2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit |  --:-- |  スポンサー広告   このページの上へ

2007'11.03 (Sat)

富山へ行ってきた

野暮用で富山へ行ったついでにちょこっと遊んできました。
大阪~富山間はサンダーバードで移動なので途中下車して金沢でもいいかなーと思ったんだけど、なかなか富山まで遊びに行くこともないだろうし、せっかくだから富山を楽しんでこようとういことで富山のミュージアムめぐりをすることに。といっても行けたのは2箇所なんだけどね。
富山県立近代美術館の企画展示は富山の現代作家の作品展。全然知らない名前ばっかり。謎のオブジェから抽象画、日本画っぽいもの、不思議な絵とかいろいろあって面白かった。ガラスきれい。ありんこうじゃうじゃはきもかったなー。展示室の外、入り口はいってすぐのところにあった鏡のオブジェが面白かったな。作品の横に作家の言葉が貼り付けてあったりしたけど、あれは微妙だ。何らかの形で作家の意図とかの説明はあっていいと思うんだけど、なんか気恥ずかしくなっちゃうような感じがあって難しいわ。
そもそもここへ行こうと決めたのは美術館のパンフレットに載っていたピカソの絵。常設展示で「20世紀美術の流れ」というテーマ展示をしてるらしいのが面白そうだなと思って。その展示室がなかなか充実してました。ロートレックから始まって、ピカソ、レジェ、ミロ、カンディンスキーなどのエコールドパリ系の人たちから、シュルレアリスム、ポップアートや抽象絵画など。相変わらず現代アートはわかるようなわからないような状態だけど、指紋ぺたぺたな肖像画がおもしろかったわ。こういう面白がれる作品は好き。フランク・ステラとかフランシス・ベーコンとかはよくわかんないんだよね。ポロックはちょっと面白いかもと思えるようになった。
常設展示はそれだけじゃなくて、小さな部屋があと4つ。現代ポスターと、シャガールと、瀧口修造コレクション、郷土作家の展示。
ポスターは日本の50年代から現代までのタイポグラフィを扱ったポスター特集。これが面白かったー。もともとポスター好きだし、タイポグラフィは凄いマニアがいるらしいからそれに比べたら全然だけど活字を見るのは好き。50年前でも全然古臭くない楽しいかっこいいポスターがたくさんあるんだね。眺めながら一人でニヤニヤしてました。怪しい。
シャガールは「聖書の世界」特集。旧約聖書だっけ?ノアの箱舟とか十戒とかって。その挿絵をシャガールが手がけたものを何十枚か解説付きでずらっと並べてあったんだけど、聖書の世界ってわけわかんねー。理不尽すぎるってば。「十戒」は昔映画で見たけど神様って一体何様やねん。いや、神様なんだけどさ。それ以前のストーリーも意味わからんし。うちは一応クリスチャンな家系なんですが大した教育受けてないし、あの世界観はよくわかりません。シャガールの絵もちゃんと見てたけど、それより聖書のストーリーに突っ込み入れまくってました。
瀧口修造は詩人で美術評論家。私はこの人の評論は読んだことないけど名前は聞いたことあるかな。がらくた集めが好きだったみたいでそういう物品が並んでて楽しかった。ちょっと澁澤龍彦展を思い出した。
郷土作家の展示は夏から秋の季節感あふれる作品を集めてたみたい。あんまり知らない人ばっかりだったけど一人だけ知ってた。千住博って富山なんだろうか。
07-11-03_12-41.jpg

お昼ごはんを食べるために入った美術館内のカフェにて。日差しがグラスに反射して綺麗。
水墨画美術館では東京富士美術館所蔵「珠玉の日本美術名宝展」が開催中。これが明日までということで大混雑。都会の美術館に比べれば大したことないんだろうけど、会場全体がずっとざわざわしてる感じ。
展示してあったのは浮世絵、屏風、書、工芸品、甲冑など。狩野派とか琳派とか豪華な屏風や襖絵はすごい。月が草の中に隠れてるのがかわいかった。書では1150年くらいのがあって、850年前の書だよ!すごいなーと思いつつ眺めてた。意外と読めそうなところも凄い。北斎や広重の浮世絵も楽しかった。鯱が頭に乗っかってる兜は何かのギャグかと。刀の柄っていうんだっけ?丸いやつに猫がいた。
常設展示室は小部屋がふたつ。よく知らない作家(たぶん郷土作家なんでしょう)の作品室と、水墨画がいろいろな部屋。入江波光の鯉がかわいかった。前田青邨の風神雷神もかわいかったな。
ここは建物に趣があるし広い庭もあってなかなかいいところでした。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Edit |  23:47 |  アート  |  TB(0)  |  CM(0)   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。