2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2007'07.28 (Sat)

大正シック@尼崎

尼崎市総合文化センター美術ホールというところで開催中の大正シック展へ行ってきました。
これはホノルル美術館所蔵の大正時代の日本の美術品を紹介する展覧会で、ちょっと前に東京の庭園美術館でやってるのを小耳に挟んでいいなーと思ってたんだけど、東京まで遠征するのはなあと思ってたら関西に巡回すると知って楽しみにしてたんです。
今展覧会で一番の目玉はやっぱり中村大三郎の「婦女」(モデル:入江たか子)でしょう。めちゃくちゃかわいかったー。たぶん同じ作者の絵のはずだけど京都市美術館にあるピアノを弾く女の人の絵もすごくかわいいんだよねー。あとは橋口五葉とか山川秀峰とか榎本千花俊とか垣内青葉の美人画も綺麗だったなー。
いわゆる日本画(絹本着色)や木版画が多くて油彩画はなかった。これは外国のコレクションだからかなあ。なんとなく外国人の好む日本の絵ってそういうのじゃないのかなと思う。浮世絵からの流れというか。でもまだ大正時代の日本の絵ってのは海外でも評価が定まっていないらしく、最近になってさかんに注目されるようになってきたらしいです。
大正時代というとモガ、モボの時代、女性の社会進出がめざましい時代で、美人画にもそういう時代の空気が感じられて面白かったです。
美人画以外では、着物や工芸品も素敵。アールデコだなあというすっきりしたデザインやモダンなデザインが面白かった。絵の中の女性の服装も意外と近代的で全然古臭くないんだよなー。
会場がちょっと地味なせいか、初日の夕方前くらいに行ったけど思いっきりすいてました。私もこんなところに美術ホールがあるなんて知らなかったしな。でも、ホノルル美術館所蔵品ということで、なかなかお目にかかる機会もないだろうし、大正時代の美人画に興味がある人は行った方がいいよ!
関連記事
Edit |  23:57 |  アート  |  TB(0)  |  CM(3)   このページの上へ

Comment

●華族

入江たか子さんといえば、私的には「滝の白糸」ですが、華族で女優とかモデルとかやってたのは、当時にしては相当画期的だったんでしょうね。

今の感覚でいえば、「皇族の娘さんがアイドルになった」みたいなのかもしれないです。

http://www.nwn.jp/screen/waga1/text1/16.html
rt | 2007年07月30日(月) 00:32 | URL | コメント編集

東京都庭園美術館で開催していたのは知ってたんですけど
関西方面に来てたんですね~ 行ってみようかな。
Iraさん好きそう♪と勝手に思ってましたけど当たりでしたね(^^)
plumy | 2007年07月30日(月) 08:09 | URL | コメント編集

>rtさん
入江たか子って名前しか知らなかったんですが、
そういう経歴の方だったんですね。
そう言われてみると、とっても品のある絵でした。

>plumyさん
好きそうってわかります?(^^;)
東京都庭園美術館みたいな情緒のある会場じゃないのが残念ですが、
レトロモダン好きなら楽しめる展覧会だと思います。
展示数はちょっと少ないですけどね。
Ira | 2007年07月30日(月) 22:06 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析