2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2007'03.18 (Sun)

ダリ展とピカソ展

ダリ展@サントリーミュージアム天保山とピカソ展@大丸ミュージアム梅田を見てきました。
ダリ展は千足伸行氏の講演会がある日に合わせて行ってきた。
当初1時間半の予定が2時間近くしゃべってました。おっさん喋りすぎ!でも話は面白かったです。
印象に残ったキーワードは、
光が死で影が生
ダブルイメージ
複製は本物に勝る?
シュール(sur)は"over"であり"on"でもある
完全に現実離れしているわけではなくて、現実と繋がりがある
フランスでもイタリアでもなくスペイン
パン、ロブスターなど、繰り返し出現するイメージ
松葉杖フェチ
エディプス・コンプレックス的なものがあった
小さい頃の夢は○○になりたい(パン屋とか飛行士とかそんなんだったような気がするけど忘れた)だったが、今の夢はダリになりたい、他の誰でもない自分自身に、というようなことを言っていたらしい
傑作と言われる作品は小さいものが多い
少し前に東京でやってたのとは内容が異なる
スペインは狂気の人を輩出する?
スペインといえばピカソ、ミロもいる
女性関係はピカソと違って一途だった?
こんな感じかな。
展示の方は、舞台装置がやたら凝ってました。こういうのってイマイチなときも多いけど今回は面白かったかも。
駆け出しの頃は印象派風だったりピカソの影響受けてます~な絵だったり色々と模索してたんですねえ。
ビーナスの夢はまだインスタレーションという概念がない時代に実践されたインスタレーション?
ダリはひげを取ると結構かわいい顔立ちかもと思った。
今でも売ってる香水ビンから変なオブジェ(スカトロ趣味?)、商品の広告、本の表紙、著述活動、怪しい自伝、舞台衣装、ファッションデザインなど、色んなものに手を出してたんですねえ。
そしてメイ・ウェストの部屋が一番面白かったです。覗き込めるようになってるミニチュアがあった。目のところってよく見るとちゃんと普通の絵なんですね。そのまんま目じゃないんだーと感心した。
売店にリップ・ソファのクッションが売ってて、大きいの欲しい!と思ったけど、1万近くしたので断念。でも一番小さいやつを買っちゃいました。かわいいー。


ピカソ展はルートヴィッヒ美術館コレクションというものを持ってきたらしい。
詳しい説明は忘れたけどピカソの全年代の作品をほぼ網羅してるのかな。10代の頃の作品から晩年の作品まで、油彩から版画、陶器、彫刻など色々揃ってました。
ピカソの作品は今までは色んな人の作品に混じって数点見る程度だったので、これだけまとめて見るのは初めて。一生を通して見るといろんなことやってた人なんだなーと思った。知識としては知ってたんだけどね。実際に見てみるとホントにバラエティに富んでるなあと。
正直、作品の偉大さとか凄さは今でもよくわかんないんだけど、ピカソという存在の凄さは少し感じたかな。うまく説明できないんだけど見てて面白かったです。
(3/20感想追記)
分析的キュビズムだっけ?京都の国立近代美術館にあるエッチング作品(タイトル忘れた)と似たような作品で墨で書かれたものがあって、このタッチは好きかもと思った。上記エッチング作品は苦手だったんだけど。
版画のインクの乗り具合とかにじみ具合が面白かった。
線画おもしろいよ、線が。
版画ってたぶん普通は左右反対になることを想定して描画すると思うんだけどピカソのは制作年月日を反転せずに書いてるのね(刷り上りが左右逆)。ってことは絵もそういうこと考えずに描いてたってことなのかなあ。
ときどき乳首が三重丸になってるのがあって、何故…と思った。
結局女はチチとケツとアレなのかと思った。あとは丸いお腹?
局部の描写が多いんだけどあそこまで連発されると記号にしか見えない…
というわけで恥ずかしげもなく堂々とじっくり眺めてきましたよ。ぐちゃぐちゃっと描かれてるものが多いのでどこがどうなってるんだろうと考えつつ。
子供が描いたような絵があったけど、あれはこういう流れの中で見る分には面白いけど単品で楽しむものじゃないよなー。しかし自分も小さい頃はあんな落書きをしてたわけで、あの頃自分は世界をどんな風に捉えていたんだろうと不思議に思う。
ミノタウロスの連作版画があったけど、そういえばダリ展にもミノタウロスの絵があったなあ。ミノトールという名前の雑誌の表紙か挿絵だったと思う。スペインとなんか関係ある?
ふたりともなんだかんだスペインに関連のある題材を描いているのだな。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  23:06 |  アート  |  TB(0)  |  CM(2)   このページの上へ

Comment

ダリ展は私も見に行くつもり。23日に。
というのもその日は沖仁さんの無料コンサートがあるから。
今日も京都RAGでライブ見てきました。
ダリは東京にいる頃以来です。
liki | 2007年03月18日(日) 23:30 | URL | コメント編集

>likiさん
likiさんはそちらのイベントに合わせて行かれるんですね~。
ギターも面白そうかなあと思ったんですが、いかんせん平日…
コンサートには間に合っても展示を見る余裕がなさそうで講演会の方を選びました。
是非楽しんできてください~。
Ira | 2007年03月18日(日) 23:51 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。