2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2007'02.14 (Wed)

My Funny Valentine

バレンタインで思い出す、チョコの思い出。
何年か前にたぶんバレンタイン向けと思われるチョコレートがサントリーミュージアムで売られてて、パッケージがミュシャだったので買ってしまったことが。チョコといってもサントリーのウィスキーを使ったボンボンで、強いお酒が苦手な私は食べられなかったので、中身だけ親にあげてたなあ。


さらに昔、やっぱりミュシャの絵で箱入りチョコレートケーキがあって、中身だけ当時付き合ってた人にあげて箱は返してもらったことも。
cake.jpg

恋は終わっても箱は残る…というのは「The song is ended」のパロディのつもりなんですが、ほとんど誰にもわかんないよなー。アーヴィング・バーリンの曲でサッチモとミルスブラザースが歌ってるのを持っててお気に入り。ガーシュインが「They can't take that away from me」で引用してたり、ザッツエンタテインメント3でジーン・ケリーが引用してたり、知る人ぞ知る名曲なのかな?
今年は目立ったミュシャ関係のチョコ菓子が出てるかどうかは不明。
チョコレートとは関係ないけど、マイ・ファニー・バレンタインという曲が好き。でも割と最近までこれがロジャース&ハートの曲だとは知らなかった。私としたことが。
むかーし、ミランダセックスガーデンという恐ろしい名前のバンド(最初は女の子3人組のコーラスグループだったけど、メンバーチェンジで音楽性もだいぶ変わった)がありまして、たぶんデビュー曲の「Gush Forth My Tears」という曲が気に入って、しばらく追っかけてたんですが、どのアルバムだったかに入ってたマイ・ファニー・バレンタインが妖しくて好きでした。
*探したら見つかったけど中古のみらしい。
B000003Z62Suspiria
Miranda Sex Garden
Mute 1993-03-30

by G-Tools

1stアルバムと2ndアルバムで全然方向性が違ってて結局その後どうなったのか知らなかったんだけど、調べてみたら2000年まではCD出してたらしい。このサイト(たぶん公式)によると一応まだ存続はしてるのかな?
MSG(勝手に略)の創立メンバーの人が新たに作ったらしいMediaeval Baebesというグループ(写真を見た感じは美人揃いだわー)のMySpaceがあったので覗いてみたら、あら、これは初期のMSGにちょっと近いかも。でもCDの方は入手不可のものが多いようで。とりあえずこれは手に入るっぽい。
B00004X0QPUndrentide
The Mediaeval Baebes
RCA Victor 2000-09-12

by G-Tools

MSGのアルバムもとっくに入手不可になってるのかと思ったらそうでもないのね。私が最初に惹かれた曲が入ってるやつはまだ手に入るらしい。
B000003Z5LMadra
Miranda Sex Garden
Mute 1991-08-06

by G-Tools

マイ・ファニー・バレンタインの話に戻すと、この曲はスタンダード化してるので歌ってる人は多数。うちにはビング・クロスビーが歌ってたりシナトラが歌ってたりロッド・スチュワートが歌ってたりするのがある。って男ばっか。
この曲に出てくるバレンタインってのは恋人に対する呼びかけだそうです。そういえばニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックの曲にもバレンタイン・ガールっていう曲があったな。ビー・マイ・バレンタインとか言っちゃうの。このあたりからの推測で、英語ではバレンタイン=恋人って意味にもなるのかなと思ってます。
でもこの曲、歌詞をよく読んでみるとかなりひどいこと言ってます。
オリジナルはジュディ・ガーランドの映画なんですね。これをジュディが歌うところ見てみたいなー。オズの魔法使いと同じ年の映画らしいのできっと可愛かったんだろうなあ。で、歌われる相手はミッキー・ルーニーと。うーん、ロレンツ・ハートがどういう気持ちでこれを作詞したのか激しく気になる。
<訂正>ジュディの映画じゃなくて、その映画の元になったブロードウェイミュージカルがオリジナル。映画では使われなかったそうです。<訂正終わり>
後年、シナトラ主演で映画化された「Pal Joey(夜の豹)」でも取り上げられてたけど歌ってるのはキム・ノヴァク(口パク)だし、劇中リハでさらっと歌われるだけなので印象は薄い。舞台セットがやたらラブリーだったのはおぼえてる。
もひとつファニーつながりで好きな曲というと、ガーシュインの「Funny Face」って曲がある。アステア主演の舞台で、後年ストーリーが改変されて映画化もされました。
B00000472JFunny Face (1957 Film)
Roger Edens Roger/ Gershe, Leonard Edens George Gershwin
Verve 1996-04-23

by G-Tools

バレンタインとはまーったく関係ないけどね。
なんだか今日は脱線しまくりだな。これでおしまい。
関連記事
Edit |  20:35 |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。