2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2007'06.18 (Mon)

ゑげれすいろは@大山崎山荘

前から一度行ってみたかったアサビビール大山崎山荘美術館へ行ってきました。山荘っていうくらいだから小高い山の上にあって、駅から徒歩10分という距離だけど坂道きついしちょっとした山登りでした。ハンディキャップ者優先の無料送迎バスもあったけど乗ったら負けかなと思って自力で行った。
07-06-17_12-34.jpg

観光地にもなってるのか結構人は多かった。こじんまりとした山荘だから容量の割には人が多めというくらいで大混雑ってほどでもなかったけど。
目的は17日まで開催していた「ゑげれすいろは」木版画家・川上澄生の展覧会。この人のことは全然知らなかったんだけど、前にどこかの美術館に行ったときにポスターを見て興味を持って。最近よく美術館に行くようになってこういう興味の持ち方をすることが増えた。美術館に貼ってあるよその展覧会のポスターは危険。
川上澄生は横浜で英語教師をしながら木版画制作をしていた人で棟方志功にも影響を与えたとか。といっても棟方志功はよくわかんないんだけど。1895年生まれの人なので、活躍した時期は大正から昭和の時代ってことになるのかな。かわいらしくてユーモアがあって楽しかったです。
不満といえば展示室がばらけていてどこから見ていっていいのかわかりにくかったことだけど、まあそんな堅苦しい展示でもないし、ゆる~く眺めていてもそれなりに楽しめたかな。
新館には美術館のコレクションも展示されてて、モディリアーニとかモネとかルノワールとかあった。
お庭も綺麗で、帰り道にぶらぶらと散策してきました。池に睡蓮と菖蒲が咲いてた。携帯電話のカメラでは睡蓮までの距離が遠くてまともな写真が撮れなかったので菖蒲だけ。
07-06-17_12-39.jpg

カエデの花(実?)がピンクに色づいててかわいかった。
07-06-17_12-31.jpg

アップにするとこんな感じ。
07-06-17_12-32.jpg

竹林も綺麗。これは多分庭の中ではなかったと思うけど。
07-06-17_12-43.jpg

坂道は上りも大変だけど、下りもきついねー。歩きにくいサンダルはいていかなくてよかった。
その後、京都まで来たんだからついでに京都国立近代美術館の「舞台芸術の世界」展と京都文化博物館の「ティアラ展」も行ってきた。
つづく
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  21:34 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析