2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2007'07.30 (Mon)

夏の歌

暑い時期に聞きたくなる曲、それはガーシュインの「サマータイム」。
私はガーシュインの大ファンなんですが、10年以上前から「歌もの」に特化してCDを集めてました。最近はあんまり増えてないけど、最初の頃は凄い勢いで増やしてたなあ。100枚以上持ってるよ。色んな人のガーシュインソングブック。
ある程度ポリシーを持って集めてまして、基本は1枚まるごとガーシュイン。LPの再発等で2in1とかだと半分だけガーシュインとかもあり。アルバムのタイトルがガーシュインだけど数曲別の人の曲が入ってるのも許容範囲。基本が歌ものなのでインストオンリーは除外。歌とインスト混合はあり。最近はその辺の境目はなくなりつつあるんだけど、最初の頃はそうしてた。そうでもしないときりがないからね。たまたまインストだけのCDを買ったことがあったんだけど、歌ものほど楽しめなかったというのもある。クラシック系のCDもほとんど持ってないなー。歴史的録音(初演と同時期のものとか)はあるけど。
んで、サマータイムは50種類以上持ってる。その中でお気に入りはこのCDに入ってるもの。
B00000DBX8By George (& Ira): Red Hot on Gershwin
Various Artists
Polygram 1998-10-27

by G-Tools

このCDには4つもサマータイムが入ってたりする。えーと思うかもしれないけど、これが各者各様で面白いんだな。
特にビリー・スチュアートとジャニス・ジョプリンが凄いです。これが同じ曲なの?ってくらい全然別物。
どの曲が誰の演奏かはこちらの日本盤の情報で確認してください。試聴は上の輸入盤で。
B00005FK6Dレッド・ホット・オン・ガーシュウィン
オムニバス サラ・ボーン ビリー・ホリデイ
ユニバーサルクラシック 1998-10-07

by G-Tools

サマータイムってのは一応オリジナルの設定では子守唄のはずなんですが。ジャニス・ジョプリンはいわゆるジャニス節ってやつなんでしょうか、シャウトしてます。魂の叫びです。こんなんじゃ子供は眠れない…。
ビリー・スチュワートって人のことはこの曲以外全然知らないんだけど、前にちらっと調べたときに引っかかった情報では若くして亡くなってるとか書いてあったような。調べてみたらこんなCDが出てるらしい。
B000002O4OOne More Time: The Chess Years
Billy Stewart
Chess 1990-10-17

by G-Tools

んで、この人のサマータイムはなんというのかなー、ちょっとレゲエっぽいような、ラテンのノリっぽいような、舌巻きまくりな歌唱です。これも眠気は吹っ飛びそうだよなあ。
あとはスタン・ゲッツのけだるいサマータイムと、チャーリー・パーカーの正統派アレンジだなーという雰囲気のサマータイムも入ってます。
最初の方にインストはあんまり好きじゃないと書いたけど、このCDは別格で、歌ものとインストが半々くらいだけどアルバムまるごと気に入ってます。でもこれって廃盤っぽいんだよなー。アマゾンだと一応日本盤は入手可能っぽいけど「3~5週間」って表記は信用していいんだろうか。まあ中古でもよければ手に入るみたいですが。
他に面白いアレンジっていうとアーロン・ネヴィルとかかなあ。ビリー・ホリデイのも面白い。今風アレンジではボビー・ウーマックというのもあったりするけど、面白いかと言われると微妙。私の好みではない。異国風なCaetano Velosoという人もいるけど、どこの人だろ?訛りがあるので英語圏の人じゃなさそうかなーと思ってる。名前もそんな感じだ。Nara Leaoという人のポルトガル語っぽいのもある。リナ・ホーンのもかっこよくて好き。有名どころではピーター・ガブリエルとかレイ・チャールズもあるよ。
一応正統派となるとソプラノで歌ってるやつなんだろうけど、あんまりそっち系はちゃんと聞いてないので誰がいいとかはわかんない。オリジナルキャストのアン・ブラウンがいいかな?オールマンリバー(ショウボート)で有名なポール・ロブソンのもあったりする。
そんなサマータイムばっかりを集めたCDもあったりするんだけど、さすがにこれはやりすぎかと。まあ面白いアレンジと出会える楽しみもあるんですが。
B0009J8DBUサマータイム
オムニバス マントヴァーニ アン・ブラウン
ユニバーサルクラシック 2005-07-06

by G-Tools

関連記事
Edit |  23:59 |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析