから話を聞こうと思ってたのに、家を出るのが遅くなって30分くらいしか余裕がなかったので展示はざっと流し見して、講演会の後に再入場することにしてとりあえず講演会場へ。
主催者の予想以上に人が集まって急遽椅子を増やすくらいの大盛況振りでした。
来てる人は関係者が結構多かったのかな。同業者とか関連会社の人とか。中西氏が講演中に、デパートの人とか機屋さんとかレース屋さんとかが客席にいますねって言ってたのでわかったんですが。私の横に座ってた人もいかにも関係者って感じのおじさんでした。
企業の人ということで視点が企業寄りである意味面白かったです。
以下、感想を箇条書きで。自分用の覚書として。

ついハンカチに注目してしまう、その気持ち、わかるなあ。
今種をまいて100年後に実を結べたら嬉しい、という言葉が印象深かったです。私もそんな風に思える仕事がしたいなあ。
ただ商品を開発してるだけじゃなくて、文化や伝統を大事にしている印象。
1年位前にここであったレース展でレースのハンカチを出したのがきっかけ。
コレクションは普段倉庫に眠ってるので、広げて並べて見るいい機会になった。
昔はハンカチは貴重品だった。宝飾品と同様、ステイタスを示すもの。
ハンカチで洟をかむ=裕福な証拠。ハンカチがない人は袖でふいていた。
ハンカチと文化。西洋人にとってのハンカチ=洟をかむもの。
男性の持ち物から女性の持ち物へ。
感情表現のひとつ。コミュニケーションの手段。
ファッションとしてのハンカチ。
現在は西洋諸国でハンカチ文化はかなり廃れているらしい。
縦糸と横糸、バイアス。
現在公開中の映画マリーアントワネットについての言及。
パヴァロッティとサッチモとハンカチ。
ハンカチ王子とイチロー。

講演終了後、聴講者に記念品としてハンカチ王子のハンカチを配ってました(笑)
B000K71A9Sハローキティ 幸せの青いハンカチ ライトブルー
サンリオ 2006-11-18

by G-Tools

帰ってきてからブルーミング中西のHPを調べて見たら、ハンカチの歴史とか講演の中に出てきた話が載ってたりして、いい復習になりました。
何でこんなものに興味を持ったかと言うと、親がアパレル関係の仕事をしてて、よく仕事場に出入りしてたからなんとなく服飾関係のことには親近感がわくんですよね。私自身はまったく服飾とかデザインとは無関係な仕事ですが。
展示の方は、色とりどりのハンカチが可愛かったです。中でもレースのハンカチはすごい。なにあれ。あんなのどうやって作るんだ。すっごい糸が細くて繊細。超絶技巧。
もうひとつすごいなと思ったのが中国のスワトウ(汕頭)刺繍というもの。想像を絶する細やかさにびっくり。現代でもスワトウ刺繍というものは残ってるけど、当時のものにはとても及ばないんだとか。
刺繍ハンカチで他に面白い話を聞いたのがスイスの高山植物の刺繍入りハンカチ。色が鮮やかなんですが、実際に山に生えてる植物の色そのものなんだとか。
プリントハンカチでは東郷青児のイラストハンカチが5~6枚あったけど、この人の絵って少女マンガだよねえ。他にも日本の作家の絵入りハンカチがいくつかあったけど、名前は忘れちゃった。ペイネもかわいかった。アメリカのハンカチでシナトラとかハリー・ベラフォンテの似顔絵がプリントされてるのがあって笑った。
子供向けのハンカチで童話の一場面がプリントされてるやつも可愛かったなあ。
それから、口紅が付いてもいいように作られた真っ赤なハンカチ(ルージュチーフ)という存在を初めて知った。講演会の方でその話を聞いて、その後展示を見直したらたしかにあるある、赤いハンカチが。そのうち何枚かにはしっかり「Pour le rouge」の文字がプリントされてました。
ベーシック展示の方は去年来た時と同じものが多かったのでさらっと流してきました。
今回は併設のライブラリー(図書室)がどんなものか覗いてきたんだけど、すごくよかったです。もっと長居したかった。通いたいくらい。その内容は長くなるので別途記事にします。
関連記事
Edit |  23:59 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。