2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2007'09.30 (Sun)

ロートレック展~パリ、美しき時代を生きて

サントリーミュージアム天保山で開催中のロートレック展に行ってきた。
混んでるかなーと思って遅めの時間に行ったら全然混んでなくて拍子抜け。うーん、時間のせいなのかな。お天気もすぐれなかったし。
展覧会はロートレックの作品を初期から晩年まで満遍なく紹介する構成で、作品は時代順には並んでないんだけど、一応最初の方に初期の作品、最後の方に晩年の作品が置いてあった。
章立ての仕方は細かいところは忘れちゃったけど、モデル別に並んでるところが面白かったな。イヴェットギルベールやムーランルージュのラグリュ、ヴァランタン、ジャンヌアヴリル、シャノワールのブリュアン、その他いろんなモデルさんの写真を紹介したり他の画家による作品を並べたりしてた。ロイ・ファラーのところでは映像も流してた。ロイ・ファラー本人ではないらしいんだけど、例のひらひらダンスが流れてた。あと、ブリュアンの姿が写ってる映像とか。ヴァランタンは思ったより可愛らしい容貌で、そんな顔が細長くてあごが突き出してるようには見えなかったなあ。正面から写した写真だったから目立たないだけであごは出てたんだろうか。他にも絵よりもずっとかわいいじゃん!みたいな人がたくさんいたよ。
浮世絵からの影響というのも比較表があってわかりやすくて面白かった。蟹や鵜の絵があってびっくりした。
作品はオルセーからアルビから、ナンシーもあったかな、名品がたくさん来ていたみたい。でも自分の興味はサントリーの持ち物だったり鹿島茂コレクションだったりして。いや、こんなところで鹿島茂の名前を見るとは思わなかったよ。古書蒐集家だとは聞いてたけど。
ロートレックの作品だけでなく同時代の関連作品もたくさん並んでいて、シェレだとかスタンランだとかオラジだとかサントリーのポスターコレクションをふんだんに利用してたみたいだ。
ところで今回はいつもと会場内の間仕切りの仕方が違っていたような。ここでこんな方向に進むような構造だったっけ?と妙な違和感を感じながら見てました。まあどうでもいいことなんだけど。
売店ではグッズに力入りまくり。いくつ作ってんだよというくらい特製グッズが並んでました。ロートレックの絵だけじゃなくて、誰だったかデザイナーだかブランドだかとコラボしたグッズとか、何でもありだなあと思った。この展覧会はこの後名古屋と東京へ行くらしいからその関係もあるんだろうな。
会場出口の売店だけでなく、ミュージアム入り口そばのミュージアムショップも面白そうなものがたくさん並んでた。書籍類が面白そうだったな。でも何も買わず。
ロートレックの絵を見つつ、ふとミュシャのことを考えてた。ミュシャは大衆のための芸術を作りたいとかそんなことを言ってたとどこかの宣伝文句で使われたりしてて、実際ポスターとかリトグラフによる安価な装飾パネルで庶民の家を飾ることに歓びを見出してたそうだけど、ロートレックの方が目線がぐっと庶民寄りだよなあと。ミュシャは理想化された女性像を描くことが多いけど、ロートレックは理想化なんて知ったこっちゃない、ある種、戯画的な絵なのかなあと思った。対象に対する愛情とか親近感が感じられるから嫌な感じはしないんだけど。ポスターの対象もミュシャといえばサラ・ベルナールだけどサラは庶民よりは上流階級に愛された女優だし、ロートレックといえばイヴェット・ギルベールやアリスティド・ブリュアンで、彼らは庶民のスターだったというから、そういうところも差があるよなあと思う。
でも出身はミュシャの方が庶民で、ロートレックは貴族なんだよね。別にミュシャは貴族趣味だったわけじゃないんだけど、庶民的かといわれるとなんだかよくわからないなーとか思ったり。うーん、考えがまとまらないまま、この話は終わり。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  00:53 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。