2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2007'04.16 (Mon)

エルミタージュと丸紅と浮世絵と

京都で展覧会を3つハシゴしてきました。
まずは京都市美術館の大エルミタージュ美術館展。
ネットで前評判は聞いていて、タイトルの割に内容は地味らしいということだったので期待せずに見に行って、まあこんなもんかという感じ。ヴラマンクの小ぶりな作品があっておおと思ったり。羊のラファエロと呼ばれたバルビゾン派の人の絵があってああと思ったり。オランダの人が多めだったのかなあ。あとはイタリアもありフランスもありロシアもありという感じ。
展示を見終わると売店が。ここって広いから展示内容とあんまり関係ないだろ!な売店も出てたりする。今回もロシア繋がりってだけで琥珀屋がいたりパン売ってたりするんだもんなあ。展覧会の前売りチケット屋まであるし。なぜかミュシャのハンカチとかカバンも売ってるし(これは事前に聞いていた)。カバンはもう少し丈夫そうなら買ってもよかったけど微妙な出来だったのでやめといた。でもハンカチは買っちゃった。薄手の綿のハンカチ。モエエシャンドンの絵柄です。
ここで落し物をしたことに気付いて警備員さんや監視員さんやら受け付けの人にまで聞いて回っても発見できず、とりあえず事務所の人に連絡先だけ伝えて次の目的地へ移動。
次は京都文化博物館の「絵画と衣装 美の名品展~ボッティチェリ「美しきシモネッタ」・淀君の辻が花小袖~」。こちらは商社である丸紅のコレクション。ポスターにも使われてるボッティチェリの絵が綺麗で興味を持ったんだけど、江戸時代や桃山時代の着物がたくさん。18世紀から19世紀のものがほとんどだけど中には16世紀のものなんかもあって、さすがにだいぶ傷んでるけどデザインとしては全然古い感じがなくて面白かった。図案もたくさんあって、有名な画家や図案家がずらっと並んでて壮観だったなあ。杉浦非水はやっぱりいたかという感じだけど、伊東深水とか北野恒富とかの姫路のポスター展で見た名前とか、川端龍子や高畠華宵まであった日にはもう。
着物は婚礼衣装からたぶんめでたい席とかで着るだろう縁起のよさそうなものとか、能かなにかの衣装とかいろいろ。昔の着物ってきっとただ「着るもの」ってだけじゃない財産的な価値もあったんだろうなあ。何度も直しを入れられた形跡のあるものも多いらしい。昭和初期の着物もあったけどなかなか斬新なデザインで面白かった。着物は会期中に大幅な入れ替えがあるらしく、後期(たしか5/8からだったような)も見に行ってみたいかもとちょっと思った。
で、階が変わって次の展示はがらっと変わって日本の洋画と西洋の絵画。衣装は丸紅が呉服の研究をするために集めたものだったのに対してこちらは絵画販売事業をやってたときに仕入れたものらしい。その事業をやめるにあたってコレクション化したとか。だから個人収集家みたいな蒐集ポリシーはないのかもしれないけど、だいたいこの辺の時代とかジャンルとかっていうまとまりは一応あるのかな。主に近代なんでしょうか。
日本は小磯良平とか梅原龍三郎とか荻須高徳とか。得意ジャンルじゃないのであんまり憶えてないけど上の人たちの名前はわかるしなかなかよかった。西洋の絵画はヴラマンクがよかった。単に自分が好きなだけだけど、ヴラマンクと言えばやっぱり冬景色だよねえ。こちらは大型で迫力あったなあ。デュフィで随分濃い青(藍色)の海の絵があったり、キスリングのミモザが絵の具もりもりですごいことになってたり、シモネッタも美人だったし、なかなか面白かったです。
ここへ入る直前に京都市美術館から電話があって落し物が見つかったとのこと。とりあえず閉館の5時までには引き取りに行きます~とだけ連絡しておいたんだけど、すぐ行くか後に行くか迷った末、次の目的を済ませてからでも間に合うだろうと判断して後回しに。
次は大丸ミュージアム京都の「幕末浮世絵展 大江戸の賑わい~北斎・広重・国貞・国芳らの世界~」。こちらは中右瑛のコレクション。中右瑛といえば去年のいつ頃だったかに大正ロマンな美人画展を梅田の阪神百貨店でやってたのをふらっと覗いたときに見た名前。浮世絵も集めてるんだ~と興味を持って見に行ったわけですが期せずして二日連続で浮世絵見ちゃいました。
昨日のギメが硬派な展示としたらこちらは軟派というか楽しい展示でした。入り口からいきなり魑魅魍魎だもんなあ。美人画、役者絵、風景画といった基本路線から、風刺画、戯画、挿絵といった娯楽性の高いもの、漫画っぽいもの、ニュース的なものなど、江戸時代の庶民の生活がリアルに伝わってくる感じが面白かった。猫でできた猫の絵がよかったなあ。
この時点でかなりお疲れだったけど、落し物を引き取りに行かなきゃ!ということで、再び京都市美術館へ。もうへろへろだったので一番楽そうなバスで移動。無事ブツを引き取って、帰りはバス停が激混みだったので歩いて河原町まで移動して電車乗って帰宅した。あー疲れた。
関連記事
Edit |  00:33 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。